えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

えっちな体験談

演劇サークルの男役に犯されちゃった僕の体験談

投稿日:

『演劇サークルではいつも女役の僕の運命』

学生時代、僕は演劇サークルに所属していました。

どちかというと小柄で、なで肩で、か細い体つきをしていた僕は、いつも女役ばかりさせられていました。

そのせいもあってか、僕はふだんから女性の声を出す練習をし、洋服もちょっと女っぽいものばかり身につけていました。

お恥ずかしい話、通学途中の電車では、幾度となく痴漢の憂き目にあったこともあるほどです。

同じサークルには、僕とは対照的に男役ばかりしている女の先輩がいて、いつも僕のことを可愛がってくれました。

その先輩は、高校時代まで柔道をやっており、見るからにたくましく、まさに僕とは正反対の体つきでした。

演劇サークルのみんなで飲みに行ったある日のこと、僕と先輩は「ちょっと酔いをさましてから帰ろうか」ということになり、ふたりだけで夜の公園へ行きました。

月あかりを頼りに、ひとけのない公園を歩いていたら、突然、先輩が「好きなんだ。私とつき合え」といい、僕に抱きついてきました。

僕は「えっ」と思いながら、そのまま芝生の上に押し倒されてしまいました。

先輩は、まるで演技でもしているかのような迷いのない手つきで、僕のズボンを脱がせると、僕のあそこをかわいがり始めました。

僕は「ああ」と女の子のような声をあげながら、先輩の肉ぶとんの上で、あっという間に射精をしてしまいました。

 

『僕が女で彼女が男でという不思議なえっち』

そんな出来事があってから、僕と先輩はひんぱんに肉体関係を持つようになりました。

セックスをするときは、ほとんど僕が女役で、たいていは先輩が男役としてリードしてくれました。

いつしか僕は先輩の「彼女」として認められたいと思うようになり、先輩に会うときは、うっすらと化粧をして、フリルのついた洋服を着るようにまでなりました。

やがて先輩は僕を「女」として扱うようになり、その気持ちに応えたい一心で、僕はますます女性化していきました。

 

『先輩の通い妻として抱かれ続ける日々』

僕はその後も先輩の通い妻として、先輩のアパートへ入りびたりました。

先輩は女でしたが、僕とつき合うようになってから、ますます男らしさを増してきたようにも思います。

僕は先輩とふたりでお風呂に入ったり、朝まで抱き合ったりしながら、まるで新婚生活のようなひとときを楽しみました。

先輩は後輩の女の子たちからもモテたので、ちょっぴり妬けることもありますが、僕は先輩の「通い妻」として、これからも先輩に尽くしていきたいです。

-えっちな体験談
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

彼氏のお兄さんと、彼氏の家で激しくセックス

カレの家にいたら…… もう三年くらい前になるけど、その時私は四つ年下のカレとつきあってた。 カレは介護系の施設で働いてて、その日はちょうど夜勤の日。 私は夜勤明けのカレにおいしいものを作ってあげようと …

no image

高校生の時に、自慢の巨根で女教師を堕とした話

こんにちは。 私のほかにも巨根・デカチンでいい思いしている人は多いのではないでしょうか? 私の場合は、20センチほどの長さ、6センチほどの太さを持っているので、キツイ人もいますが、きちんと濡らさないと …

no image

セクシーなお姉さん系アイドルで夢精した話

~イントロダクション~ 今から16年前。 当時中学1年生だった俺は、セクシーなお姉さん系アイドル・鈴木マリーの握手会に熱狂的ファンである姉の連れ添いとしてやってきた。 俺はアイドルや芸能人に対して、素 …

no image

【高校生】友達の姉のパンツでぶっかけオナニー

高校3年生のとき、友人の姉貴とセックスをしたことがあります。 その姉貴とは22歳の大学4年生で沙織さん。 彼女はとっても美しく、大人の色気とフェロモンをプンプンと振りまく色っぽい女であり、見ているだけ …

no image

ずっと好きだった彼氏持ち女性を寝取ってセックス三昧した話

大学生時代のことです、東京のアパートに一人暮らし。 大学三年になっても彼女もおらず淡々と日々を過ごしていました。   そんな私には長い間好きだった女性がいました。 背の高い色白美人で黒髪でロ …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。