えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

ムチムチの巨乳ギャルに舐め犬扱いされました

投稿日:

・ムチムチな巨乳ギャルとの出会い

私は44歳既婚者です。

結婚生活が長くなるとセックスもマンネリ化して刺激が足りないと感じる事も増えてきました。

休みの日はこっそりDVD試写室でオナニーする日々を過ごしていたのですが壁に貼ってあった出会い系サイトの広告がどうしても気になったのです。

そこで騙された気分で利用してみました。

プロフを作成してとりあえず掲示板を覗くと私好みのギャルがいました。

年齢は23歳で名前は綾さん。

見た目はギャル曽根さんにそっくりです。

「暇なので食事でもどうですか?」と体よりも時間つぶし相手を探している様でした。

嫁には残業と嘘をついて食事に出掛ける事も出来るので簡単な挨拶文と自己紹介を書いてメッセージを送りました。

すると直ぐに返信がありマッチングしています。

10回ほどサイト内でやり取りしてラインを交換した。

すると「来週の金曜に食事行こう」と誘ってきたのです。

こんなにあっさり初デートまでいけるなんて驚きを隠せません。

 

・会ってその日にラブホ直行

パスタが食べたいと行っていたので地元で有名なお店を予約しておきました。

店の前に付くとすでに綾さんが立っていました。

プロフ写真通りの金髪ギャルでツンとした印象を受けました。

しかし、気さくに話してくれるので今日会ったとは思えない楽しい時間を過ごせました。

話を聞くとクンニされながら男性のオナニー姿を見るのが好きだそうです。

実は、風俗に行ったことがないのですがMな性格なので行くならオナクラと決めていました。

直ぐにタクシーを呼んでラブホに向かいます。

 

・舐め犬扱いされてオナニーさせられました

ホテルに着くと直ぐに全裸になるよう命じられました。

Mな私としてはこういう上から目線の指示は非日常的でエロい気分が盛り上がります。

綾さんは服を脱がずスカートを捲り上げていきなり顔面騎乗してきました。

シャワーを浴びていないので汗と尿の香りが入り混ざったエロい香りが漂っています。

顔にあそこを擦り付けて激しい息づかいで興奮しています。

自分でパンツをずらして口にあそこを擦りつけてきました。

体を触るのはNGと言われていたので完全に生殺し状態です。

「自分であそこをしごいて見せて」

私は命令通りオナニー姿を見せました。

エロスイッチが入ったようでマン汁を垂れ流しながら激しくクンニをせがんできます。

クチュクチュとエロい音を立てながら口に押しつけられて息が出来ません。

こんなプレイは初めてだったので大興奮です。

陰毛が濃いので口の周りにズリズリ擦り付けられる振動まで味わえました。

お尻の穴まで口に押しつけてきました。

「舐め犬だからちゃんとご奉仕しなさい」

舌をアナルにねじ込む様にしてたっぷり舐め回してあげました。

「ああ、そう・・・」

「上手いね・・・イキそう・・・」

「クリをもっと」

私も我慢が限界です。

右手で激しく肉棒をしごきながらたっぷりクリを舐め回してあげました。

自分の指であそこを大きく広げてくれるので舐めやすいです。

舌でコリッとした感触を楽しみながら強く舌で転がすと腰をガクガクさせました。

そしてエビ反りになり大きな喘ぎ声を出して絶頂したのです。

私も我慢の限界を迎えたので綾さんがイクのを見届けてザーメンをぶちまけました。

「たっぷり出たね」

「男性のオナニー姿が一番好きなの」

エロい表情を浮かべて喜んでくれました。

全く体を触らせてくれませんし完全に舐め犬として奉仕するだけのプレイでした。

しかし、Mな私にとっては最高の時間が過ごせました。

 

・舐め犬として忠誠を誓いました

お別れして帰宅すると綾さんからラインが入っていました。

凄く気持ち良かったので舐め犬として定期的に会って欲しいと言われました。

この日から月に2回ほど綾さんの舐め犬として利用されています。

-舐め犬・クンニ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

彼女がクンニを気に入り剛毛マンコからパイパンに!!

クンニって嫌がる女性も多いですし、男性もあまりしたくないという人が多いと思います。 私も以前はクンニってあまり好きではなく数えるほどしかしたことがありませんでした。   ・学生時代の友人と再 …

no image

舐め犬志願の彼氏からのエッチなお願い

・舐め犬志願の彼氏 大学生の時に交際していた彼氏は、舐め犬志願でした。 噂には聞いた事があったのですが、本当にいるのかなって思ってたんです。 だから、彼氏から舐め犬になりたいって言われた時には軽くフリ …

no image

熟女を慰める舐め犬としての人生。体験談

■舐め犬としての僕の人生の始まり 「君には来月でやめてもらう」。 長年にわたって勤めていた会社から退職を勧告された僕は、たちまち路頭に迷ってしまいました。 いやはや、まさかこんなことになるなんてと、僕 …

no image

上質な舐め犬を見つける方法と私が舐め犬に求める条件について

私自身が舐め犬と絡みを持つ様になった最初のきっかけは、友人のリアルな話からでした。 私は舐め犬の本質と言うか、真の舐め犬と言う事自体を理解していなかった事もあって、友人が定期的にプレイをする、舐め犬の …

no image

家庭教師の僕は教え子中学生とママの使用済みパンツを発見!

現在大学生で家庭教師をしています。 教え子は中学3年生の女の子。 この女の子も可愛いのですが、個人的には、そのママの方に興味を抱いていた自分。 そしてその願いは叶い、いつの間にか教え子ママの舐め犬にさ …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。