えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

舐め犬・クンニ

熟女さんに舐め犬としてご奉仕してきました

投稿日:

クンニが大好きな43歳男性です。

最近は出会い系サイトで舐め犬募集の女性と楽しい時間を過ごしています。

手軽にあいた時間を利用して女性と出会えるので非常に便利です。

今回は42歳の熟女さんに舐め犬としてご奉仕してきました。

 

・出会い系サイトで舐め犬募集の女性を検索

いつも利用している出会い系サイトにログインします。

熟女の乱れっぷりが好きなので30歳以上の女性に絞って検索しました。

するとご近所さんで舐め犬募集している女性を見つけました。

お名前は由利さん。

45歳です。

職業は事務職と書かれています。

黒木瞳さんそっくりの美しい女性です。

「舐め犬を探しています」

「体の関係はNGです」

「沢山気持ち良くしてくれる方お願いします」

熟女さんってこういうそっけない文章が多いのです。

とりあえず軽い挨拶分といいねを送って様子を見ることにしました。

1時間ほどしてメッセージが返ってきました。

見事にマッチング成功です。

「こんにちは」

「少しサイト内でお話ししてから気が合えばライン交換しませんか?」

相手がどんな人か判らないのでこの流れはごくごく自然です。

お互いの自己紹介を交わしました。

そして由利さんから提案が有りました。

①体の関係はNG

②舐める行為以外はNG

③あそこ以外を舐めるのはNG

舐め犬募集ですからこの条件でも問題ありません。

ただであそこを舐めまくれるのですからクンニ好きの私にとっては十分です。

由利さんの条件に同意することをお伝えするとライン交換して貰えました。

 

・由利さんと初デート

1週間ほどラインで毎日お話ししました。

この間にじっくり舐め犬として奉仕して欲しい内容を聞き出せました。

クリ舐めが大好きな様です。

平気で下ネタトークが出来るのも熟女さんの特徴です。

若い女性も良いですが経験豊富な熟女さんの方がエロいので大好きです。

そしていよいよご対面の時がやってきました。

当日は近所のファミレスで待ち合わせです。

先に着いたのは私の方でした。

5分ほどしてラインが入り由利さんとご対面です。

写真で見たよりずっと美しい女性です。

スレンダーで胸はそんなに大きくありません。

清楚で母性本能溢れる女性です。

こんな綺麗な女性のあそこを舐めさせてもらえるなんて幸せです。

お店に入ってランチを頂きました。

ファミレスなので安上がりで助かります。

私生活やお仕事の話をして楽し時間を過ごしました。

会った時はお互い緊張していました。

しかし、時間が経ったせいか程よい距離感で接することが出来ています。

「あたしで大丈夫ですか?」

「嫌なら断っていただいても大丈夫ですよ」

これはOKサインですね。

断る理由なんてどこにもありません。

むしろこちらが申し訳ないくらいです。

お互いの同意が得られたので早速ホテルへ向かう事となりました。

 

・舐め犬としてしっかりご奉仕致します

ファミレスから歩いて10分ほどの距離にラブホが有ります。

平日の昼間から生のあそこを舐めまわせるなんて嬉しく仕方が有りません。

ホテルに着くとまずはシャワーを浴びます。

フル勃起に息子を見て笑われました。

胸はBカップ程ですね。

くびれたウエストが綺麗です。

とても40代には見えない美しい体です。

少し濃い目の陰毛がヤル気を出させてくれました。

本音は体に触れたいし息子を弄って欲しいです。

でもお約束ですから我慢です。

セルフで体を綺麗にしたらベッドへ向かいます。

全裸になって仰向けに寝転ぶゆりさん。

照明を落とそうとしたらそのままで良いと言ってくれました。

じっくりあそこを観察しながらご奉仕出来ます。

M字開脚になってもらってまずはあそこを観察します。

ビラビラを囲むように陰毛が生えています。

少し黒ずんだビラビラがエロくてたまりません。

股の間に顔を突っ込みまずは鼠径部を優しく舐めてみます。

「あ、あん」

「そこ…」

体をビクンとさせながら感じています。

焦らす様にじっくり舐めまわします。

そしてビラビラを咥えて引っ張ってみました。

「やだ…」

「恥ずかしいよ」

ぱっくり開いたあそこからマン汁が垂れています。

匂いを嗅いでみると嫌な匂いが全くありません。

あそこを全体に舌を押し付けてべろりと舐めてみます。

反応良いですね。

何度もべろんべろんに舐めまわすと段々と喘ぎ声が大きくなってきます。

「あ、あん、そこ、もっと」

「そう、そうよ」

私の頭を両手で抱えて催促してきます。

舌先でクリを優しく舐めてみます。

「あ…、ダメ…」

「そこは、んあぁ」

「もう、そこ、ダメ…」

聞いていた通りクリはかなり敏感な様です。

トロトロのマン汁で口の周りがベトベトになっています。

この感触がたまりません。

由利さんも大興奮です。

ビラビラを舐めたり中に舌を突っ込んだりして焦らしながらクリを責めます。

「お願い、もっとクリを…」

「そこ、そうよ、もうダメ」

「イク、イクぅ…イク!!!」

腰を上下にガクガクさせながら気持ち良く昇天してしまいました。

舐め犬としてしっかり仕事が出来たようです。

この後、少し休憩を挟んで2時間しっかり舐め犬としてご奉仕させていただきました。

 

・まとめ

舐め犬募集の女性はキスされたり挿入されたりすることが無いのでガードが低いです。

話が合えば簡単にクンニさせて貰えます。

今回のように舐めるだけの奉仕で終わることが殆どです。

でも、生で女性のあそこを観察して舐めまわせるのですからクンニ好きの私は十分満足です。

今回も楽しい時間が過ごせました。

また、時間がある時に舐め犬としてご奉仕してきます。

-舐め犬・クンニ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ママ友に紹介され、舐め犬のクンニを初体験した体験談

舐め犬という存在を知ったのは保育園のママ友からの情報でした。 仲がよくてなんでも話せるママ友が「舐め犬って知ってる?」って聞いてきたのです。 そんなものは知るはずもありません。 知らないって答えると、 …

no image

舐めるのが大好きな変態舐め犬。高校生の美少女専属の舐め犬になれた

今から15年ほど前、私が高校3年生の頃の話です。 私はお世辞にもかっこいいとは言えない容姿で、性格も内向的、学生時代はずっと目立たない学生生活を送っていました。 当然、大学卒業まで彼女なんていたことは …

no image

M男の舐め犬と出会い満足した話

・マッチングアプリで知り合った彼 私がマッチングアプリに登録したのは、彼以外の人と遊んでみたかったからです。 彼は、セックスにはあんまり興味がないみたいで、月に1回。 まるで行事のようにセックスをする …

no image

中高年熟女の欲求を、舐め犬で解消する喜び

私は現在41歳の専業主婦で、夫は年上で一回りほど違う年齢です。 今ではすっかり夜の営みは無くなりました。 そんな私がこの年になり、始めて舐め犬の喜びを知ることになってしまいます。   ○全く …

no image

SNSで人気の舐め犬さんに会ってみたら我慢できずにSEX

舐め犬さんの存在を知ったのは今から2年前くらいのことでした。 私のSNSにコメントをくれた男性のSNSを覗いたら、なにやら興味深い内容だったので、それからは一気にその方のSNS内の日記に釘付けになりま …