えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

舐め犬だった元彼に初めて舐められて…

投稿日:

『初めて舐められてクンニが好きになってしまった私』

生まれて初めてクンニされたのは元彼と付き合ったときのことでした。

その彼が、一見普通に見えて少し変態だったんです。

最初は普通のエッチをしていたんですけど、お泊りデートをしたある日いきなり本性を見せてきて、実は舐めるのが好きなんだと告白されました。

自分は入れなくてもいいから、あそこだけ舐めさせて欲しいとお願いされてしまい、私はすごく困りました。

というのも、私自身は当時はエッチがそんなに好きというわけでもなく、普通のエッチを普通にできればそれでいいと思っていたからです。

特に新しい快楽を追い求めようという気持ちもありませんでしたし、性器を舐められたことも無かったので、変わったプレイなどにはとても抵抗がありました。

しかし、私もそのときは酔っていて抵抗したり反論するのも億劫でした。

付き合っている恋人とはいえども、舐められることには若干の恐怖や嫌悪感があったのですが、気力も残っていなかったので「少しだけなら」と、ついつい許してしまったのです。

しかし、これがその後の私に大きな影響を与えるとは微塵も思っていませんでした。

舐められても、それで私が特に気持ちよくなれるわけもないと思っていたのです。

 

『クリトリスばかりを執拗に舐める彼』

彼は、私の脚を大きく開かせると、いきなり性器に顔を近づけて両手の指で押し広げ、べろっと全体を舐めましたが、そのあとすぐにクリトリスだけを舌で転がすようにして舐め始めました。

私はそもそも、今までそんなにじっくりと大事なところを見られたこともなく、羞恥心で早く終わって欲しい気持ちでいっぱいでしたが、いきなりクリトリスにむしゃぶりつかれて演技ではない素の叫び声が出てしまいました。

普段は可愛く演技のような感じも入った喘ぎ声を出していましたが、そのときは一瞬でビリビリした感覚が脳天まで突き抜け、演技をする余裕もなくなっていたのでした。

あー、とか、うー、と言った意味のないうめき声が、地声に近い声色で私の口から漏れてしまい、それもまた恥ずかしかったです。

しかし、彼はそんな私の声を気にするでもなく、クリトリスを舐め回し、唇で挟んでみたり尖らせた舌でつついてきたりと、性器やクリトリスへの責めはかなり長く続きました。

私は声を抑えようにも止めることができず、腰がガクガク震えてきて、たまらない気分になっていたのです。

彼は私がイきそうになっているのを見て悟ったのか、クリトリスを吸引するように吸ってきたのです。

その刺激で本当にイッてしまい、イッた後もしばらく心地よい余韻が続きました。

息を整えながらぼんやりと「男のひとがフェラされるのって、こんな感覚なのかな?」と考えていました。

挿入がなくて物足りない気持ちもありますが、それからは、私も彼のクンニに夢中になってしまい、クンニだけでイカされる日々が当たり前になってしまったのです。

その彼とは、結局別れてしまいましたが、今でもただひたすら舐められたときの気持ちよさや感触は今でも忘れられません。

そのあとも何人かの男性と付き合いましたが、やはりというか、丁寧にクンニしてくれる男性は少なかったような気がします。

よりを戻したいとは思いませんが、クンニだけならいくらでもしてほしいと思ってしまう今日この頃です。

-舐め犬・クンニ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

奴隷のようにマンコを舐める舐め犬。先輩に逆らえず…

■アルバイト先で・・・ 高校時代に人生初のアルバイトをした時のことでした。 飲食店で、お客さんに料理を運んだり、皿洗いの仕事でした。 最初の日、ドキドキしながら仕事場へと行きました。 人見知りの激しい …

no image

M男の舐め犬と出会い満足した話

・マッチングアプリで知り合った彼 私がマッチングアプリに登録したのは、彼以外の人と遊んでみたかったからです。 彼は、セックスにはあんまり興味がないみたいで、月に1回。 まるで行事のようにセックスをする …

no image

最高の舐め犬と出会い、私の中で性癖が一気に変わった気がした

私が舐め犬との関係を持つようになってから、まだ何年間も経過していませんが、ここ1年以上は舐め犬の存在が私の中ではとても大きいのです。 最初の舐め犬の存在を知ったのは、某サイトでした。 そのサイトでは舐 …

no image

ムチムチの巨乳ギャルに舐め犬扱いされました

・ムチムチな巨乳ギャルとの出会い 私は44歳既婚者です。 結婚生活が長くなるとセックスもマンネリ化して刺激が足りないと感じる事も増えてきました。 休みの日はこっそりDVD試写室でオナニーする日々を過ご …

no image

舐め犬を飼っているリア友が羨ましくて掲示板で探してみた結果

◎舐め犬の存在。 私が舐め犬の存在を知ったのは約2年前の事でしたが、以前は舐め犬と言うのは、動物の犬を手なずけて、自分の性感帯部分にバターや蜂蜜を塗って、動物に舐めさせる行為をする事だと思っていました …

    お問い合わせ等なにかありましたらこちらからお願いします。
    サイト管理者様で相互リンクしていただける方お待ちしています。