えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

後輩のパンツの匂いをかいだ人生でいちばんの恥

投稿日:2023年9月13日 更新日:

『偶然の出来事』

ある日仕事場の後輩の女の子から相談を受けました。

家の鍵を無くしたので泊めて欲しいと。

僕は彼女と同棲していましたが彼女も後輩とは知り合いでなんの疑いもなく泊めてあげることにしました。

実は僕はその後輩に微かな好意を抱いていて助けてあげられたことがとても嬉しく思っていました。

後輩が自分の家で衣食住をするなんてまさか夢にも思わなかったのです。

偶然にもそのチャンスが舞い降りたのです。

 

『後輩への想い』

僕は彼女はいましたがその後輩のことは大変可愛がっていましたし、会社でもすごく仲良くしていましたし実は一度軽く気持ちを伝えたこともありました。

うまくいかなかったですけどそういう理由で後輩をかなり女性として見ていました。

その時の人生の最大の願望はその後輩とエッチができたらなーと悶々としている日々を送っていました。

『その日の夜の出来事』

また話はお泊まりの日に戻ります。

僕たちはぎこちなく食事を済ませ順番にお風呂に入ることにしました。

僕の想像力は掻き立てられ、その後輩がまさか自分の家の風呂でシャワーを浴びるなんて想像もつきませんでしたがその間すごく興奮しました。

そしてみんな風呂に入り談笑をし寝ることになったので僕と彼女はベッドで、後輩はソファーで寝ることにしました。

 

『寝相』

僕は元々夜中に一度目を覚ます癖があるので、その日も夜中に目を覚ましトイレに行こうとしたところ後輩がソファーに寝ているのを忘れていたのですが、なんとその子は布団から足を投げ出しパンツだけで寝ていたのです。

その姿を見た瞬間興奮は収まりつかず、トイレでひとりでしました。

その夜はそれでなんとか満たしましたが、悶々としている気持ちは変わりません。

しかし朝を迎え仕事に行くことになりました。

次の日は鍵が見つかりそのまま職場から後輩は自分の家に帰って行きました。

 

『人生最大の恥と最大の興奮』

僕は家に帰ると彼女から、後輩が忘れていった荷物を次の日もっていってあげて欲しいと言われたので了解し、その日は二人でいつものように寝ました。

次の日僕は仕事で朝が早く朝方4時頃に起きて準備を始めました。

もちろん彼女は夢のなか。

ふと床に目をやると後輩の忘れ物がありましたので罪悪感を感じながらしかし興奮を感じながら袋の中を見ました。

すると下着、いわゆるシャツとパンツ、ブラなど昨日脱ぎ捨てたものがそのまま入っていました。

僕の興奮はマックスで最大の罪悪感と最大の興奮の中、パンツを手に取り鼻に近づけようとしましたが人として少し悩みました。

がやはり欲望には勝てず、そのパンツを嗅ぎました。

そしてその匂いを嗅いだまま僕は自分の股間に手をやり今までで最大の興奮を感じながらひとりでオナニーをしました。

羞恥心と性欲と後輩への叶わない思いと征服感と様々な感情の中すぐに行き果てました。

今でも思い出しますが、これほどまでに自分の人生で恥ずべき行為をしたことはないし、それは自分の墓場まで持っていかなければならない。

だけどこれほどまでに興奮をしたことは今までなく最高の一人エッチだったと今でも思います。

彼女にバレたら別れるでしょうね。

でも人間欲望には勝てない。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

小学生のパンツに欲情しHなことをヤリマシタ…

小学生を中心に塾教師をしておりますが、私に興味を示す小学生女子のパンツに欲情してしまい、遂にその子とHなことをしてしまいました。   〇バレンタインデーの時にチョコを貰いました。 自宅を改造 …

パンツを盗みパンコキした伝説の小学生A田君

『伝説のA田くん』 僕が通っていた小学校にはA田くんという伝説の存在がいた。 そいつは一言で言えばガキ大将だ。 小学生でありながら中学生をボコボコにしたことがあるとか、バイクに乗った警官を転ばせたこと …

女子高生のおぱんつが眼前に迫ってくる!

『夏の海水浴場での思い出』 「ねえ、この水着どう? 高かったのよこれ」 「うん、とってもよく似合ってるよ」 「ふふ。あと100回は褒めてね」 真夏のまぶしい太陽。 キラキラと光る海。 風に乗って運ばれ …

義理の娘のパンツに電流が走りました。

再婚した女は連れ子あり。 その娘は本当に可愛く、ロリ好みの俺からすると天使に見えた。 そして…我慢出来なくなった俺は、娘のパンツで心を癒します。   〇再婚女の娘は俺好み 俺が30歳の時再婚 …

ランドリーで初エッチ、拾った下着は痴女のでした

・学生時代の一人暮らしをしていた、暑い夏の日、僕は童貞を卒業しました。 突然のゲリラ豪雨で洗濯物は、無事全滅。 路地裏の少し古ぼけた小さなコインランドリーへ。 いざ乾かそうと乾燥機を開けるとそこには、 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。