えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

玩具を使った初めてのオナニーは慎重に選ぶべき

投稿日:

自慰行為をする時に、指では物足りなく感じてきて、思いきって玩具を使ってみようと思いました。

ですが、玩具を使うのはかなり勇気がいる事で、購入するまでにいろいろと悩みました。

指では物足りなく、到達できない日々が続きました。

そこで、より強い刺激を求めて購入する事にしたのです。

購入した後も、使いこなすまでには時間がかかりました。

そこで、私の体験を元に、失敗しない玩具購入方法、使用方法をご紹介したいと思います。

 

1.どんな玩具だと初心者向けなのか

いきなり、バイブやディルドなどを使うのは、初心者にはかなりハードルが高いです。

こういった玩具を使用する為には、段階的に体を慣らしていく必要があります。

まず最初におすすめなのは、ローターです。

ローターて手軽に購入する事が出来ますし、いきなりハードな刺激ではなく、緩やかに快楽を高めていくタイプなので、初めて道具で自慰行為をするという人にはおすすめです。

乳首や膣の入り口などに押し当てて、指とは違う振動を感じましょう。

そして、初めて玩具を購入する時には、自宅への配送は避けましょう。

一人暮らしならまだしも、家族と暮らしているという場合には、誰が受けとるのか、ドキドキしてしまいます。

メーカーの方も、分からないように工夫してくれていますが、それでも中を開けられるかもしれないという緊張感は拭えません。

私の場合も、父が間違って受け取ってしまい、中を開けられそうになり、かなり焦りました。

近所のコンビニなどで受け取れるようにしておくと、精神的にも安心です。

 

2.バイブ

男性の性器を思わせる形をした、この玩具は、膣の入り口や中に挿入して楽しむ物です。

私が最初に購入した玩具がバイブでした。

私は、最初にバイブの大きさを考えずに購入してしまい、挿入する時に、その大きさから入り口を傷つけてしまいました。

まずは細いタイプから使用してみるのがお勧めです。

出来るだけリラックスして、振動出来るタイプでも、慣れるまでは振動は避けた方が良いでしょう。

慣れない内から振動させると、その刺激に体がついてきいませんでした。

そして、先端の突起に特徴があるものは挿入する時に引っ掛かったりするので、用心が必要です。

大切なのは、自分の膣に合ったサイズや動きを考えてから購入する事がおすすめです。

 

3.アナル用グッズ

膣とアナルを同時に刺激する事は、かなり快楽を強く感じる事が出来るようになります。

ですが、初めてのアナル用グッズを使用する時には、その選び方にも注意が必要です。

いきなり中に挿入するのは、未経験者には辛いとしか思えません。

ですが、これは当然なのです。

女性は男性と違い、前立腺がある訳ではないのです。

アナルの内部だけで快楽を得るという事は、かなり難しいです。

女性が気持ち良さを感じるのは、膣の近くを刺激されるからなのです。

つまり、膣の刺激が足りないと、快楽を感じる事は難しいです。

でも、諦めるのは早いです。

アナルへの刺激も、慣れれば快楽へと変わります。

まずはアナルの表面をゆっくり振動させてみましょう。

その時には、膣も同時に刺激する事をおすすめします。

その時には、ローターを使って刺激をする事がおすすめです。

普通なら感じられない刺激を感じる事が出来ます。

 

・注意点

そして、玩具を使用した後も注意が必要です。

使用した後の玩具は、衛生上の管理も大切です。

私は最初の頃に、使用後には除菌ティッシュで拭き取るようにしていました。

長時間使用した訳ではないし、使用する前にシャワーをきちんと浴びたので、平気だと思っていたんです。

ですが、やはりダメだったみたいで、もう一度使用した時には、しばらくすると強烈な痒みがありました。

初めて玩具を使った後には、しっかり石鹸で洗う事をおすすめします。

中には専用の洗浄剤がついたものもありますから、購入する時には、そういった事を考慮してから購入するのもおすすめです。

 

初めて玩具を使って自慰行為をした時には、あまりの刺激の強さから、気持ち良いと言う感覚よりも、辛いという感覚が強かったんです。

でも、それは私が勉強不足で、ちゃんと自分に合った玩具を選べなかった事に原因がありました。

初めて玩具を使用する時には、出来るだけ自分の体型なども考慮すると良いでしょう。

そして、段階的に強力なタイプへと移行する事がおすすめです。

早く気持ち良くなりたいという思いから、いきなり刺激が強いタイプの玩具を選ぶ人もいますが、それだとかなり刺激が強すぎて、自慰行為に対するトラウマへと発展しかねません。

私も、最初の玩具では良い体験とは言えず、しばらくは自慰行為そのものに対して拒否反応を起こす事もありました。

ですが、なぜ気持ち良さを感じられなかったのか、その原因が分かった時には、解決策も分かりました。

女性は、時として自慰行為では、なかなか達成出来ないという時があります。

その時には、玩具を使って自慰行為を行う事も大切です。

-初めてのオナニー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

彼氏に喜んでもらうために性器の開発をした

『自慰行為のきっかけ』 私は、性に対して幼い頃から興味があった。 小学生の時、都会から一人の女の子が引っ越してきて、その子が性の事に対してたくさん知識があって、田舎住みの私達に色々と知識を教えてくれ、 …

no image

母親の脱ぎたてパンティが一番興奮するオカズだった

〔母親の魅力〕 誰でも一番身近で女性を意識するのは母親ではないですか。 私は母親を1人の女性として意識したのは、中学生の時かな。 同級生に可愛いなあと思える子もいましたが、女性を意識するまでにはいかな …

no image

何も知らずにオナニーをしていた幼稚園児時代

初めての自慰の記憶 記憶にある限り、私が初めて自慰らしきものをしたのは、幼稚園の頃です。 その場所は、今思うと驚きなのですが、自宅のベランダでした。 今は壊れてしまったその場所は、当時は洗濯物干しに使 …

no image

異常な性癖への道。小学生の頃に出会った悪魔っ娘

『遊びに満ちていた、懐かしきあの頃』 遊戯王カードは私が小学生だった頃から人気でした。 もちろん勉強には関係の無いゲームのカードを学校に持ち込んで教師に見つかれば、すぐさま没収となり返してはもらえませ …

no image

女の子の自慰行為の始まりはちょっとしたきっかけで始まる

⚫︎小さい時から性感帯はある 自慰行為を始める年齢は人それぞれですが、かなり早い小学校低学年などから始める子もいることを考えれば、股間を触ったり、胸を撫でたりして気持ちいいと感じる部分は …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。