えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

彼氏のパンツへの執着がすごい。性癖に辟易

投稿日:2023年5月30日 更新日:

【ブルセラショップの興奮】

昔、ブルセラショップというのがあった頃、女子高校生や女子中学生がこぞって履いたパンツを売りにいってはお小遣い稼ぎをしていた。

写真付きや生脱ぎのオプションがつくと相当良いお小遣いだったらしい。

購入した男性は、その臭いを嗅ぐと興奮すると言っていた。

買ってしばらくすると臭いがなくなってしまうので電子レンジでチンする猛者まで現れた。

最後は、そのパンツを使ってオナニーするらしい。

そんなテレビ番組を見てもドン引きしなかった私。

むしろ、その逆で「なるほど」と感心したのをハッキリと覚えています。

 

【臭いフェチのパンツ好き】

臭いフェチには理解のある私。

私も体の部位よりも、男性の脇の下の臭いが好きだから。

一度だけ、付き合っていた彼にそのことを打ち明けたことがあった。

ベットの中で、彼の脇の下の臭いを嗅ぐのが好きで顔をうずめて堪能していると「変態」と言われ間もなく交際関係も破綻。

それ以降は、誰にも話していません。

そんな「変態」と呼ばれる私に同胞の「変態」である彼氏ができました。

はじめて会った日から、フィーリングが合うと感じノーマルではない雰囲気が漂っていて付き合う前からワクワクしていました。

交際を申し込まれる時も、前のめりでOKの返事をし私たちはその後二年間交際をしたのです。

 

【少しづつ開花する彼の性癖】

彼と交際後すぐに同棲をはじめました。

家事も彼が率先してやってくれるので、いい彼氏だなとはじめは感じていました。

引き出しに入れてあるはずのパンツの数が少なくなっていることに気が付いて、下着泥棒を疑ったんです。

そのことを彼に話すと、ブランドバックが入っていたであろう箱に私のパンツがマカロンみたいにきれいに畳んでありました。

しかも、洗濯していないパンツだけ。

出張が多い時期になると寂しくなるからという理由でした。

新しい下着を買おうとすると嫌がる素振りをみせるのもそのせいだったのかもしれません。

その一件があってから彼は自分の性癖を隠すことをやめてしまいました。

私が仕事から帰宅すると、私の脱いだパンツをおねだりをするようになり、セックスで濡れた下着を嗅ぎながらフィニッシュしたり。

彼が喜ぶならそれでいいかと思っていました。

最後のお願いをされるまでは。

 

【彼のパンツへの執着】

「このパンツを一週間はいて欲しい」と渡されたのは、彼がコレクションしている「私の臭いつきパンツ」

履いているフリをすればいいかな?と一瞬頭をよぎったものの、女性の体はデリケートで清潔に保ちたい部分がいつも汚いとなるとさすがに気持ち悪いし、病気になりそうで断りました。

彼のパンツへの執着は強く、臭いのこだわりも強かった。

私よりもはるか上の師匠クラスだったと言える。

臭ければ臭いほどいいパンツを欲しがる彼は、もう私といたいのではなく臭いパンツといたかったんだと思いそっとサヨナラしました。

性癖が同じだからと言ってうまくいくわけではないと痛感した恋愛です。

それ以降、本命の彼には臭いを求めずセフレの脇の下を存分に嗅いでいます。

偶然なのか?セフレもパンツにこだわりがあって、かならずセックスの時は紙パンツを履くように準備されている。

その辺はお互い様ということで許容範囲ですが。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

おばさんの娘のパンツでオナニーをしました。

ある8月の暑い時期、おばさんの娘がうちに泊まりに来たことがあります。 その子はとても可愛くまだまだ幼い子供でしたが、 寝ている時に見えるパンツがとても刺激的で、遂にその子のパンツをオナネタにしてしまい …

雲のようなパンツとえちえちな彼女の手

『午後の優しい時間の中で』 あるまったりした午後の昼下がりのことです。 中学生時代の俺と幼馴染のKは川の土手で一緒にゆっくりとした時間を過ごしていました。 Kは話したいことをあれこれ気ままに話し、俺は …

私がパンツフェチな同僚とHをして最高だった体験談

私のパンツに関するエッチな体験談を紹介します。   ●Hな流れになった理由 私は職場の同僚とたまたまパンツの話になりました。 私自身つねにTバックのパンツを履いているということをカミングアウ …

ワルノリする彼女に、どさぐりを掛けて大興奮

・ワルノリの彼女 いつものように彼女とお酒を飲んでいると、どういうわけか、やたらとワルノリが過ぎる彼女。 具体的には、ボクシングのファイティングポーズを取って、「へい、へ~い」とか言いながら、殴ってく …

女子大生のパンツと陰毛を見てしまった

『ラッキー』 大学を卒業した俺は、社会人として働き始めた。 学生時代に遊んでいた友人とは遊べる時間も限られてくるようになった。 ゴールデンウィークになると、高校の頃からずっと遊んでいる友達から連絡が来 …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。