舐め犬・クンニ

舐め犬を飼っているリア友が羨ましくて掲示板で探してみた結果

投稿日:2018年8月10日 更新日:

◎舐め犬の存在。

私が舐め犬の存在を知ったのは約2年前の事でしたが、以前は舐め犬と言うのは、動物の犬を手なずけて、自分の性感帯部分にバターや蜂蜜を塗って、動物に舐めさせる行為をする事だと思っていました。

実際にネットの動画などで女性が自分のペットを舐め犬として育てて、夜な夜なペットに愛撫をしてもらう時間を楽しむというものを見た事がありましたし、以前お付き合いをしていた男性が借りてきたAV作品でも、男性の飼っているペットを舐め犬に育てあげて、自分の彼女の性器をペットに舐めさせると言う作品を見たことがあったので、舐め犬と言う言葉を聞いた時はてっきりまた、ペットを舐め犬としている事だと思っていました。

 

◎リア友が人間の舐め犬さんとの対面、その後に・・・

しかし、私のリア友で、人間の舐め犬との関係を持ったという実話を聞いて、大変興味深くなりました。

リア友が舐め犬と出会ったのは、ある出会い系サイトだったそうです。

舐め犬として自分を飼ってくれる飼い主さんと募集している事から、興味を持ってDMをしたことで、舐め犬と名乗る男性とつながりを持ったそうなのです。

何度かのDMを繰り替えした後に、食事を経て、意気投合したので、その日のうちに舐め犬として男性を飼うことを決めたと言うのです。

 

◎人間の舐め犬さんは猛烈な舌遣いと奉仕精神。

リア友の話は凄くリアルで、彼女は思い出すように舐め犬さんとの初経験を語ってくれました。

まず、舐め犬さんは、できたら、そのままの彼女の身体を舐めさせてほしいという条件を出してきたそうなのです。

最初はえっ?と思ったそうですが、もう二度と会う事はないかも知れないと、その時点では思っていたようなので、OKをしたそうです。

 

その後、舐め犬さんは彼女の体の隅々を丁寧に本当に犬が舐めている様なリアルな感じに時間をかけてぺろぺろと舐め始めたそうなのです。

結局、彼女は人生で初めて舌だけで最後までイカセせてもらう体験をして、結果!舐め犬さんを飼い続ける事を決めたそうなのです。

舐め犬さんは彼女がお風呂に入っていない日でも、生理の日でも呼べばすぐに駆けつけてくれて、誠心誠意舐めてくれるんだそうです。

私はリア友の性生活が本当に羨ましいと思いました。

それと同時に私自身も舐め犬さんを飼ってみたいと心底思ったのです。

 

◎飼い主に忠実な舐め犬さんと出会うまでは。

私はリア友に教えてもらった某サイトへ出入りをする様になりましたが、最初はなかなか舐め犬さんとの出会いが無かったので、独自に舐め犬サイトを見つけて、そちらのサイトへ出入りするようになりました。

まずは、自分は舐め犬経験がないことやプロフなどを入力して、舐め犬さんからの連絡を待ちました、すると初日に舐め犬さんを名乗る男性からDMが来ました。

DMの内容は舐め犬歴約1年の初心者の舐め犬さんで、今まで飼われた人数は4人と言う事でした。

 

お互い初心者だと言うことでメリットもあるのかな?と思ったので、初心者の舐め犬さんとまずは対面を決めました。

初心者の舐め犬さんは40代後半で家族あり、自営業とのことでした。

奉仕してくれる場所は都内ホテルと言う事なので、まずはお茶をして雰囲気を見ました。

清潔そうで、個室へ二人で入る事も問題は無さそうでしたので、会った当日にホテルへ行きました。

 

◎とてもせっかちで自分の欲も満たしたい舐め犬さんは本物ではない?

お茶を飲んでいる時の舐め犬さんはとても落ち着いていて、のんびりしている様に感じましたが、ホテルの部屋では舐め犬さんはとてもせっかちでした。

私はシャワーを浴びたいと思いましたが、舐め犬さんはシャワーも省きたいようで、猛烈にアピールをしてきました。

 

誘いに乗ってベットへ行くと、舐め犬というよりも!男性って感じが強くて、確かにクンニを含めて舐めてくれましたが、どちからと言うと彼の欲を満たしたいという感じの舐め方で、最終的な挿入もお願いされて、雰囲気に飲まれて結局普通の男女と言う感じでした。

舐め犬さんを飼っているリア友曰く、それは本物の舐め犬とは言えないと言われました。

その時に次に舐め犬さんを飼う時は挿入無しの、舐めることだけがすき。

舐めることだけに専念してくれる舐め犬さんを探しなとアドバイスを受けました。

 

◎二度目の舐め舐め犬さんは本物の舐め犬でした。

私はまた同じサイトにて舐め犬を募集しました。

二度目の舐め犬さんとの出会いは、舐め犬歴3年。

飼われた人数は二桁と言う、私の中では期待ができる50代のサラリーマンで既婚者でした。

 

DMを何度か交換して、数日後に某ホテルのラウジンで週末の夕方に会いました。

小奇麗な感じの方でしたが、色白のややぽっちゃり系の男性でした。

お茶もそこそこ部屋へ上りましたが、舐め犬さんは飼い主の言う事を忠実に何でも聞いてくれるというので、舌だけでイカセテ欲しいとお願いをしました。

シャワーも浴びさせてくれて、綺麗な身体を思う存分舐めてくれて、指と舌で丁寧な愛撫を繰り替えしてくれて、最後は彼が持参した舐めても大丈夫なオイルを性器に塗って、ぴちゃぴちゃとまるで本物の犬の様な音とたてて舐めてくれました。

 

舐め犬さんは約1カ月飼い続けて、次の飼い主の元へ去っていきました。

私は現在は新しい舐め犬を探している最中です。

-舐め犬・クンニ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ネットの舐め犬募集の掲示板で専属の舐め犬を見つけました

思いっきりクンニされたい! 女性ならそんな願望誰でもあると思います。 クンニだけ・・・。 でも、そんな都合よい男性はいませんよね。 ずっとそう思ってました。 でも、私の願望を満たしてくれる掲示板があっ …

no image

舐め犬を一度体験したら年齢とか性癖とか関係なく抜け出せない

至って健康体な女性ですが、現在は特定のパートナーがいない30代です。 私が今、一番はまっている事は、舐め犬に体中を舐めまわしてもらうことです。 普通に男女がセックスをする行為も好きですが、舐め犬の一方 …

no image

彼氏のクンニが気持ち良すぎて何度もエクスタシーに達する私。

<私の彼は、クンニが上手。> 私がお付き合いしている男性は、とてもクンニが上手です。 そのお相手は、私が処女を捧げた不倫相手の17才年上の大人の男性です。 処女喪失の時も彼のエッチは丁寧で優しく、周り …

no image

舐め犬の募集に集ってくれたのは好奇心旺盛のアラサー女性

「はじめに」 私は過去に舐め犬として女性の方々に奉仕させてもらっていたことがあります。 某掲示板でパートナーを募集したのを皮切りに、自らのブログやホームページを立ち上げ細々と舐め犬として活動を続けてき …

no image

舐め犬必見!体験談による女が感じるクンニのやり方

●はじめに これから、女性が感じるクンニの上手いやり方について、話していきます。 主に男性である筆者の体験談を元にして説明しますが、筆者は舐め犬ではありません。 でも、クンニ大好きですから、舐め犬だろ …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao