えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生初体験

高校生時代の修学旅行で、初めてのセックスを体験。

投稿日:2017年11月8日 更新日:

■修学旅行の夜…

高校2年生の秋に修学旅行がありました。

メインはディズニーランドです。

初日にバスに揺られ、ディズニーランドに到着し、仲の良かったカップルと、僕と彼女の4人で満喫しました。

 

夜になり、宿泊先のホテルに到着しました。

ホテルは2人1部屋です。

こっそりと先生に見つからないように友人と抜け出し、彼女と友人の彼女のいる部屋に入ることに成功しました。

「今日は楽しかったね」「そうだね」といつも通りの楽しい会話が弾んでいました。

「そういえば、あなたたち、Hしたことあるの?」と友人の彼女が言い出しました。

「まだ、無いよ」

「あなたがたは?」「あるよ」

「えっ、まじで、いつの間に?」「そっちこそ本当にないのかよ」

といって、我々2人に見せつけるようにキスし始めました。

 

その後、友人たちはフェラを始めました。

「どうしようか?」「私は、別に今日でもいいよ」「おお、そうか・・・」

我々2人もキスし始めました。

キスしながら彼女の胸を揉み始め、シャツを捲り、ブラジャーを外し、オッパイにしゃぶりつきました。

「や~ん、きもちいい」そのすきに、スカートを捲りあげ、下着の上から指でこすっていると、「あっ、あっ、スゴイ、きもちいい」といって、下着が濡れ始めました。

下着の中に指を入れGスポットを攻め立てると、さらに喘ぎ声が激しくなり「だめぇ、いっちゃうぅぅぅぅぅ」といって、大量の潮を吹きだしました。

他の二人はにやけながら、こちらを見ていました。

 

■初めての…

いよいよ、初めての本番行為です。

正面から彼女に挿入し、腰を振り始めました。

彼女のあそこからは、思っていたよりも血が噴き出しました。

すると、彼女が「あっ、あっ、痛い、だめぇ、やめてぇ」と叫びました。

彼女の目からは涙が零れ落ちていました。

あまりにも、痛がっていたので、すぐに、モノを抜きました。

「ごめん、あまりにも痛かったから…」「気にするなよ、最初は誰でも痛がるんだよ」

「どうしよう、入りそうにない…」「大丈夫だよ」

「もう一回試してみる」「そうだな」

もう一回挿入してみましたが、やっぱり彼女が痛がったためにすぐに中断しました。

「今日はやめておこうか」といって、男性2人は、部屋を後にしました。

■2日目の夜に…

次の日も、あちこち移動し、観光地を巡りました。

彼女とは移動中のバスも隣り合わせでしたが、いつになく会話が盛り上がりませんでした。

昨日の夜のことを気にしているようでした。

「きのうはごめんね」「いいよ、気にするなよ」

「今日も夜に部屋に来てくれる?」「分かった」といって、一度別れました。

 

夜になり、昨日と同じようにこっそりと部屋を抜け出し、彼女らのいる部屋に入ることに成功しました。

友人の彼女にどうすれば痛がらないか、相談しました。

すると、友人の彼女が、騎乗位で始めて、彼女のペースでやればいいんじゃないかと言いました。

 

最初は、昨日と同じようにGスポットを刺激して、潮を吹きました。

その後挿入した方が、痛がらないと友人の彼女に言われたからです。

そして、騎乗位の体勢に持ち込みました。

「そっちのペースでいいよ」「うん、じゃあいくよ」

 

騎乗位が始まりました。

昨日と違って、血が出たりすることもなく、痛がっている様子もありませんでした。

「大丈夫みたい、じゃあ、腰を動かしてみるね」といって、ゆっくりと上下に腰を動かし始めました。

「あっ、あっ、気持ちよくなってきた」快感が伝わってきたみたいで、徐々に彼女は動きを速めてきました。

「どう?感じる?」「うん、その調子」というと、彼女のあそこはピチャピチャと音を立てながら、その後ハメ潮まで吹きだしました。

「あ~ん、気持ちよかった」

 

■3日目の夜も…

3泊4日の旅行も、3日目の夜ともなると寂しさもこみ上げてきます。

今度は、彼女らに我々の部屋に来てもらいました。

すると、友人から「せっかくだから、3Pしようよ」と言われ、やってみることにしました。

 

友人の彼女がお手本代わりに先に僕にフェラをしながら、友人がバックの体勢で始まりました。友人たちも3Pは初めてだったと言いました。

「あぁぁぁぁ、すごい、いっちゃうぅぅぅぅ」友人の彼女は、友人の激しい腰つきに、大量のハメ潮を吹きだしました。

今度は僕が、友人の彼女にバックから挿入しました。

彼女よりも締め付けがきつく、気持ちよかったです。

 

次に、彼女が3Pをしました。

最初は友人にフェラをしながら、僕が後ろから攻め立てました。

バックから攻め立てられるのはこの時初めてでした。

いつも以上に喘ぎ声を上げ、ハメ潮を吹きだしました。

 

その後、僕にフェラをしながら、友人には騎乗位をしました。

最初は騎乗位でしたが、途中からバックし持ち込まれました。

友人の方が、経験豊富な分、彼女も「スゴイ、スゴイ、だめぇ、いっちゃうぅぅぅぅ」といってまたしても、ハメ潮を吹きだしました。

修学旅行で、他の人には言えない、最高の思い出が出来ました。

-高校生初体験
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

整体院の女性スタッフは実はエロ整体師でセックスした体験談

「僕のこと」 初めまして、現在社会人3年目の25歳のサラリーマンです。 意気揚々と社会に出たのは良かったですが、違った道もあったのではないかと考え込んでみたりする日々です。 彼女がいれば相談したり慰め …

no image

高校時代、花火大会の帰りに彼女と公園でセックス

私は中学時代は女子生徒と親密になることができませんでした。 その反省を活かして、高校生になったら絶対に彼女を作って青春をエンジョイしようと考えていました。 そして自宅から自転車で行くことができる一番近 …

no image

素人すぎる純朴高校生の初エッチ体験!お相手は大学生

”横浜の田舎から大都会へ高校デビュー” 横浜市の中学に通っていた私は、友達の中で、お笑い担当でした。 彼氏という単語すら3年間使った事がありません。   高校は渋谷乗り換えの都内の学校に入学 …

no image

いとこのおっぱいとお尻に興奮し童貞卒業計画を実行

従妹の麻衣 私は、神奈川県在住の男性です。 私には、4歳年上の麻衣という従妹がいます。 私の実家のすぐ近くに住んでいた麻衣は、目が大きい人形のように可愛い女の子でした。 また、彼女は昔から頭が良かった …

no image

初めての入院中に女性看護師と夢のようなセックスをした

■入院することに… 部活で骨折して入院することになりました。 人生で骨折したり、入院したりしたことはなかったので、しばらく安静にするように言われました。 医者の指示に従い、ベットで休む日々が1週間くら …