えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

オナニーバレ

親に自慰行為が見つかる!恥ずかしい記憶を振り返る

投稿日:2018年2月25日 更新日:

「自慰について」

人に一番みられたくない姿は、色々ありますがなかでも自慰行為をしている姿など誰にもみられたくありません。

なかでも家族、特に親には見られたら一生のトラウマになりかねません。

 

「見つかるパターン」

思春期は、家族と一緒に住むのが普通です。

もちろん自分の部屋が与えられているのですが、鍵などはありませんからリスクはあります。

プライバシーがあるようでないようなものですから。

親が、いきなり入ってくる!経験をした人も多いでしょう。

見つかってしまう!場合はそのパターンがほとんどです。

 

「自慰の仕方」

自分でする場合は、夜が一番多いと思います。

まずバレることはありません。

しかしティッシュなどの処理には注意が必要です。

友人は、お風呂ですると言っていました。

そのまま流してしまえば良いのですから安全といえば安全な方法です。

トイレですると言っていた猛者もいました。

確かにバレるリスクは少ないです。

個室で鍵をかけてしまえば良いのですから。

 

「慣れは怖い」

最初のうちは、誰でも慎重にやります。

決して悪いことをしているわけでもないのですが、こっそりやるものですから。

しかし慣れというのは、怖いものです。

そのうち昼間からするようになります。

思春期は、ほぼ毎日しますから。

しかも複数回したりします。

慣れてくると親がいる時間帯でも平気でするようになります。

毎日のように。ティシュなども山盛りにしてゴミ箱にいれるように。

平気で。

統計によると三人に1人は自慰を親に見つかっているらしいですから。

慣れは怖いですね。

もしバレていない人がいたとしたらラッキーですね。

三人に1人にならなかったのですから。

もちろん親にはみつからなくても兄弟などに見つかるパターンもありますので。

これはこれで恥ずかしい。

別の意味でも。

 

「エロ本が見つかる!」

自慰が見つかる前にも一つ失敗してしまいます。

隠していたエロ本が見つかりました。

中二の時です。

学校に行っている間に部屋を掃除され見つかってしまったのです。

最初のうちは慎重に隠していたのですが。

毎日のことなのでタンスに隠すように。

親が綺麗好きだとバレてしまう傾向にあると思います。

思い出しても恥ずかしいです。

かなりネチネチ怒られました。

しかも結構ドギツイ!エロ本でしたから。

隣のお姉さんシリーズという女性がオナニーしている場面を集めたものでしたから。

よりによってこんなのが見つかるとは!と当時悔やんだのが記憶にあります。

また親がおしゃべりなので家族は、もちろん親戚までに言いふらされたのです。

忘れされたい過去の話しです。

その日からしばらくは警戒しましたが。

もちろんエロ本は、とりあげられました。

しばらくして別のエロ本を手にいれましたが。

 

「トラウマ」

だんだんと妄想でオナニーをする回数が増えてきました。

今考えると、エロ本が見つかったトラウマ?なのかもです。

それくらい恥ずかしかったのでしょう。

その後にAVなども見るようにはなりましたが。

何かを見ながらすることが少なくなっていきました。

それは大人になってからもです。

やはり思春期のトラウマ!によってそうなったのかと感じています。

「ついにバレた!」

そんなことがあり、自分が見つかった時は、日曜日の朝です。

朝からするの?と思うかもしれませんが朝立ちして、そのまましてしまうパターンです。

思春期は、やはり朝からビンビンですから。

なぜかうちの親は、足音を立てないで階段を上がってくる癖があり。

なぜ?なのか意味が分かりません。

その時も朝からシゴいていました。

布団の中でワサワサと。

何か気配が。

慌てて布団から出ると親が部屋を覗いていて。

何か一言二言言ってそそくさと出ていきました。

瞬間にバレた!と感じました。

ついに見られた!と恥ずかしいというか微妙な気分になってしまいました。

ブルーな気分です。

その日からしばらくはブルーな気分です。

なかなかの恥ずかしさです。

穴があったら入りたいみたいな。

 

「ショック」

うちの親のことだからバラされているはずです。

兄がいましたので後からからかわれてしまいました。

針のムシロ状態です。

親としては、認めたくないのでしょうが。

オナニーなんて必ずするものですから仕方ありません。

思春期のオナニーなんて怒っても仕方ない?と思いますから。

ショックは分かりますが。

結局バレたのその時だけです。

確かに顔から火が出るほど恥ずかしいですが。

何十年たった今でも恥ずかしいです。

しかし時が解決していきます。

思春期の恥ずかしい一ページとして今でも記憶に残っています。

 

「振り返って」

そのあとは見つかることもなかったです。

証拠を残さないように気をつけるようになりましたから。

学習したというか、させられたというか。

二回見つかったら馬鹿です。

あんな恥ずかしい思いはしたくないと誰もが思うでしょう。

二回見つかる人!はほとんどいないのではないでしょうか?

統計とったわけでもないので分かりませんが。

確かに女親であればショックなのかもしれません。

男親と女親では差があるのは当然でしょう。

確かに思春期に部屋でオナニーばかりは不健康ですから。

怒るのは当然かもしれませんが成長の証しとして生暖かく見守るしかないでしょう。

-オナニーバレ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

母親のスケスケパンティでオナニーをしている所を目撃された

私の青春時代の思い出といえば、やっぱりアレを置いて他にありません。 それはとてつもなく気まずく恥ずかしくも、その後のうれしい体験に結びつくことになったことです。 軽くもったいぶってしまいましたが、この …

no image

電動マッサージ機を使ったオナニー中に母親が登場した話

・私とマッサージ機の出会い 私と電動マッサージ機の出会いは、実に健全なものでした。 日頃からスポーツを楽しむ私は、ハードな練習の弊害で体のあちこちに痛みがくることが頻繁にあったのですが、そんな私を母が …

no image

リビングで全裸オナニーに興じていたときに帰宅した母とSEX

僕の両親は僕が小学生のときに離婚しました。 以来、僕は母に引き取られて育てられました。 母はタクシーの運転手をしながら、僕を大学にまで行かせてくれました。 女手ひとつで僕を育ててきた母は、男社会の中で …

no image

変態的なオナニーライフを楽しむ私にオカンがキレた!

私は、オナニーが大好きです 私は、正真正銘のスケベです。 どういった意味でスケベなのかというと、とにかく一人エッチが楽しい。 快感を求めるのみならず、趣味として楽しむためにオナニーをしている。 あるメ …

no image

幼児時代と大学生時代、オナニー行為がバレた恥ずかしい経験

オナニーがバレた最初の経験は幼児のとき 自慰行為は赤ちゃんでもするとよく育児本にも書いてあるそうですが、私も正にそうでした。 「自慰」や「オナニー」、「マスターベーション」などといった言葉を知るのは小 …