性の知識

今どきの高校生のセックス事情。初体験の割合や場所はどこ?

投稿日:2018年7月4日 更新日:

●はじめに

多くの人は高校生の恋愛について興味があるでしょう。

何故ならば、高校生が恋愛をするとなると、人生で初めての恋愛となる可能性が高いからです。

また、高校生が恋愛をして恋人とセックスをするとなると、これも初体験となる確率が高くなります。

初体験の内容に興味を持つ人は多いでしょうし、現役の高校生からみると、自分がこれから体験するであろう初体験の初えっちに興味津々でしょう。

これから高校生の初体験などについて、お話ししていきます。

 

●高校生の初体験の割合

まず、高校生の初体験の割合について調べてみると、男性の場合は約30%、女性の場合は約20%になっています。

これは予想したよりも、少ない数字に感じるのではないでしょうか?

実際、高校生の初体験の割合は、年々下降しています。

今の世の中には、携帯電話やスマートフォンが普及しています。

そうなると実家住まいの高校生でも、場所や時間を選ばず、自由に恋人と連絡が取り合える環境になっているはずです。

しかし、そうした状況に反して、高校生の初体験の割合は減少傾向にあります。

これは何か原因があると思われますから、その辺りを考えてみたいですね。

 

●高校生が初えっちする場所

高校生の初体験の割合が減っている話は別として、高校生が初えっちする時に使う場所が、どこか気になりますね。

まず普通に考えて、高校生にはお金があまりありません。

また、アルバイトをしている高校生でも、それほど大きな収入はありません。

すると、初えっちする場所はどこになるのでしょうか?

 

これについてはズバリ、高校生に対して初えっちする場所を聞いてみたアンケートがあります。

それによると、半数以上は彼氏の家という答えです。

そして2番目には彼女の家となっています。

高校生の所得が少ないことを考えると、予想通りの結果と言えるでしょう。

合理的に考えて、彼氏か彼女の家で初えっちすることが、一番お金がかからない方法です。

恋人同士が旅行をして、ホテルなどで初えっちすることが多いかと思いましたが、最近の高校生はお金のかからない方法を選ぶようです。

今時の高校生はお金に対して、シビアだったり堅実的なのかもしれません。

また、現代では核家族化が進んでいるので、家での初えっちがやりやすいのかもしれません。

使い慣れた自分の家の中でできるというのも、安心感があるのでしょう。

 

●高校生の初体験の割合から見える実態

高校生の初体験の割合が、昔と比べると減少していることから、そこからある実態が分かってきます。

まず考えられることは、最近の高校生は恋愛や初体験に興味が薄いことです。

興味がなければ、割合が減ることは当然の話です。

 

しかし何故、初体験への興味が薄くなっているのでしょうか?

これはコミュニケーション能力のない高校生が増えているという話があります。

そして、コミュニケーションを取ることに積極的でないとも言えます。

他者とうまくコミュニケーションが取れなければ、恋愛や初体験も少なくなるのは当然の話です。

そして、うまくコミュニケーションが取れないと、友人も少なくなります。

友人が少なくなれば、異性と出会う機会も少なくなります。

全ての高校生のコミュニケーション能力がなくなっているとは言えませんが、昔から徐々にコミュニケーション能力が低下していることは、容易に想像できます。

今の高校生は携帯電話やスマートフォンを使用して、他者とのコミュニケーションが取りやすい時代になっているはずですが、逆にスマートフォンのゲームを1人でしている高校生が増えていることも考えられます。

また、今のスマートフォンはインターネットに繋がっていますから、ネットを通じて他者とコミュニケーションを取る高校生が増えているかもしれません。

そうなると、現実にリアルな体を通じて、恋愛をする機会が減っていることも、また考えられます。

高校生の初体験の割合から、予想できる実態を考えると、かなり多くの原因が推測できますね。

 

●今の高校生の恋愛と初体験と性の知識

最近の高校生の恋愛と初体験には、アダルト動画が関わっているように思えます。

またそれは、インターネットから得られる性の知識とも言えます。

これらがどういう風に関わっているかというと、最近の高校生はインターネットから豊富に性の知識が得られるのです。

すると性の知識から、高校生がこれから経験する初体験や初えっちのことも、容易に想像できるでしょう。

インターネットがない時代では、高校生が想像する恋愛と初体験は、未知の世界の話でした。

しかし、今では未知の世界ではなくなっているのです。

そうなると、今の高校生は恋愛と初体験を経験していなくても、知識は豊富にあると言えます。

 

知識が豊富にあれば、初体験(初えっち)の経験者は増加しそうに感じます。

ところが、実態というのは思わぬところへと向かうようです。

事前に性の知識が豊富にあるために、今の高校生は恋愛と初体験から距離を置いてしまうのです。

性の知識を豊富に持ちすぎているため、恋愛と初体験をしてみたい欲求が減ってしまうのではないでしょうか?

高校生というと、スポーツに打ち込んでいる人がいたり、大学受験などのために頑張って勉強をしている人がいます。

または、アルバイトを頑張っている人もいるでしょう。

そのため、高校生は意外と忙しいのです。

忙しい高校生からすると、恋愛と初体験は後回しにしたくなるのかもしれません。

昔の高校生だと、恋愛と初体験を先に済ましてから、他のことをやっていたかもしれませんが、時代が変わったのかもしれません。

 

●終わりに

今の高校生は、恋愛と初体験の経験者が減っているという意外なことが分かりました。

しかし、減っていることはしょうがないとして、コミュニケーション能力が低下していることに関しては、何か対策や解決策が必要な気がします。

-性の知識
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本の中学生の性知識は漫画がアダルトビデオ程度しかない

日本は性の知識を得ることについてタブー視し過ぎている 日本人の男性、女性にかかわらず性の知識を得る際、学校で習うかというと学校で習うことはコンドームのつけ方位でしょう。 他の国と比較した際かなり遅れて …

no image

ウブな箱入り娘のセックスに対する誤解と経験してみて

性の知識は育ち方と関係あり もう成人している女性の私ですが、性への目覚めは遅く、また環境上性に関する知識は恐らく平均的な人よりも乏しく、色々と知るのや経験するのも遅めだったと思います。 親もあまり積極 …

no image

女の子の初めての自慰行為、やり方はどうするのが正しい?

・身体が性に目覚めたら シャワーを下半身に当てていたら気持ちよくなってしまったり、何となくむず痒い感覚がして指などでおしっこが出るところやその下の割れ目を弄っていたら気持ちよくていつまでも触ってしまっ …

no image

「マイ・ガール」で学んだ思春期に異性を意識する理由

幼き日々 人間が産まれてから約10年間位は、一番人生に於いて無邪気で純粋な明るい未来が想像される日々が続きます。 勿論、個人差は有るので一概にそうとは断言出来ませんが、一般的な子供を例に見てみると、両 …

no image

性行為をもっと身近に~フリーセックス文化という第一歩~

「性欲は人間の三大欲求の一つ」 性に関すること、例えば性行為だったり自慰行為だったり卑猥だとかお下劣だとか捉える風潮が世の中にはありますが、性欲というものは食欲、睡眠欲に並ぶ人間の三大欲求の一つです。 …