えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

体験談、妄想話、創作話が閲覧できるサイトです。

調教・SM

中学時代に、先輩に調教されてゲイになってしまった

投稿日:

『ゲイの先輩が部活にいた』

僕は、中学時代、サッカー部に所属していました。

毎日練習を行い、休日は試合で他校へ行くのが日課です。

仲間と楽しいサッカーは、中学時代の楽しみの一つです。

そんなサッカー部には、部員が30人ほどいて普通のレベルになります。

市内でいうと、3回戦に残る感じの強さです。

部員には、個性的な男子もいてよく遊ぶ事もありました。

しかし、先輩には、少しきつい人もいて厳しい指導も。

1番思い出に残っている先輩として、「吉高」さんという人が挙げられます。

顔は、ジャニーズ系で元シブがき隊にいた本木雅弘さんと似ています。

吉高さんは、プレーは普通でしたが、隠れた性癖を持った1年先輩です。

それは、「ゲイ」という同性愛者だったのです。

それを知ったのは、ある出来事になります。

ある日、サッカーの練習が終わり帰ろうとしていた時です。

「おーい。ちょっと来て」

と、僕を呼ぶ声が聞こえてきました。

呼ばれた場所は、部室の裏で辺りは暗かったです。

吉高さんは、僕に話し掛けてきて数分起った頃、いきなりキスをして来ました。

僕は、驚きましたが、キスをされてすぐに離れます。

すると、吉高さんは、

「わるい。わるい。行っていいぞ。」

と、言い僕は家に帰りました。

 

『練習後、エスカレートするゲイ行為』

サッカー部の先輩である吉高さんに、ファーストキスを奪われた僕は、それから、調教されるかのようにゲイ行為をされて行きます。

キスから、3日後、また吉高さんに呼ばれ行ってみると、

「あのキス誰にも言ってないだろうな。」

と、言ってきました。

僕は、「はい。言ってません。」

と、伝えると吉高さんは、またキスをしてきます。

今度は、キスをしながら僕の胸を揉んできたようです。

僕は、片手で振り払おうとしましたが、少し気持ち良かったのでされるままです。

その後、行為は終わり僕は家へ帰る事になります。

家に帰ると、吉高さんに揉まれた胸を思い出します。

相手は、男性ながら気持ち良かった事が浮かんできました。

僕は、サッカーの練習になると、少しずつ吉高さんを意識して行く日々です。

吉高さんの行為は、どんどんエスカレートして行きます。

なんだか、されるがままのように調教気分を感じる僕です。

 

『家でフェラさせられる』

吉高先輩をゲイと知った僕は、さらに過激な行為を行わされます。

ある土曜日、練習が午前中で終わり家へ帰ろうとしていた時です。

「2時に家に来いよ。」

と、吉高さんから言われます。

僕は、拒否する考えはなく昼食を食べると吉高さんの家へ行きました。

吉高さんの家は、1軒屋で家には誰もいません。

部屋に呼ばれると、エロ本を一緒に見る事に。

30分ぐらい経った頃、吉高さんは僕のアソコを触ってきます。

「大きくなってるか?」

と、言うと、僕のズボンとパンツを下ろし性器を出されました。

そして、僕の性器を動かし始めて気持ち良くなる僕。

「気持ちいいだろう。」

と、吉高さんは言うと、次の瞬間、固く大きくなっている僕の性器を口に含みました。

僕は、驚き、

「ダメですよ。」

と、言いましたが、吉高さんは舌でレロレロと舐め始めます。

初めて舐められる性器でしたが、やはり気持ちが良いです。

されるがままのごとく、快感を感じている僕がいます。

「今度は、俺のも舐めてくれ。」

吉高さんは、僕に言いました。

僕は、少し抵抗を感じていると、吉高さんは、性器を出します。

大きい性器は、僕の顔の前にあり口に突けて来ました。

僕は、口を開けると受け入れるように性器を咥えたものです。

「舐めてくれ。」

吉高さんは、そう言うと、僕は舌で舐めてしまいました。

調教されているかのように従っていると、白い液体が僕の口の中に、発射されます。

「うっ」

僕は、液体を口から出しティッシュペーパーに出します。

「ありがとうな。」

吉高さんは、言うと僕は家へ帰りました。

 

『お尻に入れられて快感に嵌る』

初めて男性の性器を舐めた僕は、少しずつ男性を意識するようになります。

ある日、いつものように練習が終わり帰ろうとしていると、吉高さんから、また家に誘いの声がかかります。

家へ行くと、今度はいきなりのキスをされて舌を絡めてきました。

そして、パンツも脱がされると、フェラをされます。

次に、お尻の穴を開かされて弄って来ました。

「気持ちいいだろう。この穴」

吉高さんは、言うと指を穴に入れて来ます。

「痛い。」

僕は、思わず声を上げると、さらに指を入れてきた吉高さん。

指は、どんどん奥へ入って行き少しずつ気持ち良くなっている僕。

「もう痛くないだろう。気持ちいいだろう。」

吉高さんの調教は、さらに進み僕は4つんばいにされます。

そして、お尻の穴に吉高さんは、自分の性器を入れて来ました。

「痛い。痛いです。」

僕は、声を上げて言いましたが、中へ奥へ性器は入って来ます。

不思議な感覚と、少しずつ快感を感じる僕。

吉高さんは、腰をゆっくり動かして来れているようです。

しかし、僕のお尻の穴は、だんだん気持ち良くなり変態になっています。

数分後、吉高さんは、お尻の中に白い液体を出したようです。

ヌルっとした感触を感じた僕は、ティッシュペーパーで拭きました。

サッカー部の先輩にゲイ行為を調教された僕は、その後女性より男性に興味を持つようになります。

そして、気づいたらゲイになってしまいました。

 

-調教・SM
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エロ爺の通い妻として調教されちゃった

『エロ爺との出会いは突然に』 僕の日課はジョギングです。 いつも夕方は河原を2キロほど走るようにしています。 ある土曜日の夕刻、僕が河原を走っていると、見た目70歳ぐらいのおじいさんが歩いてきました。 …

no image

私の全てを調教したい夫との性生活の全てを記録。

私は27歳の時に結婚をしました。 彼との出会いはお見合いでした。 自分の中ではお見合い結婚だけは避けたいと思っていたので、結婚をする事になった時には若干の屈辱みたいなことも実は感じていたのです。 そん …

no image

ロリ巨乳妻とした野外露出プレイの過程と体験談

・妻のスペック あずさ(24歳)よく高校生と間違われる位に童顔。 身長も低く、酒を買うには身分証を出さないと売ってもらえない。 しかし、Fカップ巨乳の持ち主で毎日揉んでいる。 付き合って3年、結婚して …

no image

年下男を調教して自分だけの男に育て上げる方法

・童貞の彼氏ゲット 私は、40代の女性です。 私には同年代の彼がいますが、性的な意味では満足してはいませんでした。 テクニックもなく、回数も少ない。 自分だけが満足すればいい。 そんなセックスばかりで …

no image

調教され、女子大生の時にスカトロプレイを初体験

私にはとても人には言えない過去があります。 その時はそれが自分にとってベストなことで、その事が正しいと思っていたので、全てを心の底から受けれて生活をしていました。 その後、段々と体も心の精神も成長して …