えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

舐め犬・クンニ

5つ年下の舐め犬彼氏の変わった性癖とは

投稿日:2021年9月23日 更新日:

・男性の性癖

今まで何人かの男性と付き合って(または、体の関係だけになって)きましたが、それぞれに違った性癖があったように思います。

まあ、やっぱり多くの男性が、おっぱいに夢中になるんですけどね。

幸いなことに、私はそれなりに大きなおっぱいの持ち主なので、がっかりされるようなことはありませんでした。

とはいえ、男性全てが大きなおっぱいに惹かれるかと言われれば、決してそうではないんですけどね。

中にはむしろ小さいほうがいいという人もいますし、あまりにも大きいのはちょっと、という人もいますよね。

どうなんですかね、結局のところ、大きさっていうのは、あまり関係ないのかもしれませんね。

大きさはさておき、とにかく胸元がふっくらしていて、先端にかわいい乳首がついていれば、男性なら誰しも興奮してしまうものなのかもしれません。

いずれにしましても、女性のおっぱいというのは、セックスシンボルであり、男性諸君を虜にする大きなツールになるわけなんです。

あとは、尻フェチの男性も多かったように思います。

 

・レアな性癖

レアなところで言えば、ワキフェチっていう人がいたっけなあ。

あれは結構、恥ずかしかったですし、最初は戸惑いました。

ちょっと、焦ったのが、ワキ射精ををされたことです。

彼がイキそうになった時、「はあ、はあ、どこに出してほしい?」とか聞いてきたので、「どこでもいいよ」と、答えると、「じゃあ、ワキに出してもいい?」とか言ってきて・・。

最初、は?って感じになりましたけど、最終的に、ワキにこすりつけながら大量の精子をワキに飛ばしてきたんですよね。

あれは、結構衝撃的でした。

さて、いろんな男性と付き合ってきましたが、その中でも特に残っているのが、舐め犬の彼氏でした。

・控えめな彼氏

5つ年下の男性だったのですが、性格的にはとてもおとなしく控えめな感じでした。

付き合い始めても、敬語を使っていたし、何をするにも私優先にしてくれていました。

こっちが年上だから、気を遣っていたんですかね。

あとは、4人姉弟の、3人目で、ほかは全員女性だったというのも、彼のパーソナリティに何かしら影響を与えていたのかもしれません。

とまあ、そんな彼の性癖ですが、前述したとおり、舐め犬、つまり性器フェチだったんです。

もうねえ、こっちが何かしらリアクションをとるまで、半永久的に舐めているんですよね。

否、むさぼっているんですよね。

そうするとこっちも、まあ、いろんな体液がじわじわ出てくるじゃないですか。

それをまた、ひたすらすすっているわけですよ。

決して、雑ではなく、荒っぽくもなく、とてもお上品に、健気に、一心不乱に性器を舐めまくっています。

ある時なんかは、あまりにも舐められすぎて、一瞬失神しそうになったほどです(これ、ほんと)。

またある時なんかは、朝目が覚めた時に、すでに舐められていたこともあったっけ。

「ちょっと、朝からやめてよ」なんていうと、「寝顔を見てたら、我慢できなくなって・・」なんて言われましたよ。

 

・コンディションについて

そんな舐め犬の彼ですが、性器のコンディションについては、ちょっとしたこだわりがありまして。

性器のコンディション?なにそれ?って感じですが、つまりこういうことです。

彼は、私の素の状態の性器がすごく好きなんです。

素の状態、なんてまた回りくどい言い方をしてしまいましたが、要は洗っていないオマ・・、否、性器がすごく好きなんです。

なので、彼とセックスする際には、シャワーを浴びずにすることが多かったですね。

そう要望されてしまうとね、こっちも飲まざるを得ないというか・・。

ただ、自分としては彼にはシャワーを浴びてほしかったので、そうしてもらっていました。

つまり、キレイな体の彼と、そうでない私との、ある種異様な状態でのセックスが繰り広げられていたのでした。

 

・今頃どうしてるのか

ちなみに、私がシャワーを浴びていると、露骨に残念そうな表情をします。

ちょっと汗ばんで、程よく蒸れた性器が大好物なんだそう。

なので、旅行とかに行って、旅館に泊まっても、エッチをする前にお風呂に入らせてくれないんですよね。

入るのは、一通り終わった後。

うーん、私にはどうもそのあたりの感覚がわかりません。

きれいな状態で、爽やかにセックスしたほうが、いろいろと気持ちがいいじゃありませんか。

まあ、彼が好きだというのであれば、仕方ありません。

私も、男性の見た目的な好みは、いろいろありますからね。

人がとやかく言って、直るようなことでもありませんしね。

この舐め犬の彼とは、意外と気が合って、思い返してみると歴代の彼氏の中でも一番長く付き合いました。

まあ、最終的には別れたんですけどね。

今頃どうしてるのかな。

また新しい彼女の洗っていないアソコを、一心不乱に舐めちゃってるのかしら。

がんばれ、新しい彼女。

彼の洗っていない性器への執着はすさまじいよ。

気を付けないと、私のように失神寸前にまでなっちゃうよ。

まあ、こんなところでそんなこと言っても仕方ないか。

-舐め犬・クンニ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

契約の欲しい自分は女社長の舐め犬に成り下がり

現在通信機器の営業をしている25歳サラリーマンです。 この業界は大変ノルマも厳しく、毎月毎月仕事に追われる日々を過ごしています。 そんなとき、とある企業で当社の製品に興味を持っていただき契約を貰えまし …

興味本位で始めた舐め犬だが、彼女がドハマり

・無類の女性器好き 大学時代の友人に、無類の女性器好きがいました。 いわゆる舐め犬で、もう本当に、ひたすらに女性器を舐めることが至極の喜びなんだとか。 まあ、自分も男ですから、女性器を見ると興奮します …

貴女もドM舐め犬を飼ってみよう!基本のハウツー

『舐め犬とは?』 「舐め犬」って世間ではあんまり知られていないみたいね。 でも、字面からだいたい想像はできるでしょう? これはひたすらクンニ(アソコを舐めるプレイ)でご奉仕してくれる男のコト。 そう、 …

ネットの舐め犬募集の掲示板で専属の舐め犬を見つけました

思いっきりクンニされたい! 女性ならそんな願望誰でもあると思います。 クンニだけ・・・。 でも、そんな都合よい男性はいませんよね。 ずっとそう思ってました。 でも、私の願望を満たしてくれる掲示板があっ …

人妻好きでセフレにしたが舐め犬にされてしまった

・年上女性とセフレになる。 私は現在、25歳の独身サラリーマン。 都内の金融系の会社で営業の仕事をしている。 そんな私には同い年の彼女がいるが、実は年上の女性が好きで、取引先の40歳の人妻とも月に3~ …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。