えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

高校生(JK)初体験・初えっち

幼馴染の高校生に成長した裸姿。初めてのエッチ

投稿日:2022年2月24日 更新日:

小学校に入る前からの近所付き合いで幼馴染の「はるか」との初体験の時の話です。

 

・「はるか」との関係性

「はるか」とは幼少の頃から小学校、中学と同じ学校で高校も同じ学校を受験し2人とも無事に合格し、中学卒業と同時に告白をして付き合う事となりました。

付き合い始めてからも元々気の知れた仲なので大きな変化は有りませんでしたが、ある日デートの帰り別れ際に始めてのキスを交わしてからは一気に関係が発展していきました。

 

・事の始まり

その日は互いの両親が仕事で遅くなるという事もあり家も近いので一緒に晩御飯を食べようと「はるか」の家にお邪魔していました。

ご飯を食べ終えて「はるか」の部屋のベットに隣り合って腰を掛けテレビを見ていましたが、ふとした瞬間目と目が合い見つめ合う感じになりました。

先日交わした唇の感触を思い出すといてもたってもいられなくなり気が付くと「はるか」の唇に自分の唇を重ねていました。

最初は軽く触れる程度のキスでしたが次第に舌を絡め合うキスに変化して「はるか」も積極的に舌を出してきたので興奮が抑えられなくなり「はるか」の薄い胸に手を触れてみました。

ピクンと驚いたような反応を見せましたが拒絶されるような事も無かったのでそのままベットに押し倒してしまいました。

 

・まずは上半身

押し倒したのはいい物の始めてなのでよく分からないので取り合えずキスを継続しながら胸に触れていた手に優しく力を入れてみたり、キスから首筋に舌を這わせてみたりとそれっぽい事をしてみることにしました。

服を脱がしてもいいかと確認したら小さく首を縦に振ったのでその時着ていた制服のブラウスのボタンに手を掛け脱がせてみると水色の可愛いデザインのブラジャーが印象的で同世代の女の子の下着姿を始めてみたので心臓の音が早くなるのを感じながら今度はブラの上から胸に触れてみる事にしました。

ブラって案外硬いんだなという感想を抱きつつ両手を背中に回してブラのホックを外すと上半身が完全に裸になった事で小さな胸が露わになりました。

その先端には主張するかのようにツンと乳首が君臨していました。

乳首に触れてみると小さく喘ぎ声を漏らす「はるか」でしたがその声をもっと聞いてみたくなり乳首に舌を這わせて舐めたり口に咥えて吸ってみたりする度に反応するので感じさせる事ができて嬉しく感じました。

 

・いよいよ下半身

胸の感触と乳首を楽しんだので手をゆっくりとウエスト回りから徐々に下がって制服のスカートに手を掛けめくり上げるとブラとおそろいの色のパンツが露わになりました。

クロッチの部分に指を上下に這わせていると「はるか」が下着汚れちゃうから脱がせて欲しいと言ってきたのでスカートとパンツを脱がせるとうっすらとした陰毛の先には女性器がありました。

小学生の頃は一緒にお風呂に入っていたりしていたので実は見るのは完全に始めてでは無かったのですが成長しまだ大人への成長段階とはいえ明らかに小さな頃とは違っていたので身体は大人になっているんだなと感じました。

ここまできたら引き下がれないと思い「はるか」の性器に指を入れるとクチュっとした感触と音が聞こえると恥ずかしそうに手で顔を隠す「はるか」がとても可愛らしいと感じ、ゆっくりと指の腹で膣内を押すような感じで指を動かすと指に吸いつくように膣肉が受け入れていくのを感じとれました。

痛くないか?と確認すると大丈夫だから続けてと言われたので指を第二関節くらいの所までいれて刺激してやると先ほどよりも大きな反応を示し喘ぎ声も抑えられなくなってきたのか先ほどよりも大きな声に変わっていき、その反応一つ一つが僕を興奮させ気が付くとイチモツがはち切れんばかりに勃起していました。

 

・初めて繋がる

最後まですると最終確認をとり近くにあった自分のカバンからコンドームを取り出してきてズボンを脱ぎます。

完全に勃起したイチモツを見た「はるか」は興味があったのか手で触れきて硬いとい感想を言うと指で輪っかを作り手コキで扱き始める。

勿論女の子に扱かれるなんて初めてで自分でするのとは全然違った感覚で肉体的にも精神的にも味わった事のない気持ち良さがありましたが刺激的すぎて直ぐに果ててしまいそうになったので一端ストップをかけてコンドームを付けました。

いよいよ本番で上手くできるか分からないけれど正常位で上から覆いかぶさるように体を重ね「はるか」も受け入れる為に足を大きく開きました。

いざ挿入の時と思ったのですが意外とすんなり入ってくれずに焦りましたが落ち着いて入口にイチモツを押し当て慎重に腰を突き出すと先端が膣内に入っていきました。

「痛っ」と「はるか」が声を発したので慌てましたが大丈夫だから続けてと言ってきましたのでそのままイチモツを膣内の奥へ進めます。

苦痛で顔を歪ませるのでこのまま続けて大丈夫なのかと思っていたら「ちょっと痛いけど繋がれて嬉しい。私に気を使わないで好きなようにしていいからね?」

明らかに無理してるのにそんな事を言ってくれたのでその気持ちを無駄にしたくないのとなるべく早く終わらせようと腰を動かし初めて味わう膣内の締め付けや温度が気持ち良くあまり長持ちせずに果ててしまいました。

イチモツを抜くと「はるか」の股から破瓜の証が流れていたのをみると初めてをもらったんだなという実感と嬉しさと罪悪感とよく分からない感情が浮かんできたのを今でも鮮明に覚えています。

 

・その後

最初の一回をしてしまってからは高校生という多感な時期で性に対する興味もあったのでこちらから押し倒したり、「はるか」の方から誘ってきたりと結構な頻度で体を重ねて色々なプレイを試してみたりするような関係になっていました。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

小さいころからオナニー大好き。初Hは痛くなかった

私が初Hをしたのは高1の夏休みです。 よくある話ですが、当時付き合っていた1つ上の先輩の両親が旅行に行くということで、親には友達の家で夏休みの宿題をすると言って初めて彼氏の家にお泊まりをしました。 先 …

高1の時のできた彼女のママがエロエロだった話

高校一年16歳で初めてできた彼女がM美。 見た目も可愛さも普通。 彼女の方から好きになってくれて、じゃあ付き合っちゃおうかってなった関係。 ホントは別に憧れてたマドンナがいたんだけど、相手にされないっ …

高校生でラブホに入り彼氏との初めてのセックスにドキドキ

始まり 高校2年から付き合い出した私達は、3年生になりました。 その間、手を繋いだり、キスをしたりはしましたが、その先に進むことは中々出来ませんでした。 高校生がラブホに入ることも出来ず、家には親もい …

紺色ブルマから始まるグラマラスエロ体験

『好きな女子』 学生時代、クラスに好きな女子がいた。 目鼻立ちがくっきりしていて明るいキャラクターの可愛い系の彼女。 ボーイッシュな雰囲気もあった。 当時の体育は、女子はブルマの時代。 紺色だった。 …

巨乳のパイズリによって大量射精した高校生の結末

・受験を控えていた俺の前に先輩ケイコが現れた 俺が童貞を卒業できたのは高校3年になったばかりの頃。 受験に専念したかったから頑張ってきたバスケを引退しばかりで目標は大学合格になっていた。 ところがある …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。