えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

舐め犬・クンニ

人妻は舐め犬に飢えている。掲示板で舐め犬はすぐ見つかります

投稿日:2018年10月14日 更新日:

舐め犬に舌攻めをされる体験を2年前に覚えてからというものは、どっぷり舐め犬にはまった時期もありましたが、現在は普通に家庭生活をしながら、夫とのセックスも適度にして、どうしても性的な不満を感じたり、気分を変えたいと思う時だけ、舐め犬との時間を過ごすようにしています。

 

☆舐め犬活動している男性は意外と多い。

以前、したネタも気軽に話せるママ友だちに、舐め犬となんてどこで出会うの?と、びっくりされましたが、舐め犬は出会い系サイトや掲示板や専門のサイトなどで会うことができると教えると、とても驚かれました。

ママ友は私に舐め犬の話しをされるまで、そんな存在がいるなんて事を知らなかったそうなので、舐め犬を知ってしまった以上は経験せずにはいらないとのことで、彼女独自に舐め犬を見つけて、現在は1人の舐め犬の方と定期的に会っていると言っていました。

それくらい、主婦層の飢えている女性には人気で身近な舐め犬なのです。

私は現在、2人の舐め犬の知り合いがいます。

どちらともに出会い系の掲示板で見つけた相手です。

 

☆気が向くと舐め犬と会って思い切り性欲を満たします。

私は結婚生活は長いので、夫はセックスはするものの、正直言って義理でしてもらっている感がいっぱいです。

以前に夫が浮気騒動を起したことがあり、それに激怒をした私に対して負い目があるようで、こちらか要求をすると、かろうじて答えてくるという、大変気持ちがこもっていないセックスを月に1回程度すると言う感じです。

なので、欲求不満は常に慢性化していると言う感じですが、とことん性欲がたまるのを待って、舐め犬に連絡をします。

私がお付き合いのある舐め犬は二人とも既婚者なので、相手にとっても私のような生活スタイルの人を相手にするのは好都合なようで、2~3ヶ月に一度のペースで交互に呼び出して、舐め犬行為をしてもらいます。

先日はホルモンバランスの関係もあってか?生理の後に猛烈に男性の体が欲しいと思ったので、舐め犬に連絡をすると、幸い翌日の昼間に会えると返信がきたので、楽しみにしていつも利用しているビジネスホテルへ行きました。

気が付けば約4ヶ月ぶりでしたので、相手も舐めたくて舐めたくてうずうずしていたようです。

 

4ヶ月の間は奥さん以外の女性と性行為をしていないので、私がお風呂に入る前に既に舐め犬は私の体を舐め始めました。

基本的に、舐め犬を相手にする時に心がけている事は羞恥心を出したら終わります。

相手も羞恥心を捨てて、舐め犬に徹してくれるので、そこは舐められる側も一切、恥ずかしがらずにされたもん勝ちなのです。

そんな風に割り切ると、より一層舐め犬とのプレイを楽しめると感じたのです。

 

☆久々の舌攻めにおかしくなりそうでした。

私のホルモンバランスの関係なのか?その日の舐め犬の調子が良すぎたからなのか?もう、最高に気持ちの良い始まりでした。

その日にあった舐め犬は全身を舐めてくれる犬なのですが、足から舐め舐めまわされて猛烈な興奮を覚えて、一気に女性器にいかれました。

まさに本当に犬のように、同じ箇所に美味しい餌があるかのように、舐められたので、まずは一度の軽い絶頂を迎えました。

私がいく時は毎回脚が伸びるようなので、舐め犬はいく瞬間も分かっているので、一気に女性全体を舐めて口びるで吸って、軽く噛むを繰りかえれたので、あっと言う間にいっちゃいました。

 

私は続けてされると、女性器がびくびくとするようで、それが見たい舐め犬は休憩もさせてれず、二回戦に投入されました。

今度は完全に私の足を全開にさせると、69の形になり、女性器の奥深くに舌を挿入して来ました。

私のその時に気分は乗っていたので、普段はしませんが、舐め犬の性器をくわえてあげました。

すると、いつも以上に高いテンションになり、高速舌遣いをしてくれて、入れては抜いて入れては抜いてを繰り替えてしくて、まるで舌が男性器の様に感じました。

舐め犬のことも射精させてあげたかったので、いつもにはないテンションで舐め犬の男性器をしゃぶりました。

二人同時にいくのが良いので、舐め犬の舌のリズムを感じとって、それに合わせて私も自分の舌を最大源に使いました。

3分間くらいすると、舐め犬の舌の動きが更に激しくなり、体を密着させてきたので、ラストスパートに向けて私も必死なりました。

それからほんの数十秒で二人で当時に絶頂を得ることができました。

 

☆最後まで舐める事に専念してくれる。

その日は二度いかせてもらいましたが、まだまだ舐め犬の舌の動きは止まりませんでした。

トイレ休憩をした後は、後処理で、性器の周りや性器の中をお掃除してくれる意味でも、時間をたっぷりかけて舐めてくれました。

4ヶ月ぶりに会った舐め犬の舌術はパワーアップしていた様に感じました。

また、性欲をマックスに貯めて、舐め犬と会いたいと思っています。

今度も舐め犬との関係は切れそうにはありません。

-舐め犬・クンニ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

欲求不満から舐め犬をを見つけ奉仕されるまでの体験談

□最高の舐め犬にめぐり会うために。 私はとにかくクン二される事が好きです。 男性とセックスをする事も嫌いではありませんが、男性からクン二をされることに一番気持ち良さも感じますし、女性としての絶頂を知れ …

no image

舐め犬必見!体験談による女が感じるクンニのやり方

●はじめに これから、女性が感じるクンニの上手いやり方について、話していきます。 主に男性である筆者の体験談を元にして説明しますが、筆者は舐め犬ではありません。 でも、クンニ大好きですから、舐め犬だろ …

no image

舐め犬の募集に集ってくれたのは好奇心旺盛のアラサー女性

「はじめに」 私は過去に舐め犬として女性の方々に奉仕させてもらっていたことがあります。 某掲示板でパートナーを募集したのを皮切りに、自らのブログやホームページを立ち上げ細々と舐め犬として活動を続けてき …

no image

舐め犬とは?募集方法とクンニのやり方などについて

●舐め犬とは何か? 舐め犬とは、女性器にクンニだけをする男性のことを言います。 舐め犬という言葉に正確な決まりはないのですが、大まかにシンプルに説明するとそういう意味になります。 そして、クンニだけを …

no image

舐め犬を一度体験したら年齢とか性癖とか関係なく抜け出せない

至って健康体な女性ですが、現在は特定のパートナーがいない30代です。 私が今、一番はまっている事は、舐め犬に体中を舐めまわしてもらうことです。 普通に男女がセックスをする行為も好きですが、舐め犬の一方 …