えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

私と彼のパンツ談義、彼の信念を貫いたブリーフ

投稿日:2023年9月13日 更新日:

彼と付き合い始めてすぐに、いろいろなことを聞かれました。

どんな風に付き合っていきたいのか、どんな風にエッチをしたいのかなどなど。

そんなの改めて聞かれると、とても恥ずかしいとしか言いようがなかったけれど、彼が聞くので、私も真面目に答えていました。

そんな中でのパンツエピソードです。

 

・彼が経験が少なかったから、気になったこと

彼は私と付き合うまではとても恋愛経験が少ない状態でした。

そのため、どのように女性と接したらいいのか、どのように付き合いを深めて行ったらいいのかということがよくわからなかったみたい。

だから、始めの段階でいろいろなことを私に聞いてきたのですね。

それを聞いて、私は思いました。

そんなこと気にすることないのにって。

でも経験が少ないからこそ、とても気になることの一つだったんだと思います。

彼の聴取(笑)がある程度進んだ時に彼が私に聞きました。

「男性にはどんなものを履いてほしい?」って。

「えっそこ?」と思いましたね。

びっくりしましたが、彼が気になるならと思って答えました。

「トランクスかなあ」って。

すると彼はびっくり。

「俺ブリーフしかはいたことがないんだけど、大丈夫かな」って。

それには私も驚きました。

 

・私と付き合ってからの彼の下着の変貌

私と付き合い始めの時はブリーフでしたが、彼はそれを改めようと思ったようです。

私好みに。

しかし、一度はトライしてみてくれたけれど、どうもスースー感が嫌で諦めたみたい。

私も彼の履いている姿を見てみましたが、吹き出してしまいました。

だって、彼のものって、ブリーフだと余計強調されて大きく見えるんだもん。

それを見て、私も思わず「ブリーフでいいよ」って言ってしまいました。

だって、彼のいいところの一つですよね。

あそこが大きいというのも、ブリーフにこだわるというのも。

だから、私は彼のそのままを好きになろうと思いました。

まあ、もうすでに好きではあったけれど。

そして彼に伝えました。

「下着なんてどうでもいい」と。

それからは、彼は下着について全くこだわらなくなりました。

 

・彼とのエッチの時のブリーフ

私は彼と付き合うようになって驚きました。

彼がはくブリーフって。

色が鮮やかだし、毎回違うし、なんだかバラエティに富んでいたのです。

もしかしたら彼が頑張っていたのかもしれませんね。

私に見せようと思って。

それでも、私はそれまであまりブリーフを履く男性を見たことがなかったので、彼の姿に関心しました。

その中で私が一番好きだったのは、ピンクでしょうか。

彼は色が白くひょろひょろと痩せていました。

だから、しろとか、ピンクとか淡い色が似合っていました。

彼としては、黒とかが気に入ってほしかったみたい。

でも彼のやせ感のある体型には、黒は似合いませんでした。

彼に伝えると、彼は自分に合う色を研究し始めました。

そして結局、ピンクや水色といった色に落ち着いたのでした。

 

・私と彼のパンツ研究は続く

その後もどんなパンツがいいのか彼と話し合いをすることがありました。

これがある意味楽しかったんですよね。

彼がどう考えているのかがわかって。

彼はずっとブリーフをはくことを貫きましたが、私もブリーフについて詳しくなったし、なんといってもちょっとブリーフを見ると「萌え」って感じになることが未だにあります。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

パンツラインをストーカーした男の末路

オレは街ゆく女性のパンチラが大好きである。 たまにソレ目的にのみ外出するなんてこともよくある話だ。 なんとも言えないロマンを感じてしまうのだ。 それに女性の方もそういう視線を楽しもうって腹積もりの人も …

彼氏のパンツへの執着がすごい。性癖に辟易

【ブルセラショップの興奮】 昔、ブルセラショップというのがあった頃、女子高校生や女子中学生がこぞって履いたパンツを売りにいってはお小遣い稼ぎをしていた。 写真付きや生脱ぎのオプションがつくと相当良いお …

女性の履く至高のパンツはTバックである!

「パンツとは?」 パンツは男女共に必要なものだと思います。 パンツを履かないで、ズボンを履いたら、落ち着かないし、女性はスカートの人が多いと思います。 当然、パンツを履かないと大変なことになります。 …

クラスの陽キャギャルのパンツを不可抗力で覗いた件

高校2年生の秋のことです。 その日は午後からクラス会がありました。 議題は文化祭のクラス別の舞台での出し物と二日目の出店で何を売るかでした。 私は文化部に属していて、しかも部長だったこともあり、部の出 …

禁欲生活の後の彼女のパンツの匂いがたまらない

・傷つく一言 学生時代に付き合っていた彼女に、漫画やドラマのようなセリフを言われたことがあります。 それは、「私の体が目的だったの?」です。 いや、そりゃまあ、それもあるし、他にもあるし・・。 20代 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。