えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

大学生(JD)初体験・初えっち

かわいいサークルの先輩が童貞キラーだった体験談

投稿日:2022年3月31日 更新日:

『サークルの新歓コンパで飲み過ぎて』

大学入学後、俺は誘われるままにテニスサークルに入った。

テニスには、さほど興味はなかったが、ビラをくれた先輩が美人だったことが決め手だった。

高校時代は男子校だったために、彼女どころか女子と話す機会もなかった。

同じサークルなら、この美人のお姉さんと付き合えるんじゃないかと考えたのだ。

まあ、他の先輩方も優しそうで、サークルの雰囲気もよかった。

サークルに入ってすぐに新勧コンパが開催されることになった。

場所は、近くの居酒屋。

今の大学生は未成年ならば、飲酒を控えているサークルもあると聞くがが、当時はその辺りが随分と緩かった時代。

自己紹介の段階では、グラスに並々とビールを注がれていた。

一言喋ると一気コールがかけられ、飲まされる。

うまく飲めなかったら、粗相だと言われて、また飲まされる。

とにかく飲まされた。

気づいたら、俺はトイレの個室で吐いていた。

口の中が酸っぱかった。

「大丈夫かな。ごめんね。結構飲ませちゃったね」

背中をさすってくれる声に、その時に初めて気づいた。

あの美人の先輩だ。

「少し夜風に当たろうか」

先輩は、俺を店の外に連れだし、近くの公園に二人で歩いて行った。

ベンチに座っていると、先輩がペットボトルの水を買ってきてくれた。

「しっかり水を飲んでいた方かいいよ」

俺は、先輩から渡された水を、ぐいぐいと飲んだ。

「ああ、喉が渇いた。私も少しもらっていいかな」先輩は、俺の手からペットボトルを取ると、一口飲んだ。

間接キスだ。

童貞の俺は、それだけで不覚に興奮してしまっていた。

「間接キスしちゃったね。よかったかな」

先輩が俺の顔を見ながら、無邪気に笑った。

俺は、返事もできずにどぎまぎした。

その姿が面白かったのだろうか。

「キスしたことぐらいあるでしょう」

先輩はそう言いながら、また笑った。

「いえ、高校は男子校だったから、彼女もいなくて」

「じゃあ、私としてみようか」

先輩が顔をぐいと近づけた。

自分の顔が赤くなるのを感じた。

「冗談よ。恥ずかしがっちゃって。かわいいね」

その言葉を聞いた俺は、衝動的に先輩の背中を抱きしめ、強引にキスをした。

唇は、柔らかく、少しビールの匂いがした。

先輩は嫌がっているのではないかと思ったが、そんな素振りもなかった。

興奮した俺は、そのまま先輩の胸にシャツの上から触った。

「ちょっと。恥ずかしいよ」

「胸をもまれたことぐらいあるでしょう」

「でも、ここは公園だし」

「暗いから誰もいませんよ」

「先輩が意地悪を言うからですよ。俺だって男だからからかったのが悪いんです」

俺は、シャツをめくると、ブラジャーをずらした。

暗くてよく見えなかったが、胸をまさぐっていたら、乳首があった。

俺は、舌で乳首を舐めた。

「あ。恥ずかしいから」そう言いながらも先輩は小さくあえでいた。

舐めていると先輩の乳首が立ってきた。

「ねえ、公園は恥ずかしいから。私の部屋に行こう」先輩は、俺の耳を軽く噛みながら、ささやいた。

『先輩の部屋に移動して』

先輩の部屋は、綺麗に片付けられていて、バニラのお香の匂いがしていた。

ドアのロックをかけると、俺は先輩にキスをした。

「あわてないでよ」そう言いながら、先輩は俺の股間を触ってきた。

俺のペニスは、ジーンズの上からでもわかるぐらいにはっきりと勃起をしていた。

先輩がペニスをジーンズ越しに軽くなでた後に、おもむろにファスナーを下ろした。

露になったペニスを口にくわえると、チュパチュパと音を立てながらフェラを始めた。

童貞の哀しさか、俺の息子はすぐにドクンドクンと脈打ち、先輩の口に精液を放出した。

「いっぱい出たね。でも、まだまだいけるでしょう。ベッドに行こう」先輩は、口元を軽くぬぐいながら言った。

ベッドに行くと、先輩は俺のシャツをはぎ取り、首筋から胸元にかけて舐めた。

「気持ちいいかな」

「はい、気持ちいいです」

「もっと気持ちよくしてあげようか」

先輩は、俺の乳首をチロチロと優しく舐め始めた。

「ほら、もう大きくなってきた」ついさっき射精したばかりだというのに、俺のペニスは再び勃起をしていた。

「ねえ、私のあそこに入れたいでしょう。入れさせてあげるからね」

先輩は、俺をベッドに押し倒して、ペニスを自分の中に入れた。

俺に馬乗りになった先輩は、気持ちよさそうに腰を動かしていた。

「気持ちいい。最高よ」

先輩は、自分の胸を揉みながら、俺にキスをする。

そして、再び射精の兆しが出てきたので、すぐにペニスを抜いて、先輩の腹に精液をかけた。

 

『後日談』

これが俺の初体験だった。

どうも先輩は、俗にいう童貞キラーって奴だったらしい。

その後も、何度かHをしたが、俺に別に好きな子ができたので別れることになった。

-大学生(JD)初体験・初えっち
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

性感マッサージ師に処女卒業させてもらった大学生の私

初体験は何と22歳、50歳の男性によるもの 私は元々男性経験をする年齢が遅く、初めてセックスを経験したのが22歳、大学4年生の冬でした。 もう就職先も決まっていましたし、卒論もめどがついていた私は、少 …

美人女教授に単位を懇願したら筆おろしされた話

【プロローグ】 大学生の俺はとある研究室の一室にいた。 俺が在籍する大学の理工学部教授・牧原由乃の研究室だ。 牧原教授は学内屈指の美人人妻教授として有名である。 研究家が纏う白衣の下に着用した黒のポロ …

Gカップ巨乳の同級生とワンナイトした話

・導入 今回は大学時代の巨乳の同級生(あかり)とワンナイトした話。 僕は高校まで部活に打ち込んでいたため、彼女ができたこともなく、童貞だった。 しかし、コミュ章というわけではなく、女友達はいた方だ。 …

セックスにあこがれる草食男子と控えめ女子の出逢い

小さな頃から太っていて引っ込み思案な性格は大学生になって変わらなかった。 周囲の彼女がいる友人が羨ましくて仕方がなかった。 携帯が普及しだした時でどうやったら女の子と携帯番号を交換できてどんな話をすれ …

挿入前にあえなく暴発!ほろ苦い童貞卒業体験談

【付き合うきっかけはテニスサークルの夏合宿】 私が20歳になったときの話です。 当時、私はテニスサークルに入っていて、サークルのメンバーと一緒に、清里(山梨県)にある大学寮まで合宿をしに行くことになり …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。