えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

パンツ・ノーパン・パンチラ

私がパンツフェチな同僚とHをして最高だった体験談

投稿日:2022年8月10日 更新日:

私のパンツに関するエッチな体験談を紹介します。

 

●Hな流れになった理由

私は職場の同僚とたまたまパンツの話になりました。

私自身つねにTバックのパンツを履いているということをカミングアウトしました。

そうしたら、Tバックが好きな男性の同僚がいて、「見てみたい」という話になったのです。

最初は冗談かと思っていたのですが、その日の仕事帰りに「今日、仕事の話があるから家に寄らない?」と誘われたのです。

本当に仕事の話だと思って待ち合わせの場所へ行き、同僚の車に乗りました。

気がついたら彼が一人暮らしをしているマンションの前にいました。

私が「どこで仕事の話をするの?」と聞いたら「俺の家」といわれたのです。

私は「えっ待って」といったのですが、駐車場にとめてしまい、手を引っ張られて家に入ってしまいました。

本当に仕事の話をするのかと思ったら、いきなり手を引っ張られてベッドに押し倒されました。

彼の部屋はそんなに広くはないので、すぐにベッドがあり、いきなり押し倒されたのです。

「やめて」といったときには遅く、彼にスカートをたくし上げられてしまいました。

スカートをはいていたので、スカートをあげられたらすぐにパンツです。

彼に「本当にTバックはいているんだ」といわれました。

私は「やめてってば」といってスカートを下げようとしたら、「Tバックだって自分で言っていたから、やりたいんだと思っていた」といわれました。

私は「そんなわけないでしょ」と言ったら彼は「ここまで来て今更無理だろ」といわれてスカートをさらにあげられて胸まで丸見えになってしまいました。

 

●彼とどんなHをしたか

その後はそのままパンツを剥ぎ取られ、ブラもホックをはずされてほぼ何も着ていない状態で裸になってしまいました。

そして、彼に胸を舐められて、そのついでにあそこも舐められて、もう逃げることができない状態になってしまったのです。

そして、そのまま「もういいよね」と言われて挿入されました。

彼はすごく上手で私が気持ち良いところを一発でねらってきます。

あまりに気持ち良いので「やめて、だめ、無理」と声をあげてしまいました。

それが余計に興奮したのか、さらに腰を激しくふってきて、記憶が飛びそうでした。

「なんだかんだ言ってエロいよね」といわれました。

そして、「もうだめだ、一回出すから」といって、外に出しました。

ですが、彼のあそこはさらに大きくなって、次はパンツをはかされて後ろ向きにされて突かれました。

バックはさらに深く挿入ができるので、さっきよりも気持ちよくて、足で立つことができなくなりました。

彼に腰で支えられてなんとか、バックですることができました。

彼が「さっきよりも締まる。ヤバいから締めないでくれ」といわれたのですが、私はそんな気はないので、どうしたらいいか分かりませんでした。

最後は彼に後ろから腕をひっぱられた状態でフィニッシュしました。

今までのHで一番気持ちよかったです。

何度イったか分からないくらい、気持ちよかったです。

彼に「俺らセフレになる?気持ちよかったし、パンツフェチなんだ」と言われて、「いいよ」と言ってしまいました。

その後彼と週に1回は会ってHをしていました。

-パンツ・ノーパン・パンチラ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

紐パンとノーブラでお兄ちゃんを悩殺しちゃった

・憧れのお兄ちゃん 今週末に親戚のお兄ちゃんが泊まりに来ることになりました。 来年、大学受験なので志望校の下見をするそうです。 これを聞いた妹は急に落ち着かなくなりました。 妹と言っても、私達は双子な …

彼氏のパンツへの執着がすごい。性癖に辟易

【ブルセラショップの興奮】 昔、ブルセラショップというのがあった頃、女子高校生や女子中学生がこぞって履いたパンツを売りにいってはお小遣い稼ぎをしていた。 写真付きや生脱ぎのオプションがつくと相当良いお …

公園に遊びに来るヤンママのパンツが楽しみな僕

『若ママのパンツが見える』 僕が住んでいるエリアに、大きな公園があります。 自然が多く、子供が遊ぶ器具もあり憩いの場所です。 公園には、いろいろな人が訪れて過ごしています。 老人、犬の散歩、親子など、 …

後輩のパンツの匂いをかいだ人生でいちばんの恥

『偶然の出来事』 ある日仕事場の後輩の女の子から相談を受けました。 家の鍵を無くしたので泊めて欲しいと。 僕は彼女と同棲していましたが彼女も後輩とは知り合いでなんの疑いもなく泊めてあげることにしました …

パンツを盗みパンコキした伝説の小学生A田君

『伝説のA田くん』 僕が通っていた小学校にはA田くんという伝説の存在がいた。 そいつは一言で言えばガキ大将だ。 小学生でありながら中学生をボコボコにしたことがあるとか、バイクに乗った警官を転ばせたこと …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。