えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

友達の女の子のパンツを持ち帰ってしまった

投稿日:2023年9月26日 更新日:

『お泊まり会』

小学4年生の頃、俺は仲が良かったクラスメイト達とお泊まり会をした。

それは1ヶ月後に行われる野外活動の練習という感じだった。

男子を含めて2人、女子も2人の計4人でのお泊まり会だった。

その中の美波という女の子が、家に俺達を泊めてくれることになった。

美波の家が俺にとって初めての女子の部屋だった。

小学生でまだ子供だったとはいえ、女子の部屋に入るのはやっぱり嬉しいものだった。

美波の家ではお菓子を食べたり、恋バナをしたり、怖い動画を観たり、とても楽しんでいた。

1泊2日のお泊まり会が終わり、俺達は解散して家に帰った。

『リュックの中にパンツ』

お泊まり会が終了し、自分の家に戻ってきた俺は、リュックの中から服や歯ブラシなどを片付けていた。

すると、自分のリュックの中から見慣れないパンツが出てきた。

それは可愛らしいキティちゃんのイラストが入ったパンツだった。

どう見ても男子が履くパンツではない。

ここで俺はお泊まり会の時、女子2人のうちどちらかのパンツを間違えて持って帰ってしまったのだと気が付いた。

それにしてもいつだ?どのタイミングでリュックにパンツが入ってしまった?と考えていた。

もちろんお風呂に一緒に入った訳ではない。

それに、女子のパンツで遊んだ記憶も絶対にない。

俺たちは健全に楽しく小学生らしく遊んでいた。

考えられるとしたら、美波の家に泊まっていた為、偶然部屋に落ちていた美波のパンツが何かの拍子にリュックに入ってしまったとしか考えられない。

落ちていたパンツが何か俺の荷物に引っかかってそのままリュックに入ったのか?

そんなことを考えていると、美波の家から電話がかかってきた。

電話に出ると「あの…私のパンツが無くなっちゃって…もしかしたら間違えて持って帰ってたりしない?」と聞かれた。

もう1人の女子にも聞いてみたがパンツを持っていなかったということで、俺に電話が回って来たらしい。

「やっぱりか」と俺は呟いた。

続けて「ごめん、ちょうど今キティちゃんのパンツがリュックから出て来て、誰のかな?と思ってたんだ」と言うと、美波は恥ずかしそうに「あっ、やだ、そのパンツ…今度会った時返してくれない?」と頼んできた。

俺は「こっそりどこかで返すよ」と言って電話を終えた。

パンツが美波の物だと確定すると、俺は小学生ながら途端に興奮して来た。

もう一度キティちゃんのパンツを手に取り、俺は自分の部屋でこっそりパンツを匂った。

別に匂いはしないのだが、これが美波の匂いかとクンカクンカしていると、パンツに縮れ毛が付いているのを見つけてしまった。

おや?と思い縮れ毛に手を伸ばす。

俺にはまだチン毛は生えていない。

てか俺が履いたものではない。

美波が電話して来たから美波のパンツだと確定している。

順番に点と点が繋がっていき、俺はこれはもしかして美波のマン毛か?と結論付けた。

小4だけどもうマン毛が生えているのか、女子は成長早いって言うしなぁと俺は美波のマン毛を持ちながらより興奮していた。

毛のことは黙りつつ、美波に翌日パンツをこっそり返した。

 

『その後』

その後、野外活動も無事に終わり、学校生活も変わらず楽しく過ごして行った。

時間が経つのはあっという間で、気が付けば俺達は高校生になっていた。

美波とは中高も同じで、小学生の時と変わらず美波とは仲良くしていた。

俺は美波のことが小学生の頃から好きだった。

お泊まり会の時、美波の部屋で話した恋バナは、その時名前を伏せていたが実は美波のことだった。

年々美波に対しての想いが強くなり、高校2年生の時に俺は美波に告白した。

美波とはどうやら長い間両想いだったらしく、すんなりとオッケーしてくれた。

そして小学生ぶりに美波の家の部屋に行った。

高校生でカップルになり、2人きりで部屋にいるとエッチな空気にもなる。

お互いがお互いの初めてを奪い合う。

ハグにキスに、そしてセックス。

2人で裸になる時、美波のパンツを見ると大人っぽいセクシーなピンクの下着を履いていた。

もうキティちゃんのパンツを履く美波はそこに居ない。

ピンクのパンツを俺がゆっくり脱がしてあげると、中からはすっかり生え揃ったマン毛が俺の目に飛び込んで来た。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

クラスの陽キャギャルのパンツを不可抗力で覗いた件

高校2年生の秋のことです。 その日は午後からクラス会がありました。 議題は文化祭のクラス別の舞台での出し物と二日目の出店で何を売るかでした。 私は文化部に属していて、しかも部長だったこともあり、部の出 …

清楚中学生のパンツの匂いを嗅いだ時、性癖が開花した

・パンツとは嗅ぐことと見つけたり 私は汗で蒸れた女性のパンツの匂いを嗅ぐのが好きだ。 年齢問わず、ギャルが履いたパンツも熟女が履いたパンツでも等しく好きだ。 どんな刺激的なエロ要素よりも汗で蒸れたパン …

某AV女優に激似の彼女にTバックを履いてもらった

・女優さんに激似 付き合っている彼女に、秘密にしていたことがあります。 それは、彼女が某有名女優に激似だという事、そして自分は、その女優の大ファンだという事です。 その女優さんの作品にはもう何度お世話 …

洗濯してあったシミ付きパンツをつい頭に・・

『散歩しているとシミ付きパンツを見かけて』 俺は滋賀県に住む、未だに実家暮らしの30代後半の独身の男だ。 普段はしがない工場勤務で、毎日汗まみれになって働いている。 なのに年齢を重ねるに連れてだんだん …

初めて彼氏にOバックパンツを履かされた時

・Oバックパンツ? 交際している彼氏が、クリスマスプレゼントに下着をくれました。 どんな下着だろうとワクワクしながら開けると、見た事もないパンツが入っていました。 「これって、何かの冗談?」 「冗談な …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。