えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

近親相姦・家族・親戚

歳の離れた姉弟のセックス…禁断の近親相姦

投稿日:

・弟と私の関係

田舎の中小企業に勤める29歳の私には、実家から出て東京で一人暮らしの弟がいます。

まだハタチになったばかりの大学生だけれど、すっかり都会での生活にも馴染んだ様子で、しょっちゅういろんな女の子を家に連れ込んでいるみたいでした。

でも弟の女性関係なんて興味がないし、たまにLINEで自慢されても適当に聞き流していた私。

なんだかんだで可愛い弟だから、お互いの近況報告だったりたまに連絡は取ってたんですけどね。

 

・きっかけは、弟の家に泊まったこと

私は最近某アイドルにドハマリしてしまい、都内で開催されるライブにどうにか参加したく、地元から遠征することに。

けれど正直だいぶ出費がかさむので、ライブ会場から近い弟の家に、その日は前乗りで一泊させてもらえるようお願いをしたのです。

事前に頼んであったため、弟は当日は誰も女の子を呼ばずに待っていてくれました。

夕食を終えてお風呂も借りて、あとは寝るだけになった頃。

「もうちょっと姉ちゃんと話したい」とまるで甘えたように言われたので、私たちは夜更けに宅飲みすることになりました。

 

・姉弟だしと油断したのが間違いだった

盛り上がって気がつけば時刻も深夜。

明日に備えてそろそろ、と私が切り出すと、弟に突然腕を掴まれてしまいます。

私はもちろん抵抗しました。

けれどあんなに幼かったはずの弟はすでに男になっていて、振り払おうとしてもびくともしません。

「さっきから谷間見せつけて。誘ってる?」

弟が私を見る目が、明らかにおかしい。

私がハッとして自分の胸元を見下ろすと、部屋着として着ていた薄手のTシャツから、小さくはない胸の谷間がくっきりと覗いていました。

でもなんせ相手は女好きの弟。

このときの私には、姉をからかう冗談にしか思えません。

「やだ、あんたったらスケベなんだから~。ふざけてないで早く寝よ!」

「うん。姉ちゃんと寝るよ。……そういう意味でね?」

途端に視界がぐらりと揺れて、目の前には弟が覆い被さっていました。

やばい。直感で思ってももう遅く、私は次の瞬間弟に唇を塞がれてしまいます。

 

・女慣れした弟との極上のキス

「ふぅ、っ……!」

口の中を強引にこじ開けられて、絡みつく弟の舌。

なんで、どうして?

さまざまな感情がこみ上げますが、弟のキスがすごく上手くて、私もだんだん理性を保てなくなってしまいます。

さらにねっとりと舐められているうちに私の下腹部に当たる、何か硬いモノ。

「っ……ダメ!」

そこでようやく我に返った私は、弟を突き飛ばしました。

後悔に蝕まれる私でしたが、弟は真剣な顔をして私の瞳を覗き込みます。

「ごめん、無理やりこんなことして。でもオレ、前から姉ちゃんとヤりたかったんだ」

「え……」

「姉ちゃんも今フリーだよね? だったらいいでしょ?」

仔犬みたいに見つめてくる弟に、母性本能がくすぐられてしまうのがわかりました。

このときの私は、どうかしていたのだと思います。

「……いいよ。一晩だけなら」

一夜限りで、全部なかったことにすればいい。

愚かな私たち姉弟は、とうとう禁断の扉を開いてしまったのでした。

 

・実の弟に最奥まで貫かれた夜

弟は前戯も上手で、私は乳首を吸われただけでぐっしょり濡れてしまいました。

愛撫しなくても充分なほど準備は整っていたので、弟は枕元からゴムを取り出して慣れた手つきで装着します。

私もエッチ自体が久々でしたし、成長した弟のソレがあまりにも大きかったので、今すぐに欲しいと期待してしまっていました。

「本当にいい? もう戻れなくなるけど」

今更の確認でした。

「来てよ。お姉ちゃんにちょうだい?」と笑った私に、理性を完全に失った弟は一気に肉棒を埋め込んできます。

奥まで与えられた快楽にビリリと電流が走りました。

お腹の中をみちみちと圧迫する弟の質量に、私は恍惚と浸ってしまいます。

「姉ちゃんのナカ、すげー締まるッ」

息を荒くする弟。「すぐイキそうかも」と告げられて、ピストンが激しくなります。

私も喘ぎ声が我慢できずに、無我夢中で鳴きながら弟にしがみつきました。

Gスポットをゴリゴリと擦られてイッている最中も、容赦なく指先でクリトリスを攻められてしまえば、私は連続イキで頭が真っ白になってしまいます。

元彼とは比べものにならないほどのテクで、こんなに感じてしまう相手は弟が初めてでした。

もし、ここへ定期的に通ってしまったら……

そうつい想像してしまいながら、私は何度も何度も絶頂に狂いました。

 

・もうやめられない、爛れた近親相姦

翌日行ったライブはうわの空で、すぐに抜け出してまた弟とたくさんセックスしました。

たったの一夜限りで終わるはずがなかったのです。

弟も同じ気持ちだったようで、私が田舎へ帰る時間ギリギリまで抱き潰しては「またシたいからいつでも来てね」と言ってくれました。

それ以来、毎月あるアイドルのライブを口実に、弟の家で秘め事を楽しむのが私の新たな趣味になりつつあります。

-近親相姦・家族・親戚
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いつも頼ってくる可愛い弟と、自宅で起きたHな体験

・幼少期から、甘えん坊の弟 私は、今年30になるアラサー女性で、会社員をしています。 そんな私には、二つ年下の弟がいる。 弟は、二人兄弟の末というだけあって、性格は、甘えん坊なタイプだ。 小さい時から …

no image

パンコキで我慢できず姉を犯した話

『上京して姉と暮らし始めた』 僕は第1志望の東京の大学に合格し3月中旬に島根県から上京することになりました。 僕には6歳上の姉がいます。 姉は島根の何もない退屈な生活が嫌で東京の大学に進学しました。 …

no image

酔った兄の強引なセックス。でも気持ちよかったです

お兄ちゃんとは5歳年が離れています。 私が21歳でお兄ちゃんが26歳です。 すごくやさしくて普段からとっても信頼できる兄で尊敬しています。 そんな兄とこの前、両親が3日間の出張中にセックスをしてしまっ …

no image

18歳の初体験は実姉に見られながら

・お互い初体験だった私と初めての彼氏。 私の初体験は18歳の時、大学に入って少し経った頃でした。 相手は入学してからすぐにサークル勧誘で声をかけてきた1歳年上の先輩で、先輩から告白してきて付き合うこと …

no image

妹のオナニー現場を見て成り行きでアナルセックス

俺には4歳離れた妹がいる。 妹は小さい頃から俺のことが好きで、よく「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と俺の後を付いて来た。 妹は中学生なっても俺になついており、俺に甘えて時々俺に抱きついてきたりもした。 中学 …