えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

小学生の時び痴漢されて陰部を触られたのをきっかけに

投稿日:

「きっかけは恐怖体験から」

私の父はもう定年しましたが国家公務員でした。

父の仕事の関係で約3年に1度は引っ越し。

そのたびに学校も変わり、幼稚園・小学校・中学校は2校ずつ通いました。

大規模な団地にいつも暮らしていて、両親は共働き。

いわゆる「鍵っ子」でした。

 

私が小学校2年生のある日、帰りの会で担任の先生から「変なおじさん」が目撃されているから気をつけて帰るように指示がありました。

集団下校できるのが団地っ子の強み。

私はいつも登下校や遊びを共にする団地も学校も同じ友達が3人いました。

いつも4人で仲良く遊んでいたので、その日も一緒に帰りました。

しかしながら、数十棟からなる団地群。

私の団地は一番学校に近いため、団地の敷地に入った私はいつも最初に帰宅していました。

 

その日も普通に友達と別れて自分の棟に向かうと、階段の入口に黒のロングコートに帽子という長身の男性がこちらに背を向けて立っていました。

私は一瞬怖いなと思いましたが、そこを通らないと階段を上がれない為、意を決して「失礼しまーす」と言い、その男の人の横をすり抜けて階段を上がろうとしました。

数段上がった時、スカートを履いていた私に何かが触れる感触がありました。

振り向くとその男性が片手で私のスカートに手を入れてブルマの上から私の陰部を触っていました。

私は何が起こっているのか分からず、階段を上がりかけた態勢のまま硬直してしまいました。

よく見ると男性は私に触れていないもう一方の手で、自分のズボンのチャックをあけて陰部に触れていました。

小学校低学年では、性行為に関する知識は全くなく、父の陰部を見たり触ったりしたことはありますが、男性が何をしたがっているのか私には分かりませんでした。

しばらく私はじーっとしていると、男性は私に触れる手と自分の陰部をさする手を速めていき、呼吸を荒げると階段に白い液体を出しました。

私はそれを見たのは初めてでしたので、牛乳かな?と思いました。男性は牛乳を沢山飲むとおしっこに牛乳が出るんだと思っていました。

男性はふーっと息を吐くと、「良い子だね」と言い私の頭を撫でると陰部をしまってチャックをあげ去っていきました。

私は金縛りが解けたかのように一目散に家に向かって駆け上がりました。

その日はあまり記憶がなく、イケないことをされてしまったんだという事だけ理解し、家族のだれにも言えず布団に入って震えていました。

 

「気づいたら自分で触れていた」

いつから始まったのかは分かりませんが、先程の出来事のあと部屋で勉強をしているときなどに、気づいたらブルマの上から陰部をいじるようになっていました。

これが何かは分かりませんでしたが、きつめのブルマの圧迫感が程よく、陰部の上から強めに押すと気持ちよさが込み上げてくるのを感じました。

強すぎるとブルマの反発で手がはじかれ、何も感じなくなるので、また強めに触れるというのを繰り返すと、頭がぼーっとして気持ちよくなる事だけは分かりました。

気づくと、母が私と姉が眠ったかどうかを確認しに来た後に、お布団でうつぶせになり、下着の中に手を入れて直接いじるようになっていました。

母は当時銀行員。

父は国家公務員というお堅い家系で、ドラマなどでキスシーンが出ただけでもチャンネルを変えるような母でした。

その上、引っ越しが多く周りにこういった話を聞けるような大人がいなかったことから、私はイケないこととは思いながらもやめることはできませんでした。

 

「バレる」

ある日、いつものように下着に手を入れて絶頂を迎えた私は、普段は指と陰部をティッシュで拭き取り眠るのですが、そのまま眠ってしまいました。

いつものように母が起こしに来ると「あんた何やってるの!」と怒鳴り声。

慌てて目を覚ますと、寝相の悪い私は仰向けになっており、はだけた布団から下着に手を入れて寝ているのを見られていました。

「そんなところに手を入れるんじゃない!汚いからしっかり手を洗いなさい!」と母は怒鳴ると、子供部屋のドアをバタンと閉めて去っていきました。

気まずさと怒られるのかなといううんざり感からそーっと食卓につくと、まるでその話には触れたくないかのように母はその件については一切触れませんでした。

 

この一件から私は、家ではほとんどしなくなりました。

その代りに、学校の授業中や休み時間のトイレで、ブルマの上からするようになりました。

私は少しずり下がったように座りながら、スカートの下から手を入れると先生から見えるので、ウェストから手を入れてブルマの上からいじるようになりました。

先生にはバレていない自信はありましたし、さほど悪い事とも思ってはいませんでした。

 

ある日の放課後、気の強い女子のグループのリーダーの子が、普段は私をバカにしたりして、話しかけてくるようなことはなかったのに、帰ろうとする私のそばに寄ってきて話しかけてきました。

「ねぇ、おちんちん触って気持ちいいの?」と。

その言葉を聞いた時、また硬直をしてしまいましたが、「何のこと?」というのが精いっぱいで走って帰宅したのを今でもはっきりと覚えています。

中学2年生を過ぎたあたりからその辺の知識が増えたことは覚えていますが、今から思うと恥ずかしい体験でしたね。

-初めてのオナニー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

中学生の処女でオナニーをするのは恥ずかしいことじゃない

まだセックスしたことがないのに、と思っているあなた 多くの中学校は、近隣の小学校2校が1つの中学に行くという流れだと思いますが、今まで自分の周りにいた友達からかなり輪が広がり、入ってくる情報も一気に広 …

no image

遅漏にならないために初めてのオナニーは正しい知識を持とう

一般的に、異性の体など性的な事に興味を覚え始めるのは小学校高学年から中学生などいわゆる思春期と呼ばれる時期になります。 なのでこの時期に自慰行為を覚える事も多いのですが、初めての自慰行為の際にはいくつ …

no image

早熟な私の初めてのオナニーは小学校3年生くらいの時

現在は普通の大学生ですが自傷行為を意識していたのはかなりい早かったと思います。 小学生3.4年生の時にはこたつの中でコタツの足に股間を押し付けたり、布団を足ではさんでお股をグイグイ擦りつけたり、気が付 …

no image

初めての自慰行為をした時はワクワクと緊張が入り混じった青春

【自慰行為を知ったのは高校生】 私が自慰行為を知ったのは中学3年生の頃でした。 当時はラジオ番組が好きだったのでバラエティのラジオ番組を聞いていたのですが、そこでお笑い芸人が「昨日自慰行為をしてたな~ …

no image

オナニーへの罪悪感。敏感なお年頃の私は快感を知った

・敏感なお年頃 興味はとてもあったけど、どうするかも分からなかったし、なんだかすごくいけない事をするような気がして、躊躇いがあったんです。 でも、かなり早熟な友人が初めてしてみたと言ったので驚きました …