えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

M男の舐め犬と出会い満足した話

投稿日:2021年9月18日 更新日:

・マッチングアプリで知り合った彼

私がマッチングアプリに登録したのは、彼以外の人と遊んでみたかったからです。

彼は、セックスにはあんまり興味がないみたいで、月に1回。

まるで行事のようにセックスをするんです。

彼のことは嫌いじゃないけど、私はもっと求めてほしいんです。

そんな解消されない欲望から、私はマッチングアプリで好みの男性と遊ぼうと思ったんです。

そして、1人の男性と出会いました。

その人は、既婚者だそうで、私と同じように遊ぶ相手を探していました。

意気投合した私たちは、早速ホテルで待ち合わせをしたんです。

見た目は、優しそうな人で、なかなかの美形でした。

年齢は、私よりも6歳年上の34歳で、脱いだらかなりの筋肉質。

私は、期待に膨らむ胸を押さえて、まずはシャワーを浴びてくると言いました。

すると、男性は変なことを言うんです。

「シャワーは浴びないで」

なぜかと聞こうとしたのですが、なぜか聞くのを躊躇ってしまったんです。

 

・告白

促されるままベッドに座ると、男性は私のストッキングと下着を脱がしてきました。

そして、自分の性癖について話し出したんです。

「僕ね、スッゴいMなんだ。あなたは、すごく理想の女王様に似てるんだ。あ、挿入はしたくないんだ。僕のことは、舐め犬って呼んで命令して」

あまりにもすごいことをサラサラ言われて、私は唖然としました。

M?女王様に似てる?挿入はしない?舐め犬?もう、訳がわかりませんでした。

でも、舐め犬には興味があったんです。

これまでの彼氏でクンニしてくる人はいませんでしたし、リクエストするというのも恥ずかしかったです。

「舐めさせてください。女王様」

彼は私の足の指を一本一本舐めると、うっとりと囁きました。

チラッと見える舌。

あの舌に舐められたら、どんな気持ちがするのだろうと考えた瞬間。

私のアソコがキュンとしました。

期待が、止められませんでした。

「舐めて、ください」

私が言うと、彼は嬉しそうにニッコリ笑いました。

私は、これから未知の領域に自分から踏み込むことになると、ギュツと唇を噛み締めました。

帰るなら今しかないと思いながらも、私は自らスカートをたくしあげ、アソコを彼に見せました。

 

・ルール

彼には、いくつかのルールがありました。

まずは、敬語を使わないことです。

彼は、命令されると燃えるタイプらしく、私には上から目線で接してほしいといってきました。

正直、苦手だと思いました。

私は、彼にさえ強く言えないタイプなんです。

そんな私が命令なんてと思ったのですが、彼はぜひお願いしますと頼んできました。

そして、服は脱がないようにというのも彼のルールです。

彼は、クンニだけしたいらしくて、胸には興味がなく、スカートを捲ることにもかなり興奮するらしいのです。

私は、本当にそれで満たされるのかと不安になりました。

 

・新たな快感

「さっさと舐めなさいっ。あんたには舐めることしかできないんだからっ」

私は、命令することの楽しさを知りました。

私の言葉を聞いた彼は、まるで尻尾を振る犬のように喜び、そして私のスカートをめくり、ペロペロと舐め始めました。

「あっ、すごいつ」

高速に動く舌に、私は腰をくねらせました。

彼の舌は、まるで挿入された時と同じぐらいの快感が広がりました。

「あっ、もっと激しくしてっ、こののろまっ」

私が言えば、ますます彼は喜び舌を激しく動かしました。

驚くことに、彼は本当に舌だけで私を感じさせたんです。

舌は、まるで指のように様々な動きをしました。

ゆっくり動いてみたり、回転させてみたり、舌は生き物のように動きました。

「ああっ、ダメぇ」

ビクビクと身体を震わせて私がイクと、彼は私を四つん這いにして、後ろから更に舐めてきました。

「あっ、んっ、あっ、気持ちいい」

奥の奥まで入った舌は、豆の部分を集中的に舐めてきました。

もう、耐えられなくて、私はまたイッてしまいました。

「はぁ、すごい美味しいね。僕の好きな臭いだ」

彼は、私のアソコに唇を押し当てると、わざと音を立ててジュルジュルと吸いだしました。

私は、こんなにも気持ちいいことがあるのかと感じながら、何度もイッてしまったんです。

 

・オマケ

彼はかなり満足したようなのですが、私としては不完全燃焼でした。

確かに、何度もイッちゃいましたが、やっぱり最後までしないと気持ちよくないです。

すると、彼はオマケだと言って、私の中に挿入してくれました。

「これ、オマケね」

そう言って、乱暴に突き上げられ、私は声を上げ続けるしかありませんでした。

「ねぇ。また舐めさせてよ」

下半身だけ裸にされ、自分が放ったものでドロドロになったシーツの上で、まるで獣のようなことをしたと、今更ながら思いました。

その男性とは、それっきり会ってはいません。

連絡をとろうとしたら、携帯電話はすでに使われてなくて、マッチングアプリもやめたみたいです。

今でも、彼の舌の感触が忘れられなくて、私は次の舐め犬君を探しています。

-舐め犬・クンニ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

熟女を慰める舐め犬としての人生。体験談

■舐め犬としての僕の人生の始まり 「君には来月でやめてもらう」。 長年にわたって勤めていた会社から退職を勧告された僕は、たちまち路頭に迷ってしまいました。 いやはや、まさかこんなことになるなんてと、僕 …

舐め犬体験談。奥様に飼われ続けた僕

●エッチを通り越してお客様はド変態でした 僕は旅行代理店で働いている、しがないサラリーマンです。 ある日、僕にとっては一番の得意先の社長に誘われて、パーティーに参加しました。 そのパーティーには社長の …

SNSで人気の舐め犬さんに会ってみたら我慢できずにSEX

舐め犬さんの存在を知ったのは今から2年前くらいのことでした。 私のSNSにコメントをくれた男性のSNSを覗いたら、なにやら興味深い内容だったので、それからは一気にその方のSNS内の日記に釘付けになりま …

彼氏を「舐め犬」にして、クンニしてもらう方法

・「舐め犬」に対する抵抗感 自分の彼氏が舐め犬だったらと、思わず思ってしまう女性は多いと思います。 ですが、自分の彼氏に「舐め犬」になってと言えるのかと言われれば、答えはノーだと思います。 まず、交際 …

純情な彼氏を舐め犬に調教したまでの記録

・彼への不満 初めて交際した彼氏が、ものすごい舐め犬で、私はその魅力にすっかりはまってしまいました。 正直、セックスはしなくていいから、舐めてほしいんです。 25歳のときに、20歳の彼ができたのですが …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。