えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

中学生(JC)初体験・初えっち

中学生にしてギャルとの初体験で童貞を卒業した体験談

投稿日:2017年3月9日 更新日:

これは私が中学2年生の時の話です。当時の私は特にモテるという事は無かったのですが、いわゆるちょっと悪い系のグループの友人が多く、学ランを少し着崩して着用、髪も染める勇気はないですが少しヤンチャ感のあるような、オールバックに近い髪型の男の子でした。

部活はバスケット部に所属していましたが、部活をサボり友人たちとゲーセンやコンビニでたむろする事が楽しく、そういった生活を続けていると当然友人もそういったような、同族のような友人たちが増えていき、もちろんその場には女性も含まれるようになってきました。

 

ある日、いつも通り部活をサボり、学校近くのコンビニで友人とたむろっているといつも良くしてくれる先輩が合流しました。

その先輩もヤンキーという訳ではないですが交友関係が非常に広く、顔もイケメンのため女性との繋がりも非常に多いと聞いていました。

先輩の話はいつも刺激的で、2年前まで小学生だった私は毎度先輩の話を聞くも理解できずただただすごい人だ、なんて大人なんだと思うばかりでした。

その先輩が合流してしばらくすると「今日この後暇か?」「暇ならちょっと遊びに行こう」と誘ってくれました。

先輩と遊ぶとなると大体近場のゲーセンか先輩の家でゲームが多かったので、二つ返事で了承しました。

 

連れて行かれたのは予想を反してカラオケでした。

大きな国道沿いのカラオケに先輩と入ると「部屋はもうとってある」と言われその部屋に向かいました。

そして部屋を開けるとそこにはアユの曲を楽しそうに歌う「ギャル」が2人座っていました。歳は私の1つ上で先輩の小学生時代からの友人で隣町の中学に通っている子だと紹介されました。

異性の、ましてや年上の女性とカラオケなんて聞いていないと先輩に言いましたが「何事も経験だ」と先輩は言いました。

今でも思い出しては随分ませた中学生だったなと思います。

ギャルは2人とも見た目とは裏腹にとても気を使ってくれる優しい女性でした。

緊張を解すためにテレビの話や先輩の話をしてくれました。

カラオケという空間は誰かが歌っていると、会話する為には顔を近づける必要があり、隣に座るギャルと手が触れたり、シャンプーの匂いを感じては興奮していました。

すでにこの時点でハニートラップにかかっていました。

 

カラオケが終わると先輩はギャルの1人を送る、お前も1人送って行けと言いました。

2人で帰るのは流石に厳しい、何を話したらいいのだと思いましたが、カラオケでの興奮が収まっていない私はすぐに快諾、ギャルも満更ではない顔だったので2人で帰ることにしました。

私は帰り道に何を話そうかと頭をフル回転させますが上手く言葉が出ません。

そんな私の話をギャルは笑って聞いてくれました。

30分程度でギャルの家に到着、私は寂しさを押し殺し、今日のお礼を告げ、その場を後にしようとした時、「今日親いないんだよね。よかったら話の続きを私の部屋でしよう」とギャルから提案されました。

こんな展開あるのか?と私は思いました。よく親父が読んでいるエロ漫画で見たことある展開が今まさに自分の身に起きている。

顔は可愛いと言えないが優しく話を聞いてくれるギャル、これはまたと無いビックチャンスなのではないのか?色々な妄想を一瞬で頭に描き、出来るだけ落ち着いた声で「じゃちょっとだけ」と言い家に上がることにしました。

部屋に入るとビックリしました。ギャルの見た目とは違い綺麗で整頓された部屋でした。

ギャルがジュースとお菓子を台所から持ってきてくれましたが全く喉を通りません。

それどころでは無いからです。

このまま童貞をなくすのか?思い描いた卒業ではないがいいのか?これは本当にチャンスなのか?もしかしてドッキリではないのか?様々な思いが交錯して困惑している私にギャルから質問がありました。

「部屋暗くして良い?」この瞬間私の理性のブレーカーが落ちました。

 

ギャルにそっと近づき、抱きしめると彼女も抱き返してくれました。

この時点で既に私の臨界点は近づいていましたがここで問題が発生しました。

この後の展開をどうしたらいいのか全くわからないのです。

先輩の話を思い出そうにも思い出せない、エロ漫画もこの後の展開は描いてない、AVもいつもこの場面は早送りしているためわからない。

どうする?このままここで終わりか?その時女神が舞い降りました。

「初めてなんでしょ?私に任せて」ギャルはその後全てをリードしてくれました。

始まりから終わりまで終始気を使いながらも時に激しく、時に優しくリードしてくれました。

無事卒業を果たした私は流石に泊ることはできないと言い、また会う約束をした後家路に着きました。

 

後日先輩にこの話をすると先輩は言いました。「あの子凄いよな!俺も世話になったけど同い年とは思えないよ!」

私と先輩は先輩後輩の間柄から兄弟へと昇格しました。

今にして思うと非常にスリリングな初体験でした。

予期せぬ出来事ですからもちろん避妊具は無いですし、そこまで遊んでる女性なら下手をすると病気を持っていたかもしれない。

しかしおかげさまでその後は苦労する事無く経験値を積むことが出来ました。

先輩、改め兄貴に感謝です。

-中学生(JC)初体験・初えっち
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

母の再婚相手の中学生娘に勃起チンコを見せて発情セックス

離婚した母親の再婚相手には同年代の娘がいた 私の両親は自身が中学二年生の時に離婚し、一人っ子だった私は母親に引き取られました。 母親は翌年再婚し、私は新しく父親になる男性とその子供とも一緒に暮らすこと …

初恋の子と神社で初体験えっちで中出しした話

俺の初体験は中2の夏。 田舎だったので、帰り道には田んぼか駄菓子屋さん、あとは民家ばかりのところだった。 きっと都会なら、いろんな遊ぶ場所があるのだろうが、田舎は本当になにもなくて、スタスタと40分歩 …

中学生で童貞の僕はゴム装着で発射。先輩と生中だし

今から10年前、私は14歳でした! 野球部に所属していて毎日遅くまで練習をしていた。 当時私には付き合って半年になる彼女がいた。 彼女は一つ年上。 私がいつものように部活を終え、帰ろうとしていると、校 …

幼馴染の大学生のお姉ちゃんとえっちした

『受験勉強を見てもらうようになった』 隣に住む5歳年上の絵美里お姉ちゃんは僕の幼なじみで、母が言うには僕が赤ちゃんの頃から絵美里お姉ちゃんは僕を弟のように面倒を見てくれていたようです。 小学生の頃はお …

中3男子が女子大生に筆下ろししてもらい中出しした話

もう10年以上前の話です。 当時中3だった僕は、夏休みも終わりつつある時期のある日に、近所に住む同級生の友人の家に遊びに行きました。 友人とは小さいころからの付き合いで、お互いの家族もよく知っていまし …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。