えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

【中学生】練習後のまんこをクンニ。匂いと味は…

投稿日:2022年1月21日 更新日:

・女子部のキャプテン

中学時代に、バレーボール部に所属していた僕ですが、1学年上の女子部キャプテンと付き合っていました。

男子部と女子部で合同練習することも多く、その中でお互い少しずつ意識するようになっていったんですよね。

まあ、僕はバレーの実力は、全然だめで、結局レギュラーになることはできませんでした。

一方彼女のほうは、さっきも言った通りキャプテンでしたし、高校もスポーツ推薦で行くぐらいの実力の持ち主でした。

背も高くて中学3年の段階ですでに175センチもあり、手足も長かったため、ファッションモデルとしても十分通用したんじゃないかなと思います。

 

・部室で二人っきり

とまあ、そんな彼女と、いろんな経験をしましたが、とりわけ強烈な思い出として残っているのが、部室での出来事です。

部活が終了したあと、顧問の教師に呼ばれていた彼女。

推薦のこととか、次の大会のこととかで、かなり話が長引いていました。

一緒に帰る約束をしていたため、その間、ずっと待っていたわけですが、やっと彼女が職員室から部室へ帰ってきました。

このころには、もうほかの部員はみんな帰っていましたし、ほかの部活の生徒も、まったくいませんでした。

こんな状況は、かなりレアなので、なんとなくソワソワする僕。

部室に彼女を迎えに行くと、彼女が部室に招いてくれました。

本当は男子は入っちゃダメなんですけどね。

さて、女子部の部室に入ると、やっぱりちょっと女子のにおいが充満しています。

男子部の部室のように汗臭い匂いではなく、なんというか、とてもさわやかで、可憐な匂いなのです。

そんな環境で、気持ちがぼーっとしてきた僕。

自然と彼女と抱き合っていました。

キスをして、お互いの体を抱きしめあって・・。

・アソコの匂いと味について

この時人生で初めて女性の胸を生で見て、そして揉みました。

さらには女性のアソコも味わうことになりました。

流れの中で彼女の練習着の中に手を入れると、びくっとする彼女。

でも抵抗することはなく、されるがままの状態。

僕自身そのあとどうしていいかわからなかったし、着衣の状態では、一体全体、どこを触っているのかもよくわかっていませんでした。

というわけで、パンツを脱がしてみると・・。

何とも言えない、香りが漂ってきます。

何せ練習後ですからね。

汗っぽい匂いと、ほかにもいろんな体臭が混ざった匂いが、漂ってきます。

部室内に漂っているさわやかな匂いとは違い、かなり生々しいというか、しょっぱいというか・・。

個人的には、チーズのような(何か発酵したような)匂いがしたのをよく覚えています。

よくよく見てみると、アソコは少し濡れていて、舐めてみると、やっぱりちょっとしょっぱかったです。

そうこうしていると、部室の外で、何やら先生の声が聞こえてきたので、大至急服を着て、息を殺す僕。

声が聞こえなくなってきたので、速やかに部室から退出し、しばらくして、彼女と一緒に帰宅したのでした。

あのとき、もし先生の声が聞こえていなかったら、きっとセックスにまで進んでいたでしょうね。

というか、女子中学生のアソコなんて、この先一生味わうことがないでしょうね。

-舐め犬・クンニ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生で最もつらいクンニ。巨大戦艦級のデリヘルの女王様

女性にフェラしてもらうのは大好きなのに、いざ立場が変わってクンニすることになると途端に苦手意識を持ってしまう男性は相当数いるようです。 まあ確かに、憧れ抱いた女性のアソコでも、実物を見ると結構インパク …

有閑マダムの舐め犬になって人生大逆転

えーなんだ。 暇なんだよね。 バイトしてるんだけど週3のゆとりシフトを絶賛実施中。 実家住まいだから、こんなんで良いんかな。 そんなどーしようもないオレっちも性欲だけは人一倍なんだよ。 彼女はいないか …

秘部への愛撫。クンニデビューに恍惚の女子高生

初彼氏 初デートデビュー あれは高校入学した年の夏のことでした。 私はコテコテの女子高に通っていました。 15歳,性に興味を持ち始めたティーンエイジャー、毎日エッチ本見ては興奮してオナニーをする毎日だ …

舐め犬だった元彼に初めて舐められて…

『初めて舐められてクンニが好きになってしまった私』 生まれて初めてクンニされたのは元彼と付き合ったときのことでした。 その彼が、一見普通に見えて少し変態だったんです。 最初は普通のエッチをしていたんで …

お屋敷に一人暮らしのご主人様の舐め犬のバイト

■大学4年生を迎え生活の苦しさが増大し始めた 俺は地元を離れて京都で学生生活を送っていた。 多くの友人は、サークル活動等を楽しみ、学園ライフを満喫しているのに対して、俺は授業以外の時間は生活に追われて …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。