えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

近親相姦・家族・親戚

俺の姉は友達の間でも有名なサセ子だった。

投稿日:2022年10月1日 更新日:

・オマエの姉ちゃん、サセ子なんだよな?

俺には2つ上の姉がいた。

姉の名前は涼子と言ったが、とびきり美人ではないけれど、かと言ってブスでもなかった。

性格が明るかったので、姉の同学年の男子からはまあまあモテていたようだ。

でも、俺が中学生になった時、同級生から姉の事で衝撃的な話を聞いてしまった。

「オマエの姉ちゃん、サセ子だって本当か?」

突然の話に俺は驚いた。

「な、なんだよ、お前・・・。そんな事あるわけねぇだろ!」

あまりにも失礼な話に、俺はマジでそいつのことをブッ飛ばしそうになった。

「だけどさ、俺、オマエの姉ちゃんと同じ高校に通ってる先輩から聞いたんだよ。その先輩もオマエの姉ちゃんとヤッたって言ってたぜ」

その言葉に、俺は気がついたらそいつの胸ぐらを掴んでいた。

けれど、周りの友達に抑えられて、その場はなんとか喧嘩にはならなかった。

「そんな事、あるワケねーよな・・・」

俺は自分にそう言い聞かせて、なんとか気持ちを落ち着かせようとした。

その夜、家族揃って晩メシを食べてたんだが、目の前にいた姉の顔はまともには見ることが出来なかった。

だって、姉はどこにでもいそうなごくごくフツーのJKにしか見えないのだから・・・

 

・衝撃的光景!姉が自宅で3P

俺はそんな事があったのをすっかりと忘れていた。

その日は少し具合が悪くて、俺は部活を休んで授業が終わった後、そのまま家に帰ったんだ。

「ただいまぁ〜」

そう言って家に入ったけれど、家の中からは誰も返事をしてこない。

玄関に入ってふと足元を見ると、そこには姉の靴の他、見慣れない靴が二足あった。

しかもその靴は男の物だ。

「なんだぁ?姉ちゃん、誰か連れてきたのか??」

そう思って俺は自分と姉の部屋がある二階に上がっていったんだ。

「んんっ、ンハァ、あっ、あっ・・・」

そんな声が姉の部屋から漏れてきた。

「なあ、涼子ぉ、俺のもしゃぶってくれよぉ」

そう声がしたと思うと、今度は違う男の声で

「なぁ、なぁ、あっ、オレ、もうダメ、い、逝ってもいいか?」

「う、うん、いいよぉ、ハァァン、そしたら次はコースケくんね、あっ・・・」

なんか、普通じゃないそんな会話に俺はマジで嫌な予感がした。

恐る恐る、姉の部屋のドアをゆっくりと開けて中を覗いてみた。

そしたらそこには信じられない光景が広がっていたんだ。

制服のブラウスを全開にして、そしてブラジャーは首元までずり上げられていた姉は、一人の男にハメられていた。

姉のオマンコにオチンチンを挿入している男は、激しく腰を動かしながら姉のオッパイを揉みしだいている。

そして姉はハメられている間、横に立っている別の男のオチンチンを手で握ってシコシコとしている。

その男は眉間にシワを寄せたと思ったら、姉の手からオチンチンを外して、その口の中に押し込んだ。

「んふぅ、んぐっ、はぁ、はぁ、アァァん〜」

口の中とオマンコの両方にオチンチンを突っ込まれた姉は自分でも腰を振っている。

そしてオマンコに挿入していた方の男がオチンチンを引き抜くと今度は、フェラチオさせていた男が姉のオマンコに挿入をしてしまった。

「涼子、オマエ、最高だな」

姉のオマンコからオチンチンを引き抜いた男は、姉の顔に静液をドップリと発射し、満足げにそう言った。

俺はそんな信じられない一部始終の光景を見て、あの時、俺の同級生が言ったことは本当だったんだとこの時初めて知った。

もう俺はそれ以上、見ていられなくなって、静かに姉の部屋のドアを閉めた。

その日以降、家に帰って来て、玄関に見知らぬ靴がある時は、俺はまた家を出てしばらく近所をブラブラとするようになったんだ。

-近親相姦・家族・親戚
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

近親相姦。実の姉と中出しSEX物語。

俺の名前は淳(仮名)43歳、姉貴の名前は優子(仮名)46歳でお互いバツイチ独身で子供も居ません。 5年前に離婚した姉貴は、家を建てたばかりの俺の元に転がり込んで来ました。 俺の仕事は自営をしていて、当 …

妹のオナニーを偶然見ちゃった兄

私には2個離れた妹がいます。 名前はゆず、小さいころから私に懐いていて、よく一緒に遊んだものです。 私が14歳でゆずが12歳のころに起こった事件がすべての始まりでした。   ・偶然、妹のオナ …

中学生の弟がおっぱいを触りたいと迫ってくる

私は、弟と姉弟として越えてはならない一線を越えようとしました。 その記憶は、今でも私の心に深く残っています。 たとえ、可愛い弟の頼みでも、してはいけなかったのです。 そこで、今日は弟と私が何をしてしま …

セクシーな中学生の姉の部屋を覗き見で興奮したあの頃 

●昔からセクシーな姉 私には3つ年上の姉がいましたが、自分自身が小学校の時からどうも大人びていることが気になっていました。 大人びていると言う表現は小学校高学年位までのことで、それが中学校に入るとセク …

結婚の決まった大好きなお兄ちゃんと結ばれた日

『大好きなお兄ちゃん』 私には3歳上のお姉ちゃんと6歳上のお兄ちゃんがいて、お兄ちゃんは少し年が離れてるからか小さい頃からかとても私の事を可愛がってくれた。 私もお兄ちゃんが大好きで、三人兄弟だけどい …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。