えっちな体験談

ギャルに逆ナンされ、そのままトイレで変態的なセックス

投稿日:2018年7月28日 更新日:

文武両道でモテモテだった青春時代

私は、現在35歳の男で名前は渉と言います。

私は昔か背が高く、その身長を生かして小学校から高校までバスケットボール部に所属していました。

運動神経抜群だっただけでなく、勉強もある程度の成績を修めていた私は、女子からもある程度の支持を得ていました。

そんな私が「男」になったのは中学二年生の時で、その後も彼女が途絶えることはありませんでした。

 

年上女性にナンパされる

そんな私は、高校二年生の時の夏休み、地元の花火大会に当時付き合っていた彼女の友美と参加していました。

地元の花火大会は、県内でも指折りの大規模な花火大会で、県外からも多くの観光客が訪れました。

その為私は、花火鑑賞用の席を事前に二人分予約しておきました。

 

私達は、ブルーシートの上で枝豆や焼き鳥を頬張りながら夏の夜空に光り輝く花火を楽しみました。

二人で浴衣姿で花火デートをしていると、自分が今青春の真っただ中にいる事を実感させられました。

花火のプログラムも中盤に差し掛かった時、友美が突如「ちょっと友達の所に言ってくるー」と言って席を立ちました。

一人でブルーシートに座っているのも退屈だった私は、一人で屋台を回ることにしました。

 

ぶらぶらと屋台を見てまわって人々を観察していると、老若男女問わず楽しそうに見えました。

かけっこをしている子供もいればナンパをしている男もいる…。

そんな中、私の後ろで「ねえ、歳幾つ?可愛いじゃない。」という若い女性の声がしました。

私はこれが所謂「逆ナン」ってやつかと直感的に思いましたが、まさかそれが私に向けられた言葉だとは予想していませんでした。

 

そのままトイレでエッチしてしまい

私が振り返ると、当時流行っていたガングロギャル風の女性がニコニコしながらこちらを見ていました。

22歳の女子大生の成美というギャルは、へそが出た短いシャツと短いパンツを履いていて、シャツからはFカップはあろうかというおっぱいがちらっと見えていました。

私は、成美から感じる同年代の女の子にはないエロいオーラに魅了され、その場でつい勃起してしまいました。

それを見た成美は、「うふふ、可愛い。私で良かったらエッチの相手をしてあげてもいいわよ。」と信じられない言葉を発したのです。

完全に理性が飛んだ私は、そのまま成美に手を引かれ洋式の仮設トイレの中に入りました。

 

中に入ると、成美は我慢できないといった表情で「ああ、早くチンポ舐めさせて…」と言って私の浴衣を脱がしパンツを下げました。

成美は、私の汗臭いチンコをまるでアイスキャンディーを舐めるように美味しそうに頬張りました。

狭いトイレの中はサウナ状態でしたが、「臭いチンポ美味しい…」と淫語を言いじゅるじゅるといやらしい音を立ててフェラをする成美を見ていると、暑さよりも快感が勝りました。

 

私は、跪いている成美のおっぱいを鷲掴みしに、10代とは違う大人の女性の柔らかいおっぱいの感触を楽しみました。

触るだけで満足できなくなった私は、成美に「おっぱい舐めていいですか…」と聞きました。

成美は、フェラをしながら「そんなに私のおっぱい気に入ったの?それじゃあ、僕は変態なので女のおっぱい舐めたいです…って言ってごらん。」と挑発してきました。

私は、飼いならされた犬のように復唱しました。

成美の小麦色に日焼けした美しいおっぱいが露になると、私は無我夢中でおっぱいを舐めまわしました。

男子高校生に犯されていることに興奮したのか、成美も次第に「んんっ…あん…」とエッチな声を漏らしだしました。

更には成美は、「ねえ、乳首噛んで虐めてちょうだい…」とリクエストしてきたのです。

私は言われるがまま、浅黒い乳首を甘噛みして成美をさらに気持ちよくしました。

友美とのエッチでは勿論、これまで付き合った女の子の中でここまで要求してくる子はいなかったので、私はただただ成美の淫乱ぶりに驚かされました。

 

成美は私のチンコを再び握り、少ししごいた後ポケットからコンドームを出し、慣れた手つきでチンコに装着させました。

成美は私を便器に座らせると、いきり立った肉棒の上に自ら乗りました。

成美は「ああん、ああん」とAV女優顔負けの喘ぎ声を出し、自らおっぱいを揉んでいました。

肉付きのよい成美が思いっきり私の上で腰を動かしたので、便器はギシギシと振動しました。

しかし、その頃外では花火がクライマックスであるスターマインに入っていたので、こちらの音は全てかき消されていました。

私と成美は、音が外に漏れていないことをいいことに本能の赴くまま腰を振り続けました。

そして、花火の音がこだまする中、私は大量の精子を特大花火のごとく発射し成美もナイアガラの滝のごとく潮を吹いて昇天しました。

 

成美とのエッチの後、私は急いで予約した席に戻りました。

幸い友美とほぼ同時に席に戻ったため、不審に思われることはありませんでした。

しかし、友美になぜそんなに汗をかいているのか聞かれると、うまく誤魔化すことができませんでした。

-えっちな体験談
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

尊敬する先輩社員の素敵な奥さんを抱き不倫関係になった僕

38歳の既婚の会社員です。 会社でよくしてもらっている先輩にHさんという人がいて、年は僕より3つ上なんですが、課長代理として仕事もでき、人望もあり、素晴らしい人です。 Hさんは酒も好きで、よく飲みにつ …

no image

若気の至りでバイト先の店長と中出しセックス。不倫関係に…

【バイト先の店長に憧れて…】 私が大学1回生、19歳の時の話です。 学費の足しにするため、授業のない時間はファミレスのアルバイトに力を入れていました。 特に深夜は時給が良いので、閉店作業のシフトにも率 …

no image

入浴中の裸を覗かれた。その犯人はまさかのお寺の尼さん

修行体験合宿で行ったお寺の尼さん 私は昔から人の役に立つことが好きで、大学時代様々なボランティア活動に積極的に参加していました。 海岸や河川敷の清掃作業や、高齢者への支援などの他、特に子供たちの支援に …

no image

結婚して間もない頃に初めてした女子大生との浮気の話

その当時、私は学習塾で数学の講師をしていました。 主にはセンター試験対策でしたので、高校3年生が対象でした。 ですから、生徒たちが卒業するとすぐに大学生になります。 そして大学生になると、彼らや彼女た …

no image

セクキャバ嬢とデートしてすごくイチャイチャした思い出

35歳独身男性です。 もう5年ほど前の話になります。 当時は都内でサラリーマンをしていて、週末、特に金曜日は定時で仕事が終わると、よくそのまま都内で遊んでいました。 当時は事務職でしたが給与もそれなり …