えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

学生・学校・教室

【高校生】夜の学校で後輩と勢いで中出し密室セックス

投稿日:2022年2月9日 更新日:

私が高校3年生夏の時に体験した話です。

部活帰り、帰り支度をしてると後輩である後藤(新キャプテンに選ばれたばかり)に声をかけられました。

「あゆむさん、この後空いてます?」「空いてるけどどうしたの?」「それが…」最近夜になると部室から淫らな声が聞こえるとほかの生徒から相談をうけたんだけど確認しようとおもって1人だと心細いから誰か連れて行こうとおもったけど、みんな忙しくて最終的に暇そうな私に声をかけたというのだ。

すごい複雑な気分。

とりあえず、その時間まで待つことにした。

その時はきた。

確かに部室のほうから声が聞こえた。

恐る恐る近づいてみると友達と彼氏がセックスしている最中だった。(うわぁぁ、本当にしてる)

初めて見る光景でドキドキが止まらなかった。

後藤に「もう帰ろう。見てられないよ」といったがその光景に釘付け状態。

1人でソワソワしてたら、足が壁にぶつかり音がなってしまった。

奥の2人の動きが止まり「何かな?」とこっちに来てたので私は慌てて、後藤の手を引っ張り近くにあった掃除用ロッカーに身を隠しました。

「気のせいだったみたい。」奥に戻ると再び続きを始めました。

中にいる私達は向かいあいになって体が密着状態。(近い…)

男の子とこんなに近くにいることがなかったためドキドキが最高潮に。

「苦しいよね、ごめんね」

「そんなことないすっよ。すこし熱いですかね。」

汗ばみ着ていたブラウスがすこし透けているのに気付き、ブラが見えないように隠していました。

ロッカーの外ではまだ声が聞こえます。

太ももあたりに何か硬いものが当たる感じがしました。

姿勢を下に向けると後藤のズボンがもりあがっているのが見えました。(はわわ、もしかして興奮しているのか)

思わず「後藤も…その…そういうの好きなの…?」

後藤はすこし照れた感じに頷いた。

硬くなったモノをさするとビクッと動いた。

「あゆむさん、俺我慢の限界っす」というとキスをされた。

優しいくちずけ。

さっき飲んだキャラメルマキアートの香りがした。

「んっ」思わず息が漏れる。

上唇を軽く甘噛みすると強引にも舌を私の口内に入れ、絡みあった。

初めての感覚で脳が痺れた。

「舌だして」と言われ恐る恐る舌を出しだ途端、勢いよく吸われた。

「んぁっ!」

「俺にもっと可愛い声聞かせてくださいっすよ」

というと汗で濡れたブラウスのボタンをはずしおっぱい に顔を埋めた。

谷間をぺろぺろと舐めブラをずらし乳首を舐めた。

舐められるたび体が激しく反応した。

息は上がり、声を押さえるのがやっとだった。

スカートの中に手をいれパンツを下ろし愛液でびしょびしょになったマンコに指をいれた。

「ひやぁ…らめぇ…!」指で中を掻き回されクチャクチャと淫猥な音が広がった。

「こんなに濡れて…あゆむさんはいやらしいなぁ…」

すこしイジワルな言い方をするけど気持ちいいのには変わりはない。

「人がセックスしているのを見ながらじゃあ、そりゃそうなりますよね」

イケナイことだと思っていても体がそれを求める。

制限があるからより一層感じてしまうのかもしれない。

「おねがい…がまんできない…」

恥ずかしさで頭がどうにかなっちゃいそうだ。「どうにしてほしいのですか?ちゃんと言ってください。」

「…挿れてください」

「かわいいっすね」

くしゃりと頭を撫でた。

「挿れますよ」ズボンを脱ぎあらわになったちんこは硬く大きくなっていた。

ゆっくりと濡れて滴っているマンコの中に挿れた。

「すごい締まってる。…気持ちいい」

ちんこを突き上げる。

「あぁんっ!」

声に反応して後藤も突くスピードをあげる。

パンパンパン、同時に唇も交わす。

舌先が交わり、2人の唾液が合わさりアゴにつたった。

腰の動きもますます加速する。

「んぐぅっ…後藤のおちんちん…お…奥に当たっている…あ…くふん…あ…深いぃ……っ激し…きもちいいよぉ」

「俺も…!もう出ちゃいそう」

「後藤のえっちな液いっぱい…出してっ!」

「ぁ…出る…」

膣内に沢山の精子が放出された。

「…いっぱいでたね。綺麗にしなくちゃ」

優しくぺろぺろと舐めた。

ビクッビクッと身体を逸らしてた。

私達は抱き合い口づけを交わした。

友達のところもやり終わったみたいで、そそくさと帰っていった。

大人になった今でも時々思い出す。

またいつか燃えるようなセックスできたらいいなぁ。

-学生・学校・教室
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

子供の進学を気にする母親はドスケベ女でした

高校教師をしていると、将来の子供を思う母親が色仕掛けしてくるときがあります。 そういう時は母親の肉体を楽しみながら、子供の将来を一緒に考えてあげる様にしています。   〇色仕掛けしてくる母親 …

大好きなイケメンの先輩と学校のプールに忍び込んで

【憧れの先輩】 当時、中学生だった私は、卒業生の先輩に一目ぼれをした。 一足早く高校に進学してしまった先輩に早く追いつきたくても、それは無理な話で。 先輩は女子に人気があった。 ジャニーズ顔で、背が高 …

更衣室に入り生徒のパンティで安らぐ情けない教師

現在中学の教員として働く、下着フェチの私。 教師でありながら、全く情けないと思い続け何年も経ちますが、どうしても生徒のパンティが恋しくて、今でも学校の更衣室でやすらぎを求めてしまいます。   …

激カワ教育実習女子大生に恋をした高校の苦い思い出

・アイドル顔の美人教育実習生がクサい男子校にやって来た これはオレが高校生の時の話。 今でも思い出すと胸がキュンとなるんだけど、同時に苦い思いも込み上げて来る。 そしてチンポもムクムクと大きくなって、 …

部活後の彼女の匂い、パンツの熱気、そして愛液

かつて俺はとある地方都市の高校に通っていた。 その街は駅周辺はそれなりに都会で、買い物や遊ぶ所には困らなかった。 とはいえ都心部のように電車網が整っているわけではないので基本的には車社会。 それに高校 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。