えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

純情な彼氏を舐め犬に調教したまでの記録

投稿日:2021年9月25日 更新日:

・彼への不満

初めて交際した彼氏が、ものすごい舐め犬で、私はその魅力にすっかりはまってしまいました。

正直、セックスはしなくていいから、舐めてほしいんです。

25歳のときに、20歳の彼ができたのですが、この彼のセックスがとにかくつまらないんです。

まるで教科書のような愛撫や挿入に、ちょっと飽き飽きしていたんです。

でも、彼はかなりの美形でお金持ち。

性格もいい。

こんな彼を手放すのも嫌でした。

そこで、わかったんです。

私が理想の彼に育てればいいのだと。

そうすれば、セックスまで完璧なわけですから、不満に感じることはありません。

 

・彼への性教育

20歳になった彼は、実は童貞だったんです。

初めての相手が私だったみたいで、AVもほとんど見たことがないらしいんです。

これでは、舐め犬なんて遠い話だと諦めかけていたのですが、ようは性的な刺激が足りないだけなんです。

そこで、私はかなり過激なAVを借りてきて、彼に一緒に見ようと誘いました。

それは、冒頭から男女がシックスナインをしているもので、仰向けになった男性の顔を女性がまたいでいました。

彼のなかではセックスというものは、キスから始まるみたいなので、冒頭すぐにそういったシーンから始まるのはかなり驚いたようです。

女性が喘ぐ度に股間を押さえ、恥ずかしそうにしていました。

そこで、私はチャンスとばかりに彼の腕に胸を押し付け、同じことしたいとおねだりしました。

彼はかなり戸惑ったみたいですが、やはり興味はあったらしく、すぐに裸になりベッドに横になりました。

私は、そんな彼の姿に内心可愛いと感じながらも、服を脱いで同じことをしました。

そして、まずは私が彼にフェラをしたんです。

今までしたことのない行為だったためか、彼はすぐに興奮してあっという間に果ててしまいました。

ですが、やはり私のソコを舐める勇気はなかったらしく、なかなか舐めてはくれませんでした。

 

・言葉で誘導

私は、舐めることを躊躇う彼に、あることを囁きました。

それは、これがカップルでおこなわれる普通の行為だということです。

特殊な行為と思うから躊躇われるのであって、こんなこと皆やってるんだよと言えば、たいした抵抗感もなくなると思ったのです。

そして、その言葉は彼をやる気にさせました。

やはり、皆もやってるという言葉が背中を後押ししたそうです。

・拙い舌技

初めてだから仕方がないのかもしれませんが、舌先でペロペロ舐めるようにされて、そのもどかしさに身体がウズウズしました。

もっと奥まで舐めてほしいとか、たまには甘噛みしてほしいと思いましたが、そこは黙っておきました。

あまりにも口出しすると、慣れていることがバレてしまうからです。

私も初めてのフリをして、彼の拙い舌技に、「気持ち良い」とか「最高」とか言いました。

その言葉は、彼のやる気をアップさせたみたいです。

 

・彼からのおねだり

しばらくしてから、彼の方からリクエストされました。

舐めさせてほしいって。

私は、内心ガッツポーズをとりました。

ですが、ここでホイホイと服を脱ぐのは、まるで待っていたみたく見えるので、まずはその理由を聞きました。

すると、彼が言うには誉めてもらえて嬉しかったことと、私の声が色っぽかったからだと言うんです。

私は、彼がそう言うならと、渋々のフリをして彼をベッドに誘いました。

枕を背中にして、裸でM 字開脚をすると、すぐさま彼が顔を埋めてきました。

前回よりも舌の動きが早くなって、私はビクビクと足を震わせました。

確実にテクはアップしてます。

もしかして、誰かと浮気をしたのかと思って聞いたら、なんとアイスクリームやバターを舐めて研究をしたそうなんです。

そういえば、彼の舐め方はまるでアイスクリームを舐めてる時のような感触です。

ベロベロと舐められ、私は彼の髪を指で触りながら、気持ち良いところでは髪を引っ張ったりしました。

彼は、更に大胆に奥を舐めてきて、私は何度もイキました。

 

・ハマりすぎた彼

困ったことが1つだけありました。

それは、彼が普通のセックスをしてくれなくなったことです。

舐めることにすっかりハマってしまった彼は、セックスの度に舐めてくるんです。

確かに、舐めてほしいとは思ったのですが、ここまで頻繁に舐められては、さすがに身体がついていきません。

それに、挿入されない日も増えてきて、身体がたまらなくもどかしいのです。

でも、必死な彼の姿を見ていたら、そんなことは言えません。

あまりにもすさまじい快感に、かなりグッタリしています。

最近では、マメに興味が出てきたらしく、そこばかり舐めてきたり噛んだりするんです。

「ここだよね。気持ち良いのは」

嬉しそうに聞いてきては、彼は私があまりの快感にたまらなくなるまで、豆を離さないのです。

彼への性教育は成功しましたが、ちょっとやり過ぎたかなと反省しています。

ですが、短期間で舐め犬に成長した彼は、かなり素質があるのだと思います。

-舐め犬・クンニ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

舐め犬体験談。奥様に飼われ続けた僕

●エッチを通り越してお客様はド変態でした 僕は旅行代理店で働いている、しがないサラリーマンです。 ある日、僕にとっては一番の得意先の社長に誘われて、パーティーに参加しました。 そのパーティーには社長の …

ちんちんが怖いヲタク処女、舐め犬にドハマり

・ヲッちゃん 生来のヲタク女子で、小さい頃から二次元オナニーばかりしている。 男子が思春期になった頃には、もうすっかりこじらせており、陰茎というものがまったく駄目になっていた。 男自体が駄目ではないが …

人気の舐め犬さんは専属の舐め犬にはなかなかなってくれません

舐め犬の魅力にはまったのはここ8ヶ月くらい前からです。 私は舐め犬を知ったのは、インターネットのちょっとエッチなサイトでした。 それまで舐め犬と言うのは自分の犬に飼い主の大切なところを舐めさせるという …

入院中の舐め犬生活が癖になった彼女

俺には27歳保育士の彼女がいます。 彼女とは毎日のようにセックスを繰り返していましたが、突然の事故から彼女は入院生活…。 そんな俺たちはしばらく欲求不満の状態に陥ってしまいますが…彼女はいつの間にか、 …

彼氏を「舐め犬」にして、クンニしてもらう方法

・「舐め犬」に対する抵抗感 自分の彼氏が舐め犬だったらと、思わず思ってしまう女性は多いと思います。 ですが、自分の彼氏に「舐め犬」になってと言えるのかと言われれば、答えはノーだと思います。 まず、交際 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。