えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

学生・学校・教室

初めての自慰行為と射精、そして野外オナニー

投稿日:2023年3月22日 更新日:

『何も知らなかったあの頃、、』

これは私が5歳くらいだった頃の話です。

当時の私は“自慰行為”について当然何も知らなかったのですが、私はうつ伏せに寝転がり、好きな女の子のことを想像しながら、両足を動かし、閉じたり開いたりということをしていました。

たまに母親には「そんなこしないで。」と注意されることはありましたが、すこし気持ち良さを感じるくらいで、射精をすることはなかったので私はやめることはありませんでしたが、それが後々、自慰行為だったことを知ります。

 

『中学1年生での初射精』

私が中学1年生だった頃、同級生の男子同士の会話では“オナニー”や“シコる”という単語が盛んに飛び交い、性行為についても話すことが増えてきました。

そこで初めて私は“オナニー”や“射精”について知ることが出来ました。

また、それをどのようにするのかということを知りました。

当時、私の両親は共働きであったため、家に誰もいないことが頻繁にありました。

そんなときに、私は“オナニー”がどんなものか試したくなりました。

以前に何度か試したことはあり、気持ちよくなることはありましたが、射精することはなかったので、本当にそんなことができるのかと、やってみようと思いました。

そこで私は同級生のかわいい女の子の事を想像して、自分の大きく固くなったイチモツを握りしめゆっくりとシゴキ始めました。

私は、女性の制服姿も好きですが、特に靴下フェチなので、好きな子の制服姿や、靴下を履いた脚を想像しながら、シゴイていまいした。

しかし、10分ほどシコシコつづけても、いっこうに気持ちよくなれませんでした。

それでも私は諦めずシゴキ続け、段々とイチモツを握る手の動きを早くしました。

そうすると、少しづつアソコの先端が湿ってきていることを感じました。

「射精とはこんなものなのか。」

そう思いながらも動かす手は緩めずにシコシコしていました。

数分間、夢中になって続けていると、ついに気持ち良くなってきて、何かが出そうな感じがしました。

そう感じた次の瞬間、私のイチモツから白い液体がものすごい勢いで発射されました。

私は“射精”がこんなにも勢いよく出ることも知らず、仰向けに寝てシゴイてしまったため、一度打ち上げられた精液が私の顔に落ちてきました。

意図せず“セルフ顔射”になってしまったものの、“オナニー”の快感というものを覚えてしまいました。

 

『初めての野外オナニー』

オナニーの快感を覚えてしまったわたしはそれ以降、野外オナニーをすることに興味がありました。

しかし、いきなり野外でというのは難しいので、駅構内の個室に入り、携帯電話にイヤホンをつけエッチな動画を観ながらオナニーをはじめました。

公共の場とはいえ、トイレの個室でイヤホンをしているため、オナニーによる快感は得られたものの、非日常的な快感は得られませんでした。

そんなことから、私は人通りの少ない場所を調べ、そこへ向かいました。

できる限り早く終わらせたいため、用意してきた画像を開き、周囲に人がいないことを確認すると、私はアソコをシゴキ始めました。

やはり、野外ですると風をアソコにも感じ、誰かに見られるかもしれないというスリルで、普段では味わえない感覚を味わえました。

そのせいなのか、いつもよりより早く射精してしまいました。

その後、私は野外でもすることが増え、スリルとともに快感を味わうオナニーの虜になりました。

-学生・学校・教室
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

授業中に彼女の手を握っていると興奮してしまった

・彼女と同じ授業 大学時代に付き合っていた彼女とは学部が同じだったので、科目もかぶることが多かったです。 同じ科目とはいっても、お互い友人がいますから、席を隣にして授業を受ける、なんてことはほとんどあ …

中学生の頃に初めて生のエッチをみてしまった

「信じられないような事実を知った」 私が中学の頃、先生の中に比較的若くてキレイな家庭科の女の先生と野球部の顧問をしていた30代くらいの男の先生がいました。 特に家庭科の女の先生はおとなしそうで真面目な …

【中学生】小学生の頃から巨乳女のオナニーを目撃!

1.小学生の頃からすでにデカパイだった女 これは私が中学生だった頃の話。 小学4年ごろから性に目覚め、毎日のようにオナニーに明け暮れていた私。 だれでもいいから女と仲良くなりたい一心で、だれかれ構わず …

真夏の放課後、美人教師と唇が触れたあの日から

高3の夏、最後の大会が迫った野球部の僕達。 練習もピリついて一段と気合いがはいり出したある日の部活終わり、教室に忘れ物をした僕は急いで着替えて、最終下校時刻のチャイムが鳴る前にダッシュで三階の教室へ行 …

高校生で初めての彼氏。おっぱいをもまれた瞬間

・初めての彼の家 高校生になって、初めて彼氏ができました。 友達のなかでは私が一番早かったみたいで、羨ましいと言われていたんです。 ある日、彼から家に遊びに来ないかと言われて、かなりテンションが上がり …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。