えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

学生・学校・教室

部活後の彼女の匂い、パンツの熱気、そして愛液

投稿日:2022年9月22日 更新日:

かつて俺はとある地方都市の高校に通っていた。

その街は駅周辺はそれなりに都会で、買い物や遊ぶ所には困らなかった。

とはいえ都心部のように電車網が整っているわけではないので基本的には車社会。

それに高校の数も多くなく、学力のレベルも低くはないが高いと言えるものでもなかった。

その代わりかどうなのかは知らないが、俺のいた高校ではスポーツ熱が凄まじかった。

特にサッカー熱がものすごい。

サッカー部を含め運動部もまた取り立てて実力があるとは言えない状態ではあったが、とにかく気合と意気込みだけは県内でもトップクラスだと思う。

とはいえ、数十年前の昔に比べればずっと大人しくなった方なのだとか……

なんでも昔は生徒全員がサッカー用具を強制的に買わされるなんてこともあったようで。

とそれはさておき。

こんな背景があるので、何かしら運動部に所属している生徒は多かったし、運動部と文化部の見えない格差のようなものも他の高校よりは大きかったと思う。

特にこれは「生徒間の見えない序列」や恋愛において大きく影響する。

例えば文化部だと頭一つ抜けて優秀な男でさえ彼女をゲットするのは簡単ではないが、運動部だと平凡でも何だかんだでわりと簡単に彼女ができてしまう。

もっとも、見た目によるところも大きいのは大人の社会と変わらないが。

ともあれ、運動部補正によって運動部の彼女を得た俺には、未だに忘れられない思い出がある。

それは高1の時の、ある秋の日の夜に起こったことだ。

俺と彼女の部活は違うので普段は帰りの時間が一緒になることはなかったが、この日は偶然にもほぼ同じ時間に帰ることができた。

それもその時の帰宅時間は20時過ぎ。

当時の俺にとって、これはまたとないチャンスに見えた。

運動部にいた人なら誰でも分かると思うが、1年生はありとあらゆる雑用を完璧にこなさなければならないので普通は帰りが最も遅くなる。

つまり少しどこかで待機していれば、学校から人はほとんどいなくなってしまうのだ。

それに、何より練習後で疲れている状態では理性が鈍る。

これは酒を飲むことができない高校生にとってはとても貴重なシチュエーションだ。

なので俺は教室に忘れ物を取りに行く体で、彼女と一緒に教室に行った。

夜の教室は暗く静かだったが、月明かりのおかげで照明なしで歩くのには問題なかった。

だが、俺は疲労で理性が鈍っていた。

教室に入るなり忘れ物を取るそぶりを見せることなく、俺は彼女にヤろうと誘った。

この唐突な話に彼女は一瞬驚いていたが、今までも何度か別の場所でヤっていたからか、教室が月明かりである意味非日常的でロマンティックな状態になっていたためか、幸運にもOKを貰うことができた。

運動をした後の彼女はちゃんとデオドランドで匂いのケアをしていたが、それでも汗の匂いや女の子の匂いは隠しきれておらず、抱きしめ合うとそれはまるでフェロモンのように俺を魅了した。

さらに、パンツを脱いだ時に感じられる彼女のむわっとした熱気。

俺は前戯もそこそこに、彼女にカッチカチになったムスコを挿入した。

そんな状況を前に、もはや本能を抑えることができなかった。

ヤる時に照明はつけなかったが、それゆえにかえって彼女の息遣いや接合部からの音が鮮明に感じられた。

感度もびっくりするぐらいにビンビン。

机に手をつけてお尻を向ける彼女を強くつかみ、俺は夢中になって激しく腰を振った。

パンッパンッ

グチュグチュ……

あまり音を立てないよう気を付けたが、俺には音がとても大きく感じられた。

できるだけ我慢はしていたが、ムスコからはカウパー液が漏れているのが感じられた。

そしてそんなムスコを優しく情熱的に包み込む、彼女の愛液に濡れまくった膣。

そんな状況に俺たちはあっという間に絶頂に達し……

ドク、ドク、ドク、ドク……

ついに射精した。

あまりの気持ち良さに、そしてあまりの疲労に俺は一瞬意識を失いかけた。

その後。

俺たちは少し休んだ後、明日に響かないよう念入りに後片付けをし、教室を後にした。

そして廊下を歩いている時、彼女がおもむろにこんなことを言った。

「(本名)くんのがパンツに下りてきてる……」

その後、しんなりしていたはずの俺の息子は再び元気を取り戻し、ドクン、ドクンと脈打ち始めた。

そして自分のパンツに出しそうという感覚を感じた。

いったいどこまでエロいんだこの子は……

-学生・学校・教室
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

【中学生】小学生の頃から巨乳女のオナニーを目撃!

1.小学生の頃からすでにデカパイだった女 これは私が中学生だった頃の話。 小学4年ごろから性に目覚め、毎日のようにオナニーに明け暮れていた私。 だれでもいいから女と仲良くなりたい一心で、だれかれ構わず …

クラスの男子に頼まれて、授業中に足コキしてあげた

・フッた男子 高校2年生の時に、クラスメートのU君にいきなり告白されました。 仲はいい方でしたが、私には既に彼氏がいたので断ったんです。 U君も納得したと思っていました。 ところが、それからもしつこく …

美人な先生と保健室で初体験して気持ち良かった

『学校で人気の先生』 僕が中学生の時、学校に美人な先生がいました。 名前は、「竹井」と言い25歳ぐらいの女性です。 入学して1か月経った頃、竹井先生を見た時、驚いたものです。 女優の「名取裕子」さんと …

学校の部室でのセックスはいつもより興奮する

私が初めて学校でエッチした時の体験談です。   ・他カップルの痴態をみてしまった この時はテスト期間中に入ったばかりでした。 昼休憩になって学食で食事をし、食事を終えると散策しながら教室へ戻 …

不良女子高生の誘いを断り熟女先生とエッチ体験談

大学生のころ、教育実習で故郷にある高校へ2週間ほどお世話になります。 そこで担当するクラスの女教師が38歳の良子先生。 そんな彼女と思わぬところで関係を持ってしまいます。   〇教育実習後半 …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。