えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

高校生(JK)初体験・初えっち

助けたJKに生でブチ込んだ初体験の思い出

投稿日:2023年5月11日 更新日:

『Kちゃんとの思い出』

正直、高校にはあまり良い思い出がない。

俺の通っていた学校は、とある大都市に近い県立高校。

しかし中身はDQN50%、チンパンジー30%、人間20%といったところで、勉強どころか基本的な生活態度すら低水準なものだった。

毎朝のようにバスの運転手や近隣住民がキレ散らかすことなんて当たり前。

近くのイオンではほぼ毎週のように生徒の誰かしらがやらかしていた。

もちろんそんな状態なので教師も昭和の熱血体育会系教師のような指導をする。

俺らの時代には体罰で後遺症を負った生徒がいたが、昔はもっとひどかったということでそれほど問題にはならなかった。

しかし良い思い出がまったく無かったわけじゃあない。

この高校でどうしても忘れられない良い思い出は……当時の彼女とのものだ。

名前を出すとヤバいので、彼女のことは仮にKちゃんとしておこう。

Kちゃんとの出会いは、高校近くのイオンだった。

 

『イオンのトイレでの戦い』

俺が仲間と一緒にイオンの男子トイレに行った時のこと。

Kちゃんと、Kちゃんの友達のHちゃんが女子トイレの前でトラブっていた。

相手は別の高校の男子グループ。

しかも奴らはかわいいかわいいウチの女の子に向かってレイプだのなんだの言ってやがった。

だからボコボコにしてやった。

もちろん警備員がすっ飛んできて全員追い出されたが、敵のリーダー格をプロレス技で落とせたから無問題。

あと反省文とか書かせられたが、別にそんなのは何でもなかった。

そりゃあそんなの、ただの儀式みたいなもんだからだ。

何日かしおらしくしておけばどうせ他の誰かが殴り合うと思ったし、実際そうなった。

まあそんなことはどうでもよくてだ。

これを機にKは俺の彼女になった。

そりゃあ俺たちだってアニマルだ。

強いオスがいたら、メスは惚れるってもんだろ。

 

『パンツ越しのワレメを見せられて』

んで、男と女がくっついたらどうなるかって?

やることは決まってる。

俺らのいた街には、イオン以外に遊べるところなんかなかった。

オシャレなデートスポットなんて何もない。

だからヤった。

特に疑問なんて無かった。

なぜなら他のみんなもそうしていたからだ。

場所は俺ん家。

壁の薄いアパートで俺はKを脱がし、俺はそそり立つその立派な息子をKの股へとブチ込んだ。

「痛い痛い痛い……」

ところが息子は入らなかった。

そりゃあ、こんなことをすればこうなるのは今考えたら当たり前のことである。

「もっとね、焦らしてちょうだいよ」

「ご、ごめん」

「やりなおしっ!」

Kはわざわざブラジャーとパンツを着て、パンツの上から自らのワレメを慰め始めた。

これを前に俺はたじろいだ。

初めて見る女の子のパンツ。

パンツ越しに見える、だんだんと濡れてきている女の子のワレメ……

もちろん、こんなのを見せられて大人しくできるわけがない。

Kが刺激していた、ワレメの上の方の部分に自然に手が伸びた。

「やさしく……やさしくね」

じんわりとした生温かい感触が、腕をビリッと伝わった気がした。

それを機に感覚が研ぎ澄まされ、彼女の体温が、息遣いが、はっきりとダイレクトに伝わってくる気がした。

ゆっくり、じっくり、彼女がやっていたように優しくワレメを刺激していく。

「んっ……ん……」

そのうち、俺の左手は自然と俺の息子の方へと伸びていった。

そして敏感になっている俺の息子は……

「で……出るっ! 出しちまう!」

大量の精液をビュルっと吐き出した。

俺の精液にまみれていく、下着姿の彼女。

俺の精液を見て、たじろいでいる彼女。

俺は何も考えられなかった。

ただただ、射精しているしかなかった。

 

『交尾』

「まだ本番じゃないのに……」

「そんなにエロカワイイのが悪いんだぞ」

「じゃあ今度はこっちで、できるよね……?」

それから十分後。

今度は彼女もパンツを脱ぎ、本番に入ることになった。

ぬるぬるの精液でワレメをバッチリ刺激し、濡れ具合も準備万端。

再びガッチガチになった息子を、今度は彼女のワレメに優しく挿入した。

ぬるり。

粘膜と粘膜、体液と体液とが触れ合う感触。

これにまた射精が起こりそうになったが、今度はこらえられた。

「揺らすぞ……」

「うん……」

そしてピストン運動。

少し冷静になった俺は、優しく、彼女の様子を見ながら腰を振る。

「んっ……あん♥」

最初は優しく、だんだん激しく……

「ま、またイキそう……」

「まだ、まだ……あっ♥」

「もうちょっと?」

「もうそろそろかも……んっ♥」

それは5分くらい続いただろうか。

パンパンと激しい音を部屋中に響かせたあと、俺と彼女は激しくイッた。

彼女の子宮に、俺の息子はありったけの精液を吐き出した。

 

『その後……』

俺は近所の人経由で話を聞いたおかんにこってり絞られた。

幸い妊娠はしなかったが、次の回からはちゃんとゴムを使うようになった。

でも俺の高校には、それで女を妊娠させる奴は普通にいた……

まあ、生の方が気持ち良いのは確かなんだけどな。

とはいえ、それで良かったと思う。

どーせ中学高校くらいでみんなヤるんだから、いろんなリスクは低いに越したことはないしな。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【高校生】水泳部の彼女と更衣室で競泳水着のまま初体験

自分は高校時代水泳部に所属しており、結構本格的に取り組んでいました。 因みにその時の彼女も水泳部に所属。 部活が忙しくデートすらやる暇のない二人ですが、ようやく結ばれることが出来ました。   …

高校生の彼女がいながら大学生と初体験をしてしまった体験談

私は、18歳の男子大学生です。 私がこれまでに経験した一番のえっちな体験談は、高校生の時でした。 私には、当時付き合って1年3か月ほどになる彼女がいました。 しかし、まだお互い高校生ということもあり、 …

高校の先輩女子は童貞キラーだった体験談

・先輩女子と一緒に帰ることに 高校生の時なんですが、当時、童貞学生だった僕は、年上先輩女子にリードされて初体験をしました。 これから話すのそんな体験談です。 学校でまあまあ可愛くて美人な先輩女子がいた …

愛液が太ももまで垂れた忘れられない体験

『鶯の鳴く森で』 ある小春日よりの土曜日、私はワンダーフォーゲル部のメンバーとともに学校の裏にある森林公園へ行った。 そこはワンダーフォーゲル部の主な活動場所で、その年入部を希望する新入部員は、まさか …

彼女と海で罰ゲームのキス。エスカレートしていき水着のままセックス

■部活が終わり… 高校時代は野球部に所属していました。 とはいえ、強豪校ではありません。 高校3年間、それなりに頑張っては来ましたが、敗退してしまい夏休みになりました。 野球部は結構モテる部として有名 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。