えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

近親相姦・家族・親戚

姉と2人暮らし。つい一線を超えて襲った体験談

投稿日:

僕は3人兄弟の一番下、姉は7つ上で東京で働いてて、兄は実家住まいです。

高校卒業して専門に行くことになった僕は姉と一緒に暮らすことになりました。

親が安心するというのもありましたが、家賃が安く済むのはラッキーだと思った僕は喜んで承諾しました。

姉はちょっとウザがってましたが広い部屋に住めるからいいかって感じで渋々OK。

そうして二人の暮らしが始まりました。

歳の差が離れてるからそれほど小さい頃に遊んだ記憶はなく、家族ではありながら最初はちょっとよそよそしい感じでしたね。

7つも違うと全然大人ですし、田舎に帰ってくる時より派手な服やメイクの姉は弟ながらちょっとドキドキするオンナって雰囲気もありました。

弟が言うのもなんだけど、そこそこきれいなんですよね。

化粧慣れしてるのもあるんでしょうが、当時姉は昼間OLしながら夜は時々飲み屋でバイトしたりしてたので、余計に色気がありました。

バイトのある日は帰りが遅い姉、僕は内緒で姉の部屋にこっそり忍び込んだりしてました。

まあただの好奇心からでしたが。

 

姉と弟の間柄ですからいけないと思いつつ、引き出しを開けて下着とか見てしまうとなんだか変な気分になりました。

僕は彼女もいなかったので欲求不満もありましたし、たまにそれをネタに一人エッチしたりするようになりました。

もちろんバレないように細心の注意は払いましたが。

お姉ちゃんこんなの着けてるんだ。。。

彼氏とどんなことしてんだろう。。。みたいな想像しながら。

バレちゃいけないっていうスリルは姉弟とはいえ手が震えるほどドキドキして、心臓がバクバクするのがわかりました。

だんだん僕は姉を姉としてだけでなく、心のどこかで一人のオンナとして見るようになっていきました。

たまに彼氏が遊びに来ることはありましたが、お泊まりの日はだいたい彼氏んち。

さすがに弟のいるところでイチャつくのはできませんしね。

余計に想像を掻き立てました。

 

ある晩、友達と遊んだ僕は酔っ払って帰宅。

なんとか辿り着いたものの玄関に倒れ込んで寝てしまいました。

その後バイトから帰宅した姉に見つかって、抱き抱えられながらリビングへ。

密着して初めて感じた彼女の体。

やわらかくてなんていやらしいというか、オンナだなあと感じました。

酔っ払ってることをいいことに軽く抱きついても嫌がらず

「ほらっ!起きろぉ〜。歩け!も〜重いよぉ。。。」

女の子とこんなに近い距離になるのは高校の元カノ以来、ちょっと平常心ではなくなってましたね。

そのまま押し倒すような感じでソファーになだれ込み彼女の胸に顔を埋めてじっとしてました。

このまま眠りたい。。。そんな心地よさ。

姉は酔っ払ってるからまさか変な下心でそうしてるとは思ってないみたいでした。

 

姉の胸に指を這わせました。

「こ〜ら、なに勘違いしてるの?お姉ちゃんだよ〜。」

まだ半分笑ってる姉、僕が酔っ払って誰かと勘違いしてると思ったのか、まだ怒りません。

調子に乗ってキスしようとした時、初めて姉がはねのけようとしました。

一瞬ヤバっと思いましたが、もう引くに引けないと思った僕は力づくで押さえ込みました。

「えっ!酔っ払ってんじゃないの?ダメだって。。」

いや確かに酔っ払ってはいました。

でも意識はあって衝動を抑えることができない状態だったんですね。

何も言うことができなくて、でもどうにもしようがない僕。

股間を押し付けようとする僕に怖さを感じたのか、姉は怯えたような表情になり少し涙目になってました。

 

沈黙の時間がどれほど続いたでしょう。

僕は我に返ってそれまでの行為を悔やみました。

でももうどうすることもできず、ただただうなだれて目を逸らして姉に抱きついたままでした。

しばらくして姉と僕は無言で部屋に戻りました。

ベッドに入ったもののあまりの出来事に眠れない僕はただ悪夢のような時間をどう言い訳できるか

そればかり考えていました。

すると姉が部屋に入ってきました。

「エッチはダメだよ、姉弟なんだから。」諭すように一言言うと

僕の股間に手を。

「絶対内緒だからね、手だけね」

そう言いながら僕のを指で扱いてくれました。

突然のことに戸惑いながら、でも気持ち良くなった僕はすぐ逝ってしまいました。

姉は必死に平静を装ってましたが、きっとこうでもしないと収まらないと思ったんでしょうか。

翌朝は僕が起きた時にはもういませんでした。

 

その日以来なんとなくギクシャクしながら過ごしていた僕たち、やっぱり一緒にいるのは危険だなと僕も姉も感じてたと思います。

どちらから言うでもなくそれぞれ自分の部屋を借り別々に住むことになりました。

数年後、姉は結婚してしまったので滅多に会うことはなくなりました。

年に一度実家で会うことはありますが、夫婦で一緒にいる姉と義理の兄を見てるとあの頃のことを思い出してしまいます。

もちろんあのことは今でも僕と姉だけの秘密ですが、もしあの時一線を超えてしまってたらどうなっちゃったんだろう?

もしかしたら姉も同じことを思い浮かべてるんだろうか。。。

-近親相姦・家族・親戚
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小学生5年生の幼いまんことからだを父の愛玩ペットにされた

父のことが怖いと思ったのは、私が小学5年生の頃です。 母が出張で家を空けることが多くなり、父と二人だけの生活が何日も続くと、父はいやらしい手で私の体に触り始めたのです。   ■父に全裸にされ …

no image

お兄ちゃんとのエッチな秘め事、やめられない自慰遊び

私には2歳上の兄がいます。 結婚してすでに家を出ていますが、たまに帰って来ると変に意識して胸が高鳴ります。 小学生の頃から始まった遊びが忘れられなくて・・・。   ■お兄ちゃんからのキス 私 …

no image

巨乳美少女な従姉妹と一緒にセックス三昧同棲生活

・きっかけ 従姉妹が大学に進学するという時にルームシェアしてくれないかと頼まれたのが一緒に住むことになったかっかけです。 地方なので、セキュリティのしっかりした物件があまりなく家賃が高いのでルームシェ …

no image

義理の姉との秘められた浮気。密会と快楽の時間 

●魅力的な家内の姉 私の家内には姉がいます。 現在私は30歳、家内は28歳。 そして家内の姉は34歳です。 家内の姉は結婚はしていますが子供は作らない主義でバリバリ働くタイプです。 あまり家庭に入るこ …

no image

初恋相手はお兄ちゃん。セックスもしたい

『初恋』 私の初恋の相手は兄です。 兄は、妹の私から言うのもなんですが、とてもハンサムでスタイルもとてもいいんです。 大好きという気持ちが変化したのは、高校生になってからのことでした。 友達に彼氏がで …

お問い合わせ

個人で運営しているブログです。

お問い合わせ等ありましたらメールアドレスまでお願いします。

tokky.adult@gmail.com