えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

エッチないたずら・ラッキースケベ

女子大生セフレにえっちないたずらで興奮全開

投稿日:2022年1月5日 更新日:

自分は40代男性会社員です。

今の自分には、女子大生の彼女というかセフレがいます。

ただしこの子は夜遅くまでチャットレディのバイトをしながら、見知らぬ男にオナニーを見せてあげ、ほとんど昼間はだらだらとした生活を送る、本当にダラシナイ女子大生。

そんな彼女とのセックスは、毎回えっちないたずらをしながら、最後に射精するのが興奮の極みへと変わり、これが最近習慣化しています。

 

〇彼女の部屋でえっちないたずら

仕事が終わり、夕方ごろに彼女のアパートに向かいました。

彼女の部屋に入ると、案の定イビキをかきながら寝ている彼女の姿がありました。

彼女は21歳の女子大生。

見た目はなかなかの美女であり、スタイルの方も出るところはでて、引っ込むところは引っ込んでいる抜群のプロポーションでなかなかグラマーな女。

そして彼女との出会いは出会い系サイト。

出会った早々セックスは済ませ、今は自分のセフレといったところです。

それにしてもよく寝ています。

そして彼女の枕もとを見ると、電動バイブとエネマグラが転がっていました。

どうせエロチャットで昨晩もオナニーを男に見せながら、尻にエネを突っ込んでいたのでしょう。

自分はコートをハンガーにかけると早速彼女へいたずらを開始。

布団を捲ります。

そこにはなんともモチモチとした太ももと、桃のような綺麗な尻が現れます。

自分は尻を舐めまわしますが、彼女は微動だにしません。

そして両足を大きく開脚させて内腿から舌を這いずります。

本当に厭らしい身体をした女子大生です。

Tバックの紐を脇にズラシ、クンニをしてあげます。

『アーン…もう』。

少しお目覚めになったようです。

そして脇にある電動バイブを手に取り、彼女のマンコへ押し当てました。

『アー、ヤダー…アン、す、すごい…アン』と腰をクネクネし始めます。

クリにバイブを当てて、舌でマンコをベロベロします。

かなりの量で愛液が押し寄せてきました。

彼女は非常に感じやすい体質で、一晩で4、5回は平気で逝ってしまいます。

そして腰が宙に浮きながら彼女はここで逝ってしまい、またここで眠りにつきます。

自分はこれで満足しません。

サオを彼女の口元へ近づけ、唇に亀頭を擦り付けます。

我慢汁が既に垂れだしているサオと、彼女の唇が糸で結びついています。

そしてもう一度彼女のアソコをクンニすると、いつでも準備OKです。

マンコへサオを突き刺します。

『大きい…そう、そうよー』。

彼女から声が漏れだします。

ひたすら腰を振りながらも、彼女は睡魔に襲われまた眠りに就いた感じです。

それでも自分はお構いなしに腰を振り捲り。

『パンパンパン』。

部屋中にぶつかり合う音が響き渡ります。

今度は横からも突くことにします。

彼女の入り口は結構狭くて、最高の締まりを堪能できます。

そして射精です。

太ももの上に出しました。

そそくさとテッシュで拭いてあげ、その日はそのまま自分の自宅へ帰りました。

 

〇カラオケボックスでいたずらします。

久しぶりにデートです。

一緒にイタリアンを食べに行き、その後カラオケボックスに行くことにしました。

個室に入りビールを頼むと、彼女のレパトリーが始まります。

自分はここでもいたずらして楽しむことにします。

幸田を唄い続ける彼女の両足を大きく開きМ字にしました。

スカートの中から可愛らしい紺模様のパンティが現れます。

厭らしく太ももを弄り、パンティのクリ辺りを擦ってあげました。

彼女の歌う声が少々震えます。

そしてパンティを脇にズラシ、今度はクンニ。

彼女から『アン…』と漏れますが、それでも歌を歌い続けています。

頑張り屋の彼女ですが、マンコからはたくさんの液が湧きだしてきました。

そこから先はしばらく自分の指先でクリを直になぞり続けます。

ジャンジャンと彼女のレパトリーは続きました。

自分は歌を聞きながらも手を休めることはありません。

大きなオッパイを揉みほぐしながら、クリは相変わらず弄り続けています。

そして今度はズボンのファスナーをおろし、サオを彼女の口元へ持っていきます。

彼女は間奏の合間に、厭らしい音を立てながらフェラをしてくれました。

本当にスケベで可愛い女子大生です。

そしてサオがすっかり出来上がると、彼女を立たせます。

外から店員にでもバレると不味いので部屋の隅へ移動し、バックからサオを突き始めました。

彼女の歌声と、彼女の尻にぶつかり合う音が、綺麗なハーモニーを奏でています。

さすがの彼女も声が完全に震えはじめます。

そろそろ逝きそうな気配です。

そして曲のエンディングに近づき、完全に音程を外しながら出たセリフは『逝く…逝きそう…アッ、もうダメ―』と言いながらそこへへたり込みました。

自分はそんな彼女のダラシナイ姿を見ながら、サオをシコシコとシゴキ、彼女へ顔射しその後はお掃除フェラで終了です。

彼女も決して嫌々ではなく、このえっちないたずらプレイを十分に満喫しています。

多少ダラシナイ女ではありますが、刺激的なセックスが最高に楽しめるセフレであり、いつも自分は興奮全開です。

-エッチないたずら・ラッキースケベ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

玄関で彼女とハプニング的な即ハメセックスを楽しんだ

・彼女と週に何度もセックスしている どんなに忙しくてもセックスを定期的にすることが愛を確かめ合うために必要だと思っている。 だから、最低でも週に2回は彼女を抱くことを決めている。 騎乗位や座位などいろ …

色んなパンツを買い揃えていたチャットレディ時代

「チャットレディのバイトをしていた」 数年前までチャットレディのバイトをしていました。 自宅でやっていたのですが、週に2~3回主に週末の昼間と夜間に出演していました。 その時、常連のお客様から様々な要 …

高校生の娘のパンツのにおいを嗅いでしまい我慢できず…

自分は30代男性。 昨年、子持ちのバツイチ女性と再婚しました。 当初は仲睦まじい関係で3人での生活を楽しんでいましたが、ある日娘の魅力に虜となった自分は、やっていはいけないえっちないたずらに喜びを感じ …

子供の頃にお姉さんにエッチないたずらされた体験談

僕は子供の頃に、あるお姉さんからエッチないたずらをされたことがあります。 セックスのやり方とかが、まだ分かってないくらいの年齢でした。 子供の頃のある日、僕は友達と公園でサッカーをして遊んでいました。 …

女友達と一緒に、えっちないたずらを決行

『女友達と一緒に、えっちないたずらを決行』 僕が学生時代の話です。 エイプリルフールが近づいていたある日のこと、僕は何人かの女友達と一緒に、えっちないたずらをしようということになりました。 彼女らから …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。