えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

初めてのオナニー

中3のお姉さんの甘い香り。熱くなる股間

投稿日:2023年3月25日 更新日:

「憧れ」

中学一年生の頃、私は近所のテニススクールに通っていました。

テニス自体は、小さい頃からやっていたのですが、その頃にはもう飽きていました。

それでも、テニススクールに通いつづけていた一番の理由は、生徒の中に、気になる人がいたからです。

その人は中学三年生の香織さんという方で、切長の目が特徴の凛とした美人でした。

テニスで鍛えられて程よくついた筋肉も魅力的で、いつもポニーテールにしていて、プロポーションも抜群でした。

香織さんは部活でもテニスをやっていて、惰性で続けていた私とでは、テニスの腕前が全然違います。

スクールでは三段階にクラス分けされていて、私は真ん中の中級クラス、香織さんは上級でした。

そんなわけで、内心憧れていたのですが、なかなか接点を持てずにいました。

 

「きっかけ」

そんな日々を過ごしていたある日、中級のコーチが突然来れなくなって、上級と中級が合同で練習することがありました。

その日はコーチが一人しかおらず、しかも人数が倍近くいて、とても一人ひとり指導していられないという理由から、上級の人と中級の人がペアを組んで、上級の人に教えてもらうということになりました。

そしてなんの偶然か、私は香織さんとペアを組むことになったのです。

ペアを組めてたといっても、普段話したこともありませんし、いつも凛としていて、なんとなく近づきがたい印象だったので、距離感をつかめずにいると、意外なことに、香織さんから話しかけてきてくれて、話しているうちに緊張もほぐれていきました。

その日の練習では、私の苦手なショットを克服しようということになって、バックハンドを教えてもらったのですが、困ったことがありました。

教え方は上手いのですが、教える時の距離感が近すぎるのです。

香織さんは気にしていない様子でしたが、中学一年の私には、刺激が強く、そわそわしました。

ですが、教えてもらっている立場なので、なんとかテニスに集中しようとしていました。

打ちあってみて、香織さんが修正点に気づいたら、近づいてきて教えるという流れを、何度か繰り返したある時、ふと、甘い匂いがすることに気がつきました。

そしてそれが、香織さんの匂いだということに気づいたとき、下腹部が否応なく熱くなりはじめてしまいました。

結局、その後の時間は、反応してしまいそうになる下半身をなだめることに必死になって、あまりテニスに集中できませんでした。

 

「はじめての自慰」

家に帰ってからも、香織さんのことを思い出して、悶々としていました。

なんとか寝ようとしたのですが、寝つけません。

下半身はいつもと違う感覚でした。

何かが溜まっていって、出たがっているという感覚がありました。

なんとか楽になる方法はないか考えていると、学校で、友達が話していたことを思い出しました。

その友達によれば、竿を持って、皮を上下に動かせば、白い液体が出てきて気持ちいい、とのことでした。

なぜかわからないのですが、自分もその白い液体を出せば楽になれると、直感的に理解しました。

椅子に座って、パンツを脱ぎ、震える手で、ゆっくり竿をしごきはじめました。

最初はなにもなかったのですが、しばらくすると、腰からぬるま湯につかったような快感が押しよせてきました。

そこからは夢中で、香織さん凛とした顔と甘い匂いを思い出しながら、必死になって手を上下に動かし始めました。

そのうちに、何かが腰から上がってくる感覚がしてきたかと思うと、脳天に稲妻が落ちたかのような鋭い快感がして、射精しました。

経験がなかったので、どれほど精子が出るか分からず、ティッシュ一枚で足りるだろうと思って受け止めましたが、当然、一枚では吸収しきれず、染み出してきて、慌てて追加で何枚かのティッシュを出して包みました。

すべてが終わり、興奮も収まって、なんとも言えない虚脱状態におちいったのをおぼえています。

それから、香織さんと何度か顔をあわせる機会があったのですが、なんとなく後ろめたいような感覚があり、目を見て話せませんでした。

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

教育実習生の着替えをのぞき見しながらの初オナニー

・叔父のマンガで事前学習 私が小学4年生の頃の話です。 当時私は母と母方の祖父母、叔父と一緒に住んでいました。 叔父の部屋には多数のマンガが置かれていて、私でも理解出来る作品を読ませて貰っていました。 …

少女とえっちする妄想で勃起が止まらなくなり……

『癒しの魔法を使う少女』 俺が初めての自慰を経験したのは中学一年生の時だ。 あの頃は精通がまだ来ないことに少し焦りを感じていた。 保健の教科書によればそれは人によってタイミングが大きく違うので焦る必要 …

高3女子。興味ゼロ、知識ゼロからの初めてのオナニー

私が初めてHに興味をもったのは、高校3年生の修学旅行の後でした。 私はそれまで彼氏もいないし地味な生活を送っていました。 彼氏がほしいともちろん思っていましたが、一人で本を読んだりしているほうが楽しい …

初めての一人エッチで潮吹きまでしちゃった話

私が初めて一人エッチをしたのは高校生の時。 それまで真面目に勉強ばっかりしてて、エッチなことなんて興味がなかった。 でも、ある日お姉ちゃんが部屋で彼氏とエッチしてるとこ見ちゃって。 お姉ちゃんが彼氏に …

姪っ子の人生で初めてのオナニーに立ち会った僕

『急遽、姪と二人きり』 僕にはまだ小さな姪が一人います。 名前は仮にF子としておくとしますが、この子の初めての自慰が今回の話なんです。 あれはある夏のことでした、僕は久しぶりに実家に帰省したんです。 …


    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。