えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

姉と妹のパンツでオナニー。すごくきもちいい。

投稿日:2023年5月25日 更新日:

『姉のパンツでオナニー』

自分は四つ上の姉と二つ下の妹がいる。

中学生の頃までは姉や妹でエロい気分になったことは一度も無い。

高校生の時、姉は女子大生だった。

その頃から姉のパンツでオナニーするようになる。

ある時自分がテーブルの下で横になっていると、姉がミニスカートで歩いてきてスカートの中、水色のパンツがたまたま見えてしまい、ちんこが勃起。

その時から姉のパンツで興奮するようになった。

それからしばらくして家族全員が外出時、洗濯物置場の家族が脱いだ服を見ていると姉が履いていた水色のパンツが入っている。

姉のパンツを手に取りオナニーしようと考えた。

部屋に戻ってパンツを前に置いてオナニーを始める。

パンツを見ていると興奮してすぐ射精してしまいそうだったが、がまんして今度はパンツの匂いを嗅いでみたらあまり匂いはしなかった。

パンツをちんこに巻きつけてこすってみる。

すごく興奮してティッシュに目一杯射精。

家族が帰宅する前にパンツを洗濯物置場に返しておいた。

 

『姉のパンツでまたオナニー』

また家族全員が外出した時に姉の部屋に入ったら、昨日着ていた服とパンスト、パンツが置きっぱなしになっていた。

まだ洗濯物に出していなかったようで姉の白いパンツを見ていたらちんこが勃起。

オナニーしたくなってパンスト、パンツを手に取り匂いをよく嗅いだ。

パンスト、パンツをちんこに巻きつけてこするときもちいい。

こするだけではなく姉のパンツを履きたくなった。

白くて小さいパンツを履くと、勃起したちんこがはみでてすごくブサイクに見える。

姉の寝ている布団に入るとよだれのすっぱい匂いがした。

布団で寝ながらパンストの匂いを嗅ぎ、パンツの上からちんこをこすりまくる。

ものすごい興奮してティッシュではなく姉の布団の中で目一杯射精。

パンツと布団に精子がべっとりとついてしまい、ティッシュでよく拭き取ったがシミが残る。

それから姉の部屋に入りづらくなってしまった。

 

『妹のパンツでオナニー』

今度は二つ下の妹のパンツでオナニーしたくなった。

女子高生になった妹のパンツをどうやって手に入れるか。

ある時こたつの中で寝ていると妹が上をまたいだ。

スカートの中の白いパンツが見える。

それから妹の白いパンツを思い出してはオナニーする日々。

日増しに妹のパンツを履いてオナニーしたいと思うようになる。

そしてまた家族全員外出の時がきた。

妹の部屋に入りパンツを探す。

タンスの中にパンツがたくさん入っていた。

パンツを一枚取って自分の部屋に持っていきオナニー開始。

匂いを嗅いでから妹の白くて小さいパンツを履く。

パンツの感触がきもちいい。

パンツから金玉と勃起したちんこがはみでてとてもブサイクだ。

パンツの上からこすっているとすぐにイキそうになり、ティッシュにいっぱい射精。

すると姉と妹がバイトから帰ってきた。

下着を返せないが自分が履いたパンツを妹のタンスに戻すのはよくない。

洗濯してからタンスにこっそり戻そうと思う。

とりあえずパンツが手に入った。

その日から妹のパンツを履いてオナニーする日が続く。

寝るときも妹のパンツを履いたまま寝る。

ものすごく気持ちよく眠れるのだ。

朝起きたらパンツを履いたままオナニー。

朝から目一杯射精する。

そのうちパンツを返すのを忘れてしまった。

自分は今も妹のパンツを1枚持っている。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

初めての騎乗位はパンツを履いたままで

・彼からのリクエスト 交際歴が長くなると、だんだんセックスもマンネリ化してくるんですよね。 ある日、彼がなかなかイケないと言われた時には正直ドキッとしました。 セックスだけが全てとは思いませんが、やは …

履き古しのパンツを売ってほしいと言われた

「世の中には変わった人がいると知った」 私は30代前半の頃に、ライブチャットの在宅アルバイトをしていました。 ここでお話するのは、チャットレディをやっていた時に実際に経験したちょっと信じられないような …

思春期のえっちな「パンチラご褒美」の思い出

『遅刻魔な俺と優等生な彼女』 地元の中学では、俺は遅刻魔として知られていた。 もうあまり学生のいなくなったケヤキ並木を駆け抜け、時間ギリギリに校門に滑り込むのが日常茶飯事。 一方彼女は遅刻をしたことが …

オレのパンツが、彼女のクリとマ〇コを刺激する。

・エッチ三昧の日々 私が若りし頃、早苗という彼女がいた頃の話です。 当時、二人共二十歳を過ぎたばかり、覚えたてのセックスに明け暮れていました。 デートもそこそこに私の家に直行、即プレイ。 とにかく、会 …

従妹である小学3年生のパンツでオナニーした思い出

当時俺は高校1年生で、その年の夏休みのことです。 小学3年生になる従妹が自宅へ遊びに来ました。 彼女はとてもおマセさんで、宿題をしている最中ずっと俺のそばでチンチンを弄って遊んできます。 そして遂に我 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。