えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

オナニーバレ

幼児時代と大学生時代、オナニー行為がバレた恥ずかしい経験

投稿日:

オナニーがバレた最初の経験は幼児のとき

自慰行為は赤ちゃんでもするとよく育児本にも書いてあるそうですが、私も正にそうでした。

「自慰」や「オナニー」、「マスターベーション」などといった言葉を知るのは小学校高学年以降になるのですが、実現していたのは3、4歳のときからでした、どんなに遅くても。

そして小さいながらも何だか後ろめたいことをしているような自覚があり、親や周りの人には見せてはいけないようなことだと何となく分かっていました。

なのでなるべく人に見られていないところでやっていたのですが、それでも何度かバレています。

親から友達、ルームメイトなど、バレた相手は様々ですがどれもとてつもなく恥ずかしい経験でした。

 

一番最初にバレたのはやはり親でしたね。

3、4歳のとき、膝上ぐらいの丈のデニムの生地のスカートを履かされていたのですが、ストレッチ素材ではないデニムだったので脚をある程度までしか開けないような感じの、ちょっとしたタイトスカートみたいな感じでした。

その下はもちろんパンツだけです。

何となくソファのアームレストの部分に寄りかかって半分腹ばいのような感じなり、身体を上下に動かしていました。

両脚は開いたり閉じたりの繰り返しで、ある程度まで開くとデニムのスカートに止められる感じでそれ以上は開かなくなるのでした。

その独特な感覚がたまらなく好きで、何度も脚をパカパカ開けたり閉めたりしながらソファのアームレストの上で大事な部分を上下させているうちに、いずれ気持ち良くなる瞬間が来るのでした。

その瞬間が待ち遠しくて何度もやっていたのですが、その気持ち良い瞬間が訪れるほんの少し前ぐらいに母親がリビングに入ってきて私のその光景を目撃してしまいました。

 

そのときは一瞬でやめたのですが、やはり幼児の私は動きがまだそこまで機敏ではなく、その行為をしているところを見られてしまったようです。

それを見た母親は「何やってるの?!」と言ってきました。

定番の反応でしょうね。

本当は子どもの自慰行為にそういう反応は良くないと育児本にも書いてありますが。

とっさに自分の口から出てきた言葉は「スカートがしかしかして痒いからソファでかいていたの」でした。

今考えるとその言葉を母親はそのまま信じたのかは分かりませんが、それ以降そのデニムのスカートを履かせてもらえることがありませんでした。

きっと母親も薄々と自慰行為と関係あると分かっていたのでしょうね。

今考えるとある意味腹立たしい反応と処理の仕方だと思います。

 

成人してからは大学のルームメイトのオナニーがバレ

子どものときに親にオナニー行為がバレたことはとても恥ずかしかったのですが、大人になってから身内でない人、それも年が近い同性にバレるのもまた違う恥ずかしさを感じさせるような経験です。

いくら子どもの頃や思春期の頃などに何人かにオナニー行為を間違って見られてしまって恥ずかしい嫌な思いをしてきても、やはり懲りずオナニーはしてしまうのですよね。

そして何度か運悪く目撃されてしまうのです。

 

大人になってからは二回ぐらい身内以外の人にオナニー行為を目撃されてしまいましたが、最も恥ずかしかったのが大学二年生のときに海外に留学していたときでした。

二人部屋の寮に一年間住んでいたのですが、ルームメイトが一つしか年が違わない韓国人の女子学生で、とてもまじめな感じの人ながらも彼氏は同じ大学にいました。

そう、彼女は私と違って現地で彼氏ができたのです。

ある意味羨ましかったです。

 

私はある日、ルームメイトが授業のために外出していたときに、リスクはあるけど授業は一時間以上続くはずだからオナニーしても大丈夫だろうと思い、自分のベッドのマットレスの角の部分で、小さい頃やっていたようなやり方のオナニーをしていました。

と、そのとき、それもまたまた気持ち良くなる瞬間が来る直前のタイミングでドアが開き、ルームメイトが戻ってきました。

忘れ物をとりに戻ってきたのか授業が休講になったのかは分かりませんが、ベッドの上に腹ばいになっている私を見た瞬間気まずそうな顔をして出て行きました。

その瞬間顔から火が出るような恥ずかしさに襲われ、ルームメイトを変えてもらいたいとさえ思ってしまいました。

ルームメイトが部屋に再び戻ってきたときに私がいるままだったら気まずさが増すだろうと思い、私は5分以内に本とパソコンを持って学校の図書館に行って勉強しました。

何となく夜まで外で時間をつぶし、夜部屋に戻った後にはシャワーを浴びて寝るだけでした。

 

二人部屋の寮でしかもベッドや机も隣り合わせに置いてあるのはある意味最悪ですね。

プライバシーは全くありません。

でも正直な話、そのプライバシーがない環境でリスクを冒しながらもオナニーをしていた私はある意味凄いなとも思いました。

ちょっとしたスリルですね。

でも運悪く失敗で終わりましたが。

 

今はさすがに一人暮らしで自分だけの部屋や空間に住んでいるので、職場や外でオナニーでもしない限りバレることはないと思います。

-オナニーバレ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

多感な年ごろ。オナニー中にドアをいきなり開ける母親

・初めて与えられた自分の部屋 中学生になるまでは、自分の部屋という物がありませんでした。 一軒家ではなく、マンションでしたからね。 部屋数はそこまで多くなかったですし、そもそも私としても自分の部屋が欲 …

no image

リビングで全裸オナニーに興じていたときに帰宅した母とSEX

僕の両親は僕が小学生のときに離婚しました。 以来、僕は母に引き取られて育てられました。 母はタクシーの運転手をしながら、僕を大学にまで行かせてくれました。 女手ひとつで僕を育ててきた母は、男社会の中で …

no image

血の繋がってない兄にオナニーを見られていた体験談

【血の繋がらない兄との同居】 私は23歳の事務員です。 私の母は離婚後、新しい男性と結婚をしました。 男性にも子供が1人いて今は4人で暮らしています。 男性の子供は私より2歳上の男性です。 &nbsp …

no image

中学生の頃に家族全員(姉、母、父)に自慰行為を見られた経験談

【母親は昔から知っていた】 中学生になった頃からよく自慰をしていたので、エロ本を見ながらとかアダルトDVDを見ながらとか、一般の男性と同じように自慰行為をしていました。 ティッシュの量からして、母親は …

no image

トイレでオナニー中に母親が強制的に鍵を開けて修羅場

「中学3年生という最もムラムラしやすい時期に」 僕が中学3年生のときの話です。 僕がオナニーを覚えたのは中学1年生のときでした。 部活の先輩にやり方を教えてもらい、そこからオナニーが気持ち良くて仕方が …