えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

雲のようなパンツとえちえちな彼女の手

投稿日:2022年8月10日 更新日:

『午後の優しい時間の中で』

あるまったりした午後の昼下がりのことです。

中学生時代の俺と幼馴染のKは川の土手で一緒にゆっくりとした時間を過ごしていました。

Kは話したいことをあれこれ気ままに話し、俺はそれをゲームボーイカラーでポケモン金版をやりながら聞く……

当時はこのようなことをよくやっていたのですが、今思えば非常にぜいたくな時間だったと思います。

目の前の川では水面に反射した日光がキラキラと揺れ、自分たちの周りでは大小様々な草花が気持ち良さそうに風に揺られていました。

髪を三つ編みにまとめた彼女は、女の子の集団ではなかなかできないような話を含め実に様々なことを楽しそうに話していました。

 

『パンツの魔力』

俺たちにとって幸いだったのは、当時人口の少ない地域に住んでいたということです。

なのでこうして土手で話していても、人が通りがかることはまれでした。

車は時たま通りますが、信号がほとんどなく見通しも良いこの辺りでは車は結構なスピードを出していました。

よってこうしていても誰かに邪魔される、誰かに話を聞かれるということはほぼほぼありませんでした。

そんなこともあってか、彼女はこんな話もしていました。

「男と女で性に関する感じ方って違うよねー」

曰く、男はパンツやおっぱいといった要素にすぐ興奮するらしいということがイマイチ分からないとのこと。

一方、男であった当時の自分にとってはその発想がよく分かりませんでした。

ポケモンの通信対戦に向けてホウオウ(伝説のポケモン)のレベルを上げながら、女は男の股間やパンツにあまり興奮しないというような話を聞いていました。

「じゃあ、何にキュンと来るの?」

「肉体じゃなくて、王子様みたいな行動をされた時とかかなー」

「王子様みたいな行動?」

「優しくロマンティックにリードしてくれるとか」

「えー」

「だってパンツ見ただけで男ってそんなに興奮するの?」

「だいたいそうじゃね?」

俺は何気なく答えました。

そして何気なく彼女の方に目を向けました。

「じゃあこんなのでも?」

彼女はいたずらっぽく笑いながら一瞬だけスカートをめくり、ちらっとパンツを見せました。

色は校則で規定されている通りの白でした。

 

『彼女の手の中で……』

うっすらと黄金色に染まりつつある空を、白い雲が泳いでいました。

俺はそれを、さっき見たパンツと何となく重ね合わせていました。

男のそれよりちょっとふわっとした感じ。

触ったらきっと気持ち良さそうなあの感じ……

「さ、触って、みる……?」

「わお」

彼女は冗談めかして言っていましたが、俺は今がチャンスとばかりにガッツリとパンツをもみもみしました。

それは温かく、また雲のようにもこもこな感触もありました。

そして俺は無意識に、パンツをもふもふした手を鼻に近づけていました。

うっすらとした洗濯洗剤の香りと女の子のいい香りがしました。

「わあ、本当だ! すごい興奮してるじゃん……」

一方、彼女は俺の股間の方を見ていました。

息子は彼女のパンツのせいかギンギンに勃起しており、今にも絶頂に達しそうな状態でした。

「射精っていうのするんでしょ? 見せて」

「えええ……」

彼女が社会の窓を開けると、息子がぷるんと元気良く姿を現しました。

おおお……という声と共に彼女が鈴口を触ると、その刺激のためか我慢する間もなく、彼女の手に向かってドクン、ドクンと思い切り射精をしてしまいました。

ネトネトな精液が彼女の手からこぼれ、それもそれで大変えっちな構図になりました……

「肉体じゃ興奮しないんじゃなかったんじゃ……」

「でもこういうのは1回くらいは見てみたいかなって」

私たちは急いでポケットティッシュで後始末をしました。

そして今度は、パンツの中身も見てみたいと思ったのでした。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

禁欲生活の後の彼女のパンツの匂いがたまらない

・傷つく一言 学生時代に付き合っていた彼女に、漫画やドラマのようなセリフを言われたことがあります。 それは、「私の体が目的だったの?」です。 いや、そりゃまあ、それもあるし、他にもあるし・・。 20代 …

義理の娘のパンツに電流が走りました。

再婚した女は連れ子あり。 その娘は本当に可愛く、ロリ好みの俺からすると天使に見えた。 そして…我慢出来なくなった俺は、娘のパンツで心を癒します。   〇再婚女の娘は俺好み 俺が30歳の時再婚 …

パンツからハミ出るクラスメイト女子の陰毛

『クラスのマドンナ』 俺は男女共学の高校に入学し、青春の日々を送っていた。 青春とは言っても、男友達とばっかり遊んでおり、恋愛は何一つしていなかった。 そもそも、女子と話すと緊張してしまう俺は、まとも …

セフレと穴あきパンツを使ったプレイで生ハメを堪能

・マットのあるラブホへ突入 私は43歳の既婚男性です。 出会い系サイトで知り合った45歳のセフレと3年付き合っています。 段々セックスもマンネリ化して飽きてきました。 露出プレイなどマニアックな刺激が …

友達の女の子のパンツを持ち帰ってしまった

『お泊まり会』 小学4年生の頃、俺は仲が良かったクラスメイト達とお泊まり会をした。 それは1ヶ月後に行われる野外活動の練習という感じだった。 男子を含めて2人、女子も2人の計4人でのお泊まり会だった。 …



    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。