えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

逆ナンパから舐め犬にされた童貞の頃の体験談

投稿日:2018年7月5日 更新日:

■ショッピングモールで逆ナンパされ

まだ女性経験がなく、AVや雑誌でしかエッチの知識がなかった頃、ショッピングモールで逆ナンパされました。

友達とゲームセンターで待ち合わせ、ボーリング場やカラオケで遊ぶ約束だったのですが、友だちが来なかったのです。

仕方なく、待ち合わせ場所のゲームセンターで遊んでいました。

僕は、友だちが来る前にあんまりお金を使いたくないと思い、たくさんの人で遊ぶゲームを、メダルを少しずつ使って遊んでいました。

その時に、「これ、どうやってやるの?メダルおごってあげるから、遊び方教えてくれない?」と声をかけられました。

20代半ばから後半ぐらい見える女の人でした。

綺麗な人で、僕はドキドキしたのですが、そしらぬふりをしてゲームの仕方を教えました。

そのゲームの座席はふたりで座れるように横に長い椅子だったのですが、お姉さんは僕の横に座り、僕の説明をフンフンときいて、ゲームをしました。

その時に、体が触れたり、勝つとお姉さんが「やった、すごいね」なんて言いながら僕にボディタッチしてくるので、そのたびに僕はドキドキしてしまいました。

しばらくすると、お姉さんが「ねえ、他のことして遊ばない?」と言ってきました。

僕はドキドキしていましたが、冷静を装ってうなずきました。

 

■駐車場でパンツを下ろされ

お姉さんは車で来ていて、ショッピングモールのエレベーターに乗って、駐車場に連れて行かれました。

車は駐車場の隅の目立たないところに置かれていました。

車に乗る時に、助手席ではなく後部座席のドアを開けられました。「後ろに乗れという意味かな」と思い、そのまま後ろに乗ったのですが、姉さんも後ろに乗ってきたので驚きました。

そして、車のドアの鍵をかけられました。

「ねえ、こんな所までついてきて、期待してるんでしょう。」

お姉さんにそういわれました。

僕はとぼけましたが、お姉さんは追い打ちをかけるように、いってきました。

「ズボンの前、膨らんでるわよ」

「僕は童貞?」

「ねえ、おチンチン見せて」

僕は恥ずかしかったですが、エッチな事を期待していたのも事実でした。

お姉さんにズボンを脱ぐよう指示された僕は、ひざまでズボンを下ろしました。

「フフフ、すごいね、こんなに勃起して」

「触って欲しい?」

 

僕はおちんちんをゆっくり撫でられました。

自分で触るのとは比較にならないほどの刺激で、僕は思わず腰を引いてしまいました。

そのままゆっくりと触られ、ひざがガクガクとしてしまいました。

足を閉じようとするのに、気持ちよすぎて足が勝手に開いてしまうのです。

「声出したら見つかっちゃうから我慢しなさい。射精もダメよ」

お姉さんの指の動きは、最初よりも速くなっていて、軽くキスされたりお尻を撫でられたりするたびに、僕は気持ちがよすぎて、いきそうになってしまいました。

「可愛い、体は小さいのにおちんちんは大きいのね。さあ、遊びに行きましょう。行きたいでしょ、ウフフ」

射精寸前のところで、お姉さんは手コキをやめてしまいました。

そして僕は、お姉さんの住むマンションに連れていかれました。

 

■筆おろしをエサに舐め犬にされる

マンションでは、すぐに寝室に連れていかれました。

「まだ童貞でしょ?セックスしたい?したくてついてきたんだもんね。でも、入れたらすぐいっちゃいそうだし、先に私を気持ちよくして。気持ちよくしてくれたら、セックスさせてあげる。」

お姉さんはそういって、自分のアソコを舐めるよう、僕に指示してきました。

お姉さんにアソコを見せられ、お姉さんの開いた足の間に顔を誘導され、僕はなんとも言えない淫靡な興奮を覚えていました。

 

お姉さんの人差し指であごをあげさせられ、命じられるがままに、お姉さんのアソコを舐めました。

「ダメ、もっと優しく丁寧に舐めて。そこは敏感だから、そんなに力入れちゃダメなのよ。そうそう、それぐらいの力の強さで、もう少し上のところを舐めて。ああ、いいわ…」

お姉さんは、僕に自分のアソコを舐めさせながら、僕の乳首を指で弄りまわしていました。

まだ経験のなかった僕は、乳首を弄ばれ、お姉さんの色っぽいあえぎ声をきかされ、それだけでいってしまいそうでした。

「あら、もういっちゃいそう?舐めてるだけでいっちゃう?フフ、可愛い、ほら、自分でしごいてごらん」

僕はお姉さんのオマンコをクンニさせられながら、いやらしい言葉を色々と言われ、激しく射精してしまいました。

「かわいい、いっぱい出ちゃってるわよ…ほら、お姉さんはまだいってないわよ、舌でイかせてご覧。ほら僕、これもつけてあげる」

僕は首輪をつけられ、おちんちんを縛られ、お姉さんのアソコを舐めさせられ続けました。

セックスがしたくて、お姉さんのいう事を何でもやったのですが、なかなかセックスをさせてもらえないまま、最後には手も足も縛られてしまいました。

「ああ、気持ちいいわ、お姉さんいっちゃった。僕、素直でいい子だから、お姉さんの舐め犬にしてあげようか?上手に舐めてなさい、おちんちん踏んであげるから…」

僕は、快感を与えられながらなかなかいかせて貰えず、お姉さんの命令通りに動いてしまう舐め犬にさせられ、次に会う約束もさせられていました。

-舐め犬・クンニ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

冗談で募集したら、専属の舐め犬が見つかった話

・出会い系アプリで彼氏探し 出会い系アプリに登録したのは、気軽に会える恋人を探すためです。 彼氏と別れてから、かなり期間もたっていたので、相性さえ良ければそのままホテルに行く事も考えていました。 出会 …

セックス嫌いの舐め犬さん体験談

・舐め犬との出会い 私が彼と交際をスタートさせたのは、マッチングアプリがきっかけでした。 40代の私に、30代の彼はとても積極的で、体の関係ありの交際を求められました。 正直、本気とは思えなかったんで …

契約の欲しい自分は女社長の舐め犬に成り下がり

現在通信機器の営業をしている25歳サラリーマンです。 この業界は大変ノルマも厳しく、毎月毎月仕事に追われる日々を過ごしています。 そんなとき、とある企業で当社の製品に興味を持っていただき契約を貰えまし …

人妻好きでセフレにしたが舐め犬にされてしまった

・年上女性とセフレになる。 私は現在、25歳の独身サラリーマン。 都内の金融系の会社で営業の仕事をしている。 そんな私には同い年の彼女がいるが、実は年上の女性が好きで、取引先の40歳の人妻とも月に3~ …

舐めるのが大好きな変態舐め犬。高校生の美少女専属の舐め犬になれた

今から15年ほど前、私が高校3年生の頃の話です。 私はお世辞にもかっこいいとは言えない容姿で、性格も内向的、学生時代はずっと目立たない学生生活を送っていました。 当然、大学卒業まで彼女なんていたことは …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。