えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

込み上げてきたおしっこをしたいと思うような感覚

投稿日:2023年12月28日 更新日:

『わからないまま』

僕は同年代の従兄弟が多くみんなの家に泊まりに行ったりしていました。

合計男7人女3人の10人の子供がいました。

僕はよくSちゃんの家に泊まりに行っていました。

そしてよく一緒に寝ていました。

小学高学年6年生になった時、一つ下のSちゃんと一緒に寝た時でした。

僕も色々多感な時期になりSちゃんに抱きついたりしました。

初めは嫌がっていました。

布団に潜りおっぱいを触ったり体を触ったりしました。

そのような日がお泊まりの日に何度か続いたある日、Sちゃんも少しづつ心を開いてくれるようになり、漫画の主人公とヒロインに役を演じながらすけべなことをするようになりました。

ある日僕はsちゃんの体に股間を寄せ付けていました。

 

『頭に血が昇るような感覚』

何度も何度も足と足が絡まるようにそして彼女の体に強く股間を近づけた時に股間に何か違和感がありおしっこが込み上げてくる感覚があったのですぐに彼女から離れました。

少し収まりまた続きを始めたらまた込み上げてきました。

その日それを何度も繰り返しているうちにそれが我慢できずに限界を超えてしまった時感じたことのない快感と罪悪感とを感じながら股間を見たらおしっこのようなものがもれパンツはベトベトになっていました。

僕は何かはわからなかったのですがトイレに行くと彼女に伝えトイレに行きました。

それが初めての射精の経験でした。

それからまた何度もそのようなことになりましたが、中学生になり忙しくなったりお互い意識し始めてからは徐々にそのような行為は無くなりました。

 

『思い出しながら』

しかし僕は思春期になり悶々と過ごす日々。

中学生になり中学3年生で彼女ができ2人目の彼女ができた時、その彼女はすでに初経験を終えていました。

すごく積極的で何度も別れ際にキスをしたのを覚えています。

ちょうど受験もあり部屋に閉じ篭もることが多くなりました。

僕は友達からもらったエッチな本を部屋で見るようになりました。

そこには自分ひとりでする主人公がいて僕も同じようにするようになりました。

彼女とのキスを思い出しながらしかし彼女が元彼にキスよりもさらに深く付き合っていたことを想像しながら僕は自分ひとりで行いました。

とても興奮し、Sちゃんとした時のあの何かが股間から出てくる感覚が登ってきました。

またしても何か訳のわからない罪悪感と好奇心と複雑な感情を感じながら僕は自分の手で何度も行い、そして果てました。

おそらくこれがひとりでした初めての経験だったと思います。

まだまだ知識も経験もなく手探りでそのような毎日を送っていたと今でも思い出します。

-初めてのオナニー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

突然の夢精。中学一年生後半はオナニーライフ

●プロフィール 私はどちらかと言うと昔からうぶなタイプ。 エッチなことなどマイナスなことだと思って小学校時代は過ごしてきました。 実際に、2時間ドラマで少し危険なシーンが出てくると両親はなぜか無口にな …

精通する前の初めての勃起。最高の興奮と快感

自分が始めて自慰行為を知ったのは小学校5年生のころでした。 一人の人間が自慰行為を知る場合というのは情報として知るのが先という方と、体験が先で後から情報で補填される場合と二通りあると思いますが、私は後 …

【ショタ】小学生の僕は友達とおちんちんを兜合わせ

ぼくが射精、自慰行為、という言葉を知ったのは、中学2年生ころのことでした。 そのころになると好きな人のことを考えたりエロ本(当時はネットがなかったので)をみながら、陰茎をさわり、しばらくすると陰茎を中 …

先輩にされたオナニーは忘れられない

「先輩との下校」 「今日の部活きつかったねー」 「はい」 僕と先輩はたまにこうして一緒に下校する。 先輩は可愛く、そして甘えたくなる。 「ねえ、○○くん(僕の名前)」 「はい、先輩」 「今度、うちでお …

初めての自慰は深夜放送がキッカケでした

現在私は40代の男性です。 私の若い頃は今のようにエッチな動画が巷に溢れているわけでもなく、エッチ関連の情報も少ない時代でした。 また出会い系等もなく、学校でも性教育は最低限といった感じでしたね。 だ …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。