えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

近親相姦・家族・親戚

高校生の私は愛撫され兄妹としての一線を越えた

投稿日:

私と兄は1歳違いで、まるで双子のようだと言われるぐらい仲が良かったのです。

雷の夜には、兄のベッドに潜り込むこともありました。

あれは、私が17歳の時です。

その日も雷がひどくて、私は兄のベッドに潜り込みました。

兄は寝ぼけていたみたいで、私をしっかりと腕に抱いてきました。

ふと、目を覚ました兄が驚いたように起き上がります。

「自分の部屋に戻れ」

「嫌だ」

と、押し問答を繰り返し、結局は兄が折れました。

小さい時には、2人とも小柄だったのに、高校生になった頃から兄はどんどん背が伸びて、私との身長差は10センチほどもありました。

「あんまりくっつくなよ」

「なんで?」

狭いベッドの中で、私たちはまるで子供に戻ったみたく小競り合いを始めました。

不意に、兄の手が私の胸に触れました。

その瞬間、気まずい空気が流れました。

暗闇の中で、私たちはかなりの時間見つめ合いました。

キスをしたのは、とても自然な流れに思えました。

触れるだけのキスが次第に深くなり、私たちは互いに気がついてしまいました。

なぜ、年頃を迎えても互いに恋人を作ろうとしなかったのか。

それは、互いを既に意識していたからです。

「だから、部屋に戻れと言っただろ?もう、止まらないぞ」

私のパジャマを脱がしながら、兄が言いました。

暗闇なのに、兄の顔がハッキリ見えます。

私の知らない、男の顔をした兄が。

私は、何を答えずに目を閉じました。

ブラはつけていなかったので、すぐに兄の指が乳房をまさぐります。

円を描くように揉みながら、時々首や鎖骨にキスをしてきて、くすぐったいような気持ちになりました。

不思議ですが、嫌だとか気持ち悪いとかは全然思いませんでした。

乳首を指で弄られたり、舌で舐められた時には、恥ずかしくて逃げ出したくなりましたが、大好きな兄がしていると思ったら平気でした。

やがて、兄の指がショーツの中へと入り、アンダーヘアーをさ迷います。

「昔、お風呂に入った時にはなかったよな」

「お兄ちゃんも、でしょ」

そんな昔を思い出しながら、私と兄は引き戻せない最後の一線を越えました。

兄の指がゆっくりと中を愛撫し、私も兄の性器を握りました。

初めて触れる男性の性器は、とても熱くて太いもので、私はこれからどうなるのだろうという不安を感じました。

「もっと、指を早く動かしてみて」

「う、うん。あっ、お兄ちゃん、イッちゃう」

互いにビクビクしながら達しました。

「オナニーとか、してた?」

「聞かないでよ。そんなこと」

私が恥ずかしさのあまり横を向くと、兄は布団の中で私のパジャマと下着をずらし、片足を軽く上げました。

そして、ゆっくりと勃起した性器を押しあてきて、軽く擦ってきました。

「あっ。やだ、なにしてんのっ」

「気持ち、良くない?」

「気持ち、いいけど」

私は、あまりにも生々しい感触に、ギュッと目を閉じました。

荒い息づかいが聞こえてきて、兄が再び達します。

入り口に、濡れた感触がありました。

「入れてもいいよ」

と、私が言うと兄は途端に体を強ばらせました。

「後悔するぞ」

「しないもん。だって、お兄ちゃんだから」

「痛いって聞くぞ」

「平気だってば」

「しょうがないな」

兄は、ため息をつくと布団の中へと潜っていきました。

次の瞬間。

アノ部分にネロッとした感触がして、私は兄に舐められていることに気がつきました。

「お兄ちゃんっ。それは、やだよっ」

足を大きく広げられ、兄の舌が私の襞をなぞったり、吸ったりしてきて、私は声を押さえるのに必死でした。

もし、私と兄がこんなことをしているなんて知れたら、両親はかなりショックを受けてしまいます。

「今夜は、やっぱり指だけにしよう。コンドームないから」

兄は残念そうに言って、私の中を指で何度も愛撫してくれました。

私も兄の性器を指で触れて、兄の精液で指を濡らしました。

私と兄は、その日から単なる兄妹ではなくなりました。

誰にも言えませんが、恋愛関係にあります。

毎夜のように互いの身体に触れ、兄がコンドームを購入してからは、セックスもするようになりました。

指でずっと弄られていたせいか、意外なほどすんなり入って、私は心も身体も満足しました。

二十歳になった兄は1人暮らしを始めて、私はその部屋に頻繁に泊まりに行っています。

両親や親戚からは、仲のいい兄妹だといわれますが、その度に私たちは罪悪感を感じてしまいます。

だって、まさか兄の家に泊まりに行く度に私が兄に抱かれているなんて、誰も思ってはいないでしょう。

兄は、法的に認められないけれどと、婚姻届まで用意してくれました。

今でも、雷が鳴る中で兄と過ごした淫らな時間を思い出す時があります。

まるで、体を重ねることが自然のように、キスをしたり肌をまさぐったり、深く考えることなく一線を越えました。

そのことを後悔したことは1度だってありません。

兄に抱かれる度に、その気持ちは強くなり、私は他の男性と恋愛をしたり、結婚したりはできないだろうと感じました。

それは、兄も同じです。私たちは、こうこるべくしてなったのだと、互いに納得をしています。

-近親相姦・家族・親戚
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

姉はエッチが大好きで彼氏との行為を撮影していた

姉は、中学1年生で初体験 僕には、3歳年上の「姉」がいて、まずまずの美人です。 芸能人で言えば、元AKBにいた篠田麻里子さんと似ています。 見た目からすると、普通で今風の女性ですが、 実際は、スケベで …

no image

義理の妹と一線と超えた日の夜で男女の関係になった

『僕に妹ができた』 僕に妹ができたのは、高校1年生の時だった。 でも、それは16歳で妹が生まれたというのではなくて、親同士の再婚で妹ができたということだ。 僕の両親は小学6年生の時に離婚をしたのだが、 …

no image

巨乳美少女な従姉妹と一緒にセックス三昧同棲生活

・きっかけ 従姉妹が大学に進学するという時にルームシェアしてくれないかと頼まれたのが一緒に住むことになったかっかけです。 地方なので、セキュリティのしっかりした物件があまりなく家賃が高いのでルームシェ …

no image

18歳の私が不仲の弟に無理やり犯された体験談とは

私は過去に兄弟とHをしたことがあります。 では、そのときの体験談を紹介したいと思います。   ●何故、そのようなシチュエーションになったのか? 当時18歳だったのですが、実は兄弟の仲がすごく …

no image

お兄ちゃん大好き巨乳JKが癒してあ・げ・る

【妹の日常とスタイル】 来春から大学生になる妹(18才)は、家では全く格好を気にせず下着でいることがあり、部屋ではTバックでいることがあるようだ。 そして、胸が大きい。 男にはたまらないスタイルだ。 …