えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

えっちな体験談

演劇サークルの男役に犯されちゃった僕の体験談

投稿日:2022年1月22日 更新日:

『演劇サークルではいつも女役の僕の運命』

学生時代、僕は演劇サークルに所属していました。

どちかというと小柄で、なで肩で、か細い体つきをしていた僕は、いつも女役ばかりさせられていました。

そのせいもあってか、僕はふだんから女性の声を出す練習をし、洋服もちょっと女っぽいものばかり身につけていました。

お恥ずかしい話、通学途中の電車では、幾度となく痴漢の憂き目にあったこともあるほどです。

同じサークルには、僕とは対照的に男役ばかりしている女の先輩がいて、いつも僕のことを可愛がってくれました。

その先輩は、高校時代まで柔道をやっており、見るからにたくましく、まさに僕とは正反対の体つきでした。

演劇サークルのみんなで飲みに行ったある日のこと、僕と先輩は「ちょっと酔いをさましてから帰ろうか」ということになり、ふたりだけで夜の公園へ行きました。

月あかりを頼りに、ひとけのない公園を歩いていたら、突然、先輩が「好きなんだ。私とつき合え」といい、僕に抱きついてきました。

僕は「えっ」と思いながら、そのまま芝生の上に押し倒されてしまいました。

先輩は、まるで演技でもしているかのような迷いのない手つきで、僕のズボンを脱がせると、僕のあそこをかわいがり始めました。

僕は「ああ」と女の子のような声をあげながら、先輩の肉ぶとんの上で、あっという間に射精をしてしまいました。

『僕が女で彼女が男でという不思議なえっち』

そんな出来事があってから、僕と先輩はひんぱんに肉体関係を持つようになりました。

セックスをするときは、ほとんど僕が女役で、たいていは先輩が男役としてリードしてくれました。

いつしか僕は先輩の「彼女」として認められたいと思うようになり、先輩に会うときは、うっすらと化粧をして、フリルのついた洋服を着るようにまでなりました。

やがて先輩は僕を「女」として扱うようになり、その気持ちに応えたい一心で、僕はますます女性化していきました。

 

『先輩の通い妻として抱かれ続ける日々』

僕はその後も先輩の通い妻として、先輩のアパートへ入りびたりました。

先輩は女でしたが、僕とつき合うようになってから、ますます男らしさを増してきたようにも思います。

僕は先輩とふたりでお風呂に入ったり、朝まで抱き合ったりしながら、まるで新婚生活のようなひとときを楽しみました。

先輩は後輩の女の子たちからもモテたので、ちょっぴり妬けることもありますが、僕は先輩の「通い妻」として、これからも先輩に尽くしていきたいです。

-えっちな体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

幼稚園と小学生の時に先生とエッチな体験をした秘密話

「自己紹介からどうぞ」 私は30代も半ばを過ぎそろそろいい歳を迎え始めているところです。 結婚はまだしておらず独身を謳歌している最中、もう少しこのままでいいかなといった感じです。 仕事関係はまずまず可 …

彼女から学生時代のおねショタ経験を聞いた体験談

俺はもうじき、30歳になる男です。 今付き合っている彼女も来年30歳になるので、将来結婚する考えがあります。 そんなある日、彼女から大学生時代のおねショタの経験を聞いてしまいました。 結婚するかもしれ …

学生時代クラブのトイレで年上女とHをやりまくる

自分の学生時代とは、女の尻を追っかける毎日でした。 高校生の頃はよくストナンをやりながら、毎晩違う女とセックスをやる毎日を繰り返し、学校なんてほとんど行くこともありませんでした。   〇初め …

雪国美人とアツアツでドリーミーな一夜を……

『観光都市金沢と彼女』 俺には無口だけど清楚な彼女がいる。 小柄でおしとやかで雪国美人。 でも胸やお尻は大きめのいわゆる安産型だ。 そんな彼女は石川県金沢市の出身。 そして俺は彼女と付き合い始めてから …

斎藤さんでパンツを見せたエロイプをした体験談

「斎藤さんでエロイプしました」 私は「斎藤さん」というアプリでエロイプしたことが一回だけあります。 まず、私は「斎藤さん」というアプリを使ったことがなかったのでどういうものなのか好奇心がありました。 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。