えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

学生・学校・教室

【高校生】フェラ、顔射、中出し!これが勝ち組!

投稿日:2022年3月20日 更新日:

『僕たちは勝ち組になりたい』

教室に柔らかなオレンジの夕日が差し込んでくる。

教室には俺以外には誰もおらず、静かだ。

当時高校2年生だった俺は、人気のない教室で彼女を待っていた。

なぜなら勝ち組になりたいと思っていたからだ。

ここで言う勝ち組とは「異性の恋人を得てセックスをした者」のこと。

もちろん学校は「高校生がセックスなどといういかがわしく反道徳的なことをするのはけしからん!」という態度だったが、だからこそ男子たちはこぞって勝ち組になりたがった。

彼女との奇抜なプレイや経験人数を自慢するような奴も当たり前にいた。

そんな状況の中、経験人数0の負け組はスクールカースト(学生同士の人間関係)の下位に置かれ、パシられたり理不尽にシゴかれたりいじめられたりというのはわりと普通のことだった。

だから、俺にとってセックスは特別な意味を持っていた。

 

『勝ち組になるための3点セット』

彼女がやってきた。

そして、誰もおらず、誰もやってこないことが分かっている状況の中、俺たちはさっそく前戯を始めた。

左手で自分のペニスをしごき、右手で激しくガシガシと手マン。

今思えば、彼女は痛がっていたと思う。

しかし性によるマウンティングがはびこっていたのに、正しい性の知識は広まっていなかった。

だから私は気にすることもなくフェラチオの体勢に入った。

そこに「ゆっくりと愛情を持って、2人で一緒に気持ちよくなれるやり方を見つける」という考え方はなかった。

代わりに「勝ち組になるための3点セット」という考え方があった。

それはフェラチオ、顔射、中出し、この3つをこなすのはちゃんとした勝ち組、真の漢になるための必須事項だというものだ。

ゆえに彼女の性癖も何も知らないままフェラチオをさせて、その後彼女の顔に思い切り射精した。

もしかするとこれは「女に対する征服感」という本能のままの感情を追い求めた結果かもしれない。

しかし男子高校生にとってそれは快感だった。

最高に素晴らしく高揚した気分だった。

一人で、自分の右手でするのとは雲泥の差があったと言わざるを得ない。

だから2回の射精を経ても止まらなかった。

むしろ男としての興奮は加速していった。

そしてついに、彼女のヴァギナに精液や唾液でぬるぬるになったペニスを挿入した。

普段はパンツとスカートの中に隠された秘密の花園。

高校生にとってはまさに禁じられた領域。

そんな温かく心地よいぬめぬめとした彼女のお腹の中に、今まさに男として入ったのだ。

それは生物学的に勝利したオスとしての、偉大なる一歩というよりほかないものだった。

俺は正常位で彼女を激しく突き、激しく腰を振り、そして3回目とは思えないくらいの量の射精をした。

射精後、彼女のヴァギナから精液がしたたり落ちるくらいだった。

激しい快楽のためか彼女は見たこともない表情をしていたし、おそらく自分もそんな表情をしていたと思う。

 

『待ちに待った勝ち組生活』

セックスを経験して、学生生活が変わったか?

結論から言えば、かなり変わった。

スクールカーストの下位層から中間層に上がることによって生活の快適度がかなり上がったし、理不尽に殴られたり仕事や罪を押し付けられたりすることも減りようやく一般的な学生生活を送れるようになった。

とはいえ、セックスの有無で勝ち組、負け組を決めるというのは馬鹿げた風潮だと思う。

しかし当時はまっとうな生活をするためにそうするしかなかったし、環境や風潮に適応せずに声を上げてもそれは泣き事としか見なされない。

この風潮で傷ついた女子はきっとたくさんいるだろう。

だから悪しき伝統は崩し、できるだけ下に伝えないようにするということもまた人として大事なことだと思う。

-学生・学校・教室
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

女子生徒の母親と今はセフレの関係です。

教員の仕事をしていると、色目を使い迫ってくる母親がたまにいます。 まあ子供の将来を考えると親も気が気でないと思うし、少しでも内申書に褒められた文章を書いて欲しいのでしょう。   〇女子生徒の …

他人のキスを見て興奮した彼女が取った行動

・初めての相手 大学1年生の時に、同じサークルの女の子と付き合うことになりました。 気遣いのできる、すごく優しい女の子で、ルックスも優しさのにじみ出る癒し系。 なんていうか、いいお嫁さんになるだろうな …

初めて僕に快楽を与えてくれたのは君だった。

『学年のマドンナ』 僕が中学1年生だったころ、ゆきという彼女がいた。 彼女は学年で1,2を争うほどの可愛さで、さらには中学1年生のわりには胸が大きく膨らんでいて、体育の時間に走ることがあると、まさに“ …

中学生にエッチなことをする女教師

•厳しくて有名なW先生 中学の頃。 やたらと厳しい先生がいました。 W先生といって、担当は国語です。 メイクもほとんどしていないし、言葉使いも女性らしいとは言えませんでした。 髪型も後ろで束ねているだ …

ヌードデッサンは男性の性器しか覚えていない

・初めてのヌードデッサン 高校で、念願の美術部に入りました。 中学で漫画家を目指してからというもの、本格的に絵を習いたいと思っていたんです。 最初のうちは、果物や食器などのデッサンでした。 そんなある …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。