えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

体験談、妄想話、創作話が閲覧できるサイトです。

中学生(JC)初体験・初えっち

中学生時代の看護師さんとのえっちな思い出

投稿日:

中学時代の淡い体験が僕にはあります。

それはかれこれ十数年前の出来事になります。

季節は夏、丁度夏休み真っ只中、毎日調子に乗って遊びまくってました。

人って調子に乗ると痛い目に合うもので、家の裏にあった蜂の巣にイタズラしてた時に、蜂の逆襲を受けてしまいます。

何とか難を逃れたかに思った矢先、股間に激痛が走ったのです。

そう、短パンの隙間から一匹の蜂が潜りこみ、股間に痛烈な一撃をお見舞いしてきたのでした。

見る見るうちに腫れ上がってしまい、親にそれを告げると病院へと直行することになりました。

刺されたシチュエーションも去ることながら、刺された箇所も恥ずかしすぎる。

中学生の羞恥心に追い打ちをかけるように、先生は女性という絶望的シチュエーションです。

 

「でもなぜか嬉しくなってしまう思春期の男子」

診察室に案内され、女医さんと看護師さんと僕。

女医さんはアダルトな世界で表現されてるような感じではなく、キリッとした真面目でお堅い雰囲気。

僕が恥ずかしがってると「いいから見せなさい」と少し怒った口調で言ってくる性格。

そして看護師さんは、女医さんと同じく真面目そうな方でしたが、こちらは優しいタイプで、僕が女医さんに怒られてるのを見かねてズボンを下ろすのを手伝ってくれるような方でした。

パンツの隙間に指をスッと入れて脱がされる時ドキッとしたのとゾクッとしたのを覚えてます。

女医さんの第一声は「いや~痛そう、立派に腫れてるわ」「どういう状況だったの」と顔を近付けてまじまじと触られて見られて。

でも触られると痛みが和らいだのと、初めてアソコを女性に触ってもらえたことで軽く感動。

そのせいでちょっと勃起、でも勃起するとズキンッ「ウッ」となった僕に、女医さんが「痛かった?」と優しく問いかけてくれます。

始めの印象とは別人でそのツンデレにキュンって。

助け舟は看護師さん「ちょっと気持ちよくなっちゃったのかな」女医さん「ああっ、そう言うことか(笑)」女医さん「フフ、そう言えば」看護師さん「男の子だからね、これくらいじゃないと」。

 

「そして別室で看護師さんが処置」

女医さんから看護師さんへ「じゃあお薬塗ってあげてください」と言って、別の場所へ連れて行かれます。

ベッドの上で座ってると、看護師さんが軟膏みたいなのを持ってきて「じゃあ塗るね」「ズボン脱がせるわよ」脱がせ方が上手くてここでもゾクッと。

看護師さんは僕の横に座り、指先で丁寧に薬を塗ってくれます。

人差し指で刺された箇所へ塗り込む「腫れてるね、痛いねぇ、ヨシヨシ」と優しく語り励ましてくれます。

腫れが広がったらいけないってことで患部だけじゃなくその周囲にも薬を塗ってくれて、それがアソコをクニンクニンと弄られてるような感じに。

僕は「アッ、ウッ」とかいろんな感覚が芽生えてきて声が出てしまいます。

看護師さん「ごめん、ごめん、痛かったねぇ」僕は顔を赤らめ首を振るジェスチャー、すると看護師さん小声で「もしかして、気持ちくなっちゃった」「フフッ、大丈夫よ、私慣れてるから」といい薬を塗り続けてくれますが。

ドンドン勃起するアソコ、ます快感に耐え切れずに精子を大放出してしまいました。

看護師さんはそれを予測してたかのような対応で、アソコをキュキュと握り込み精子を搾り出した後、ティッシュで手際よく拭き取ってくれました。

看護師さん「これで、ちょっとはスッキリするかもね」。

 

「そして看護師さんからのお誘い」

それから次の日と1週間後くらいの2回通院しました。

1週間後には痛みも腫れも治まり、完全復調。

しかし初日は別にしても、その1週間はオナ禁が言い渡されており、僕のアソコは精子がたっぷり溜まってる状況です。

女医さんに見てもらう前からギンギンで、それを見た女医さんも苦笑い。

一応、言いつけを守ってたことは褒めてくれましたが、そっけない対応です。

でも看護師さんは少し違ってて、帰り際に「ねえねえ、もしよかったら、またしてあげようか」と、僕「いいんですか」看護師さん「ええ、今日私お昼に上がれるから、〇〇で待ってて」。

そして待ち合わせ場所に軽自動車で看護師さんが登場「ホントに待っててくれたのね」「うれしい」と車に乗せられ、そのまま地元の山奥にあるラブホテルへ連れてかれます。

初ラブホの緊張感と抜くだけじゃなかもという期待と不安でアソコは堪らない状況に。

お部屋に入るなり看護師さんは僕のアソコに顔を押し当てクンクン「ああっ、僕ちゃんのチンポスゴイ」「ニオイも良い」。

そのままズボンとパンツをはぎ取られてクンカクンカ、看護師さんの鼻先に亀頭が引っかかるのと口からの熱い吐息に感じてしまい、そのまま発射。

看護師さんの顔に精子が飛び散るのです。

「はあぁ、このニオイこのニオイよ欲しかったのは最高」「ねえまだできるでしょ、今度はこっちに頂戴」と股を開いてマンコにパックリされちゃいました。

思はぬ初エッチは一週間分の精子を吐き出す形で大成功、あんなに優しく落ち着きはなった看護師さんも乱れに乱れてとっても喜んでくれました。

-中学生(JC)初体験・初えっち
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初えっちでマウントを取りたい中学生の私

中学生といえば性体験に関して興味を持ったり知ったりする年ごろだと思います。 私も中学の頃はHに関して内心かなり興味がありました。 早く初Hを経験したい気持ちがある反面、初Hが怖いとも思っていました。 …

no image

中学生の近親相姦率高し、我慢できない興奮

「現在」 現在アラフォーの私、一応職には就いてますがまだ未婚。 これまでに結婚のチャンスが無かったって訳ではないものの、どこかで踏み切れない私が居たのも事実です。 その大きな要因のひとつが、母の存在で …

no image

僕の初体験は母の妹である30代後半の叔母さんです

『家族と共に東京に引っ越した』 僕は仙台で生まれ育ちました。 1人っ子で両親と共に3人家族でした。 僕が小学4年に上がる前に父に東京本社勤務の辞令が出ました。 僕は仙台の暮らしが好きで東京には行きたく …

no image

中学生でも十分濡れるので初めてのエッチも大丈夫

・クラスの秀才エミちゃんはエッチだった 私がお付き合いしていたのはクラスで一番の秀才のエミちゃんでした。 お母さんもお父さんも大学の教授ということで、まさにサラブレッドという感じでしたが、お付き合いを …

no image

インドア中学生、初エッチは憧れの先輩の家で

「大好きだった先輩との出会い」 中高一貫校に通っていた私は、それまでは恋愛っ気ひとつないようなインドア系の女子でした。 中学には受験して入ったので友達もおらず、入学してすぐの頃はあまり学校生活が楽しく …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。