えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

「 パンツ 」 一覧

no image

部活後の彼女の匂い、パンツの熱気、そして愛液

かつて俺はとある地方都市の高校に通っていた。 その街は駅周辺はそれなりに都会で、買い物や遊ぶ所には困らなかった。 とはいえ都心部のように電車網が整っているわけではないので基本的には車社会。 それに高校 …

no image

更衣室に入り生徒のパンティで安らぐ情けない教師

現在中学の教員として働く、下着フェチの私。 教師でありながら、全く情けないと思い続け何年も経ちますが、どうしても生徒のパンティが恋しくて、今でも学校の更衣室でやすらぎを求めてしまいます。   …

no image

パンツを盗みパンコキした伝説の小学生A田君

『伝説のA田くん』 僕が通っていた小学校にはA田くんという伝説の存在がいた。 そいつは一言で言えばガキ大将だ。 小学生でありながら中学生をボコボコにしたことがあるとか、バイクに乗った警官を転ばせたこと …

no image

着替え盗撮とパンツのセット売り事件と紐パン事件

【私が下着を好きになった理由】 下着泥棒は、意外とスタンダートな下着を盗む。 際どい下着や派手な柄は選ばないという不思議。 私は、中学までグンゼの大きな白いパンツしか穿かせてもらえなかったので、高校に …

no image

クラスで一番可愛い子のパンツが見てみたい

『勘違いから生まれた欲望』 俺は高校生の頃、色恋沙汰が全く無く女子に飢えていた。 普段から男子とばかり遊んでいた俺は、男友達と共にクラスの可愛い女子や、部活動での可愛い女子の後輩についてよく話していた …

no image

匂いフェチの彼。パンツの匂い合格と言われ唖然

・彼の性癖 ある男性とマッチングアプリで知り合いました。 てっきり、会ったその日にホテルに行くと思ったら、そうではなくて何故か下着屋さんに行ったんです。 正直、女性ばかりの店に彼と入るのは恥ずかしかっ …

no image

幼馴染の女子高生のパンツから透けたマン毛

『幼少期』 俺は田舎でもなく都会でもないような場所に産まれた。 家はマンションで、物心ついた時からそこで生活していた。 幼稚園になると、急に同級生という存在を知った。 それまでは1人もいなかった友達と …

no image

妹の娘のパンツでパンコキオナニーを続けています。

俺の妹が数年前に離婚。 その際娘も連れて来て、今も一緒に実家で生活しています。 そこでこの娘と言うのが、当時は10歳。 間違いなく将来は美人であろう顔つきに俺は興奮を抑えきれず、暇さえあればこの娘のパ …

no image

セクシーなパンツを着用するよう調教されていました

「ご主人様から命じられてセクシーなパンツを着用していました。」 私は18歳から24歳までの約6年間インターネットを通じて知り合ったSの女王様や男性に調教を受けていました。 定期的にラブホテルや交流のあ …

no image

パンツを履いたまま男友達とHをした体験談

私がパンツにまつわるHな体験を紹介したいと思います。   ●男友達だと思っていたのに 私は当時仲が良かった男友達がいました。 よく二人でご飯をたべたり相談したりしていました。 友達にも「本当 …

no image

女子大生の部屋着から透けるパンツの線。気づけば射精

『シェアハウスに住む女子大生』 大学時代のゼミの同期がシェアハウスに住み始めたと聞いて、そのシェアハウスに見学に行った日のこと。 当方、シェアハウスについてはテラスハウスのようなえっちなことばかり想像 …

no image

姉のパンツは夏みかんの匂いがした

僕には2歳年上の姉がいて、モーニング娘にいた安倍なつみ似の可愛い感じの女子でした。 今ではもう子沢山で1番上の子も既に結婚して社会人になっている良き母親となってます。 姉とは小学校まで同じ子供部屋にあ …

no image

私はおしりフェチ?それともパンツマニア?

最高のお尻 私は今年30歳になった会社員男性だ。 30になるまで色んな女の子付き合って、色んなセックスを楽しんできた。 そこでわかったことは自分がおしりフェチだということだ。 もちろん顔が可愛いことに …

no image

SNSでパンツを売ってしまった女子大生の私

告白します。 私は、使用済みの下着を、見ず知らずの他人に売ったことがあります。   『そういうことに興味があって……』 高校を卒業して、大学生になったばかりの頃のことです。 引っ込み思案な私 …

no image

雲のようなパンツとえちえちな彼女の手

『午後の優しい時間の中で』 あるまったりした午後の昼下がりのことです。 中学生時代の俺と幼馴染のKは川の土手で一緒にゆっくりとした時間を過ごしていました。 Kは話したいことをあれこれ気ままに話し、俺は …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。