えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

アナル

苦痛感を超えた先には絶頂が待つアナルセックス。

投稿日:

○アナルセックスを初めて経験した日の思い出。

私はアナルセックスを初めて経験したのは23歳の頃でした。

当時は彼氏もいましたが、彼氏は年下だったので、セックスのリードも下手くそで、彼とのセックスには愛情は感じていましたが、快感を得る事はまずなかったので、物足りなさを感じていました。

彼氏とは別にセックスフレンドと作ろうと思えたのは、彼氏とのセックスに満足できなかったからです。

セックスフレンドになる相手は正直な話し、清潔感がある男性ならば、どんな相手でも良いと思っていたのです。

 

当時私は正規雇用社員ではなくて、昼間はネイルサロンでバイトして、夜は週に3で夜職についていました。

夜職と言っても、いわいるキャバクラとかガールズバーではなくて、知人の紹介のスナックで働いていました。

彼氏は飲料メーカーのサラリーマンでしたが、新入社員という事もあり、お給料自体は私の方が稼いでいたので、デート代はほとんど私が出していました。

なので、夜職をする事に最初は難色を示していましたが、段々と文句は言えない形でした。

そして、私のセックスフレンドはスナックの常連さんでした。

常連さんに彼氏との性生活の悩みを話したところ、「俺が満足させてあげるよ」と言う軽いノリで、関係を持ちました。

常連さんは独身ですが×1です。

年齢は44歳で、清潔感はありますが、土建関係の仕事をしているので、一見怖そうに見えるイケイケの男性でした。

 

○見ため通りにイケイケのセックスをするセックスフレンド。

彼氏とのセックスは相変わらず単調で、キスして、愛撫して、挿入して、すぐに彼氏は果てると言うパワーンでしたので、セックスフレンドのTちゃんと会う時を楽しみにしていました。

最初にセックスをした晩は、私はスナックのバイトの日で、上がりの時に迎えに来てくれて、二人で飲み歩いた後にTちゃんのマンションへ行ってセックスをしました。

散々酒が入っても、なえることもなく、終始責めのセックスをしてくれて、最高だと感じました。
最後は私を上に乗せて、下から腰をガンガン振ってくれて、上に乗ったままいかしてくれました。

女性上位でするセックスも久々でしたし、上でいく経験は始めでしたので、虜になりました。

 

次の日は二人とも休みでしたので、朝からセックスをしました。

Tちゃんが気に入っているアダルト作品を見ながら、同じ感じでセックスしたり、シックスナインをしたり、彼氏とは普段しないようなセックスをしまくりました。

このままTちゃんに乗り換えようかなと?と思える程でしたは、Tちゃんというセックスフレンドがいるから、彼氏との付き合いが逆に安定して、ノーマルな淡白セックスも悪くないと、思える様になったので、私はそのスタイルをキープする事を決めました。

なんせTちゃんが私に彼氏がいる事を知っての関係なのでとても楽でした。

 

○突然のアナルセックスに最初は戸惑う。

その日は珍しくお酒抜きでTちゃんとセックスをしていると、バックの体位の時に、一度抜くと、アナルに入れてこようとしたのです。

ちょっと嫌だったので、軽く抵抗すると、いいからいいからと言って、私の愛液でヌルヌルになっているから、アナルも簡単に入るからと言われて、そのままアナルに挿入をされました。

勿論、最初は圧迫感があり、何とかアナルに挿入が出来た後も、下腹が圧迫されている感じがしましたが、アナルの中でTちゃんはいきました。

その時の苦痛な感じはなかなか馴染めず、セックスのたびにアナルを求めらえますが、なかなか乗り気ににはなれずにいました。

しかし、人間って不思議だなと思ったのは、アナルセックスが一連の作業の中の一つだと思うと、アナルセックスをしない日は物足りないとさえ感じたのです。

そして段々と苦痛感を超えた先にある、快楽みたいなことが体が覚えていったのです。

口では言い表すことが難しいのですが、自分からアナルを求めるようにさえなったのです。

 

○日常的なアナルセックス。

私の中でTちゃんとは通常のセックスをする事と、フィニュシュでアナルセックスをする事は流れとなりました。

時にアナルにはバイブを入れてたりもされましたが、完全にアナルに快楽を覚えてしまった私が一番好きなプレイは、膣にミニサイズのローターを刺されたまま、Tちゃんにアナルプレイをされるのが一番好きなセックスの体位になりました。

バックでされていると、まるで、本当に自分が調教を受けている動物のような感覚に陥るのです。

すると、物凄く性欲が高まり、次第に気持ちが良くなるので、その瞬間に自分がメスである事と、完全なるM気質があると知るのです。

Tちゃんといる時には完全にセックスをリードしてもらい、また彼氏といる時は別人のいつもの私に戻り、彼氏はノーマルのセックスをしました。

でも、それはそれでとても満たされていたように感じています。

現在は彼氏とも別れて、Tちゃんも再婚した為、セックスフレンド関係を解消したので、こんな話しをしていたら、久々に誰かとアナルセックスをしたくなりました。

-アナル
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

叔父の玩具になりアナル拡張飼育。行き場がない私

父と母を交通事故で一度に亡くして東京に住む叔父の家に引き取られたのは私がまだ小学4年生の時でした。 父の弟だということでしたが、それまで一度も会ったことがありませんでした。 「いい人だから」と親戚の人 …

no image

友人に「浣腸」されたことを忘れられず一人アナルで自慰

アナルへの興味を持ったのは友達によるふざけた「浣腸」行為 昔から手を合わせて指で後ろからいきなり「浣腸!」と言われて肛門を刺してくる人、いましたよね。 いや、そういう真似をしている人は小学校にいたりし …

no image

エスカレートするアナルの快感は簡単には止められない

初アナルは女性相手の風俗店 僕の初めてのアナル体験は風俗でのこと、性感エステ店でのオプションでアナルファックをしたのが最初でした。 今だから思うんですが正直なところそんなに感激はなかったですね。 入っ …

no image

幼児時代のアナルへの恐怖と成人後の変態心、慣れれば快感

最も早い「アナル」の経験は幼児時代のとき 元々性的な意味で「アナル」には興味が薄かった私ですが、今は少しずつそちらの方の穴でも気持ち良くなることを覚えてきたところです。 きっかけは便秘を治そうとしてい …

no image

初めてのアナルは彼氏からの強要!その後は良さを知る私

私がはじめてアナルセックスを経験したのは28歳の時でした。 当時の彼氏は既婚者の41歳の男性でした。 彼とは社内不倫を密かにしていて、どちらかと言うと私は彼を好きで憧れていたので、彼とのお付き合いは彼 …