えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

レズ・ゲイ・バイ

レズのプレイは男性とセックスするよりも激しく濃厚だった

投稿日:2018年9月18日 更新日:

□女性同士ってキレイだと思っていた印象とは真逆の濃厚なプレイ。

私は初体験を10代の終わりに男性を経験を済ました後は、何人かの男性と体の関係を持ちました。

当時がそれが当り前だと言う感覚があり、男性とセックスする事に喜びも感じはじめている時でもありました。

しかし、私の中でそれを覆す事が起きたのです。

 

その事が起きたのは22歳の頃で、恋愛にも将来に関することにでも悩みがあったので、毎日気持ちの中でもやもやするものがありました。

そんな中、私が仕事の帰りにたまに立ち寄っていた飲み屋さんがあったのですが、その飲み屋さんの常連さんとして来ていたお客さんと知り合いました。

その方は私よりも年齢が8つ年上だったので、私の中で彼女の事はお友達というよりも、頼りになるお姉さん的なイメージが強くて、飲み屋さんで愚痴を聞いてもらったりしているうちに、次第にプライベートでもお付き合いをする様になったのです。

最初は外でご飯を食べたり、お酒を飲んだりするだけの関係でしたが、いつも彼女といると安心感があって、まるで男性と一緒に居るかのように頼りがいもありました。

当時は別れを迷っている彼氏もいましたが、彼も彼女と会ったことがあるので、まさか私が後に、彼女と大人の関係を持っていくという事など、疑いもしていませんでした。

 

ある時から、彼女って男性的な感じはあるのかな?それとも完全に女性が好きな人なのかな?と思う様になりました。

その理由はお酒が入ると私へのボディタッチが凄かったり、ノリでキスをされた事も何度もありました。

 

次第に彼女との関係は濃密になり、私は彼女の家にも出入りする様になりました。

初めて泊めてもらった日には一緒にお風呂に入りました。

狭い浴槽の中に二人で入って、長い時間を語り合いました。

その時に彼女がレズであることを告げられたのです。

それと同時に告白もされて、彼女はたち(攻めタイプ)だという説明をされて、私は猫(受身側)だと教えらえました。

私の中で女性を好きになったり、体の関係を持ったことなど一度もありませんでしたが、彼女が言うに、私は実はレズのけがあると言われたのです。

 

何が何だか分からないまま、彼女の事は好きなので、その日に彼女の全てを受け入れたのです。

私の中のレズのイメージって、とてもソフトと言うのか、男性するような濃厚なセックスとは違うと思っていましたが、彼女が私にしてくれたものはソフトなプレイとはまるでかけ離れていて、私は彼氏とするセックスよりも体が喜んでいる事を彼女から愛されている最中に感じていました。

男性以上に繊細な舌で私の全身を嘗め回してくれると、指でクリトリスを開かせたと思ったら、彼女がベルトがついているタイプのバイブを装着すると、バイブを私の中に挿入して来たのです。

女性からこんな事をされているなんて、最初は信じられず、かなり興奮をしました。

 

私がイってしまったことも招致の上での、まだ私のアソコをクンニしてくれたのです。

膣がびくついていて、痙攣状態が続いたと思うと、彼女の顔に思い切り潮を吹いてしまったのです。

潮を吹かせてくれながらも、私にクンニをし続けるので、最終的には意識が朦朧としてしまうくらいでした。

「もう許してください」と彼女にお願いすると、彼女はとても満足そうに私の体を包みこみました。

レズのプレイって男性とのセックスよりも濃厚で、物凄いと言うことを体を持って体験しました。

 

□たちとねこのバランスの良さから一点して・・・

私は彼女と肉体関係を持ってからは、彼氏と会う事が苦痛となり、別れました。

半年くらいは彼女に夢中になり、休日前は彼女の家に泊りに行きました。

男性とのセックスとは違い、レズ同士のセックスは大変ハードで体力がいるので、休日前でないと体が持たないのです。

たちとして毎回私を攻めてくれる彼女でしたが、勿論私もベルト付きのバイブを装着して、彼女の全ても愛してあげました。

朝まで何度も体を重ねあいました。同性同士はどこが気持ちが良いかを熟知しているので、男性とのセックスよりはまればはるかに気持ちが良くなるので、私は彼女との体の関係のどんどん溺れていきました。

 

しかし、段々と彼女が他所で男性と話したり、交流があると嫉妬をする様になりました。

また同性の友人との付き合いはもっと嫌悪感を覚えているようでしたので、段々と私の外での交流は狭くなっていく分、彼女には深く愛されて、男性とセックスをしている以上の満足感を毎度与えてくれました。

 

□別れを告げたのは彼女の方から。

私は彼女に隠れて、男性と遊んだり、時にセックスをする事もあったのですが、そんな一途でない私の態度に限界を感じた彼女は私の元から去っていったのですが、彼女を失ってから、同性同士の体の関係が良かったかが身にしみて分かりました。

あの時に彼女と付き合っていなかったら、自分が女性も受け入れられる体質だと分からなかったと思います。

今は男性とばかりセックスをしていますが、また女性と体の関係を持ちたいと切に願っています。

-レズ・ゲイ・バイ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ノンケなのにAVのレズものにインスパイアされ友人とレズ行為

ノンケの私がレズのことについて初めて知ったとき もう成人している私ですが、小さい頃から間違いなく自分の恋愛対象は異性である男の子でしかありませんでした。 まあ正確に言うと憧れの先輩や先生がいたりして中 …

女子高、女子専門学校出身の私のレズ体験談

私は女子高を卒業し女子専門学校に行っていました。 そこでの話です。   ・レズに開花した? 私はレズだったわけではありません。 もちろん恋愛対象は男性だと自分でも思っていました。 しかしなが …

女子高でのスキンシップが過熱しちゃって

『私のスペック』 2年生。 学科が分かれており、進学に強い学科に在籍。 黒髪の三つ編みメガネをしていたが、先輩方や同級生に可愛いと言われていた。 コミュニケーション力はなく、話すだけでも精一杯で友達は …

初エッチは女の子同士で。どんどん快楽調教されて…。

・はじめての相手は女の子 私が高校生の時のことです。 年下の女の子に告白を受けました。 最初は戸惑いましたが、当時恋人を作った経験がなかったので、「まあいいか」くらいの軽いノリでOKしました。 彼女は …

処女の私に犯された有能女上司。夜は私が教育係

「教育係は有能上司」 新入社員の23歳だった頃、A子さんという方が私の教育係を務めていました。 A子さんは私より18歳も年上の41歳ですが、非常に綺麗で清楚な感じ。 皆の憧れ的存在でした。 性格はおと …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。