えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

近親相姦・家族・親戚

甘えん坊な妹が両親不在時に兄とえっちなこと

投稿日:

・優秀な兄と、落ちこぼれの私

私には、二つ上の兄がいる。

兄の性格は、真面目で、勤勉。頭が良くて、成績はクラスで、常にトップクラス。

また、小学校から、剣道をしていて、中学や高校に上がると、大会で入賞するほど強かった。

そんな文武両道の兄がかっこよく、小さい頃から、ずっと兄に憧れていた。

それに比べて、私と言えば、何をやってもダメなタイプで、才能が特にない。

スポーツも親に薦められてバスケットボールを始めたが、からっきしダメで、万年補欠状態。

そして、塾に通っていても、成績が上位なわけでもない。

完全に、優秀な兄と、落ちこぼれの妹だよなーと、幼いながらにいつも感じていた。

そんな劣等感を抱えていても、何でもできる兄が、私の兄であるということが誇らしく、大好きだった。

 

・普段は、そんなに関わらない兄妹

そんな憧れの兄がいる私だったが、普段、兄と仲が良かったかというと、そうでもなかった。私と兄、そして両親が揃って家にいる時は、特に家で兄と、関わることもなかった。

元々、兄は、勤勉で、家では勉強している時が多く、自分の部屋で過ごすことが多かったのだ。

また、我が家は、両親が共に、専門職で仕事が多忙のため、家族揃って外出や、旅行に行く機会がほとんどなかった。

 

・両親が不在時の私達

ある日、両親が仕事の都合で、帰りが遅くなる日があった。

父は、建築業で設計の仕事をしていたため、常に、残業必須な人だった。

また、母は、看護師で、急に夜勤を頼まれることが多く、その日も夜勤で、家に帰れなくなったようだ。

そんな両親が不在の時、私は、兄の部屋にこっそり侵入し、兄を驚かすという恒例行事をやる。

兄が自分の部屋で、勉強していることを確認し、物音をたてないように、慎重に兄の部屋に入る。

そして…。「ワッ!」「…あぁー、ビックリした、、、美里、毎回、驚かすの辞めようよー」驚きながらも、そこには、真面目で誠実な兄が、優しく微笑んでいた。

「へへっ」兄が驚いてくれたことが嬉しい。

この行動は、私と兄のルーティンみたいなもので、両親がいない時は、いつも必ずこれをやるのだ。

「お兄ちゃん、何時まで勉強するの?」「あと30分はしようかな」「えぇー、勉強辞めて、一緒にゲームしようよ!」「もぉー、しょうがないなー」いつもは、場の空気を読んで行動する私だが、兄と二人きりの今は、空気なんて読まず、大好きな兄に思いっきり甘える。

そして、兄がテレビにゲーム機を接続すると、そこから二人でゲームを始めた。

兄とゲームをする時は、対戦ものをやることが多く、その時の気分。

今回は、格ゲーで対戦することに。

格ゲーの中で、一生懸命技を繰り出すも、ゲームすら得意な兄に簡単に技をかわされ撃沈。

気がつけば、私のKO負けで終わってしまう。

「お兄ちゃん、強すぎ。少しは、手加減してよ!」「はいはい」そこから、ゲームに熱中すること一時間。

流石に疲れてきたので、休憩。

「…ふぁー、何回やっても、お兄ちゃんに勝てない!悔しい!!」と言うと、私は、兄のベッドに、自分の体を投げ出し寛ぎだす。

「また、今度ゲームして僕に勝てばいいよ」いつも、どんな時も、兄は余裕のある態度。

私とは、大違いな人。

そんな兄に、急に甘えたくなった。

「お兄ちゃん…今日は、ハグしてくれないの?」「ふふ、、もう、美里は、本当に甘えん坊だな」と言った兄は、ベッドに横になった私の横にくると、優しく私を抱きしめる。

このハグの時間が、私にとって最高の癒し時間。

ずーっと、兄とこうしていたい。

しばらくハグをしていた私達は、一度、体を放す。

兄が私を見つめて「したいの?今日も」「うん」そう頷いた私に兄は優しく微笑むと、私の唇にそっとキスをした。

チュッ、チュッとキスの音がする度に、興奮する。

キスをされると、だんだんHな気分になってくるのだ。

そんな気分で高揚している私に、兄はキスをしながら、私の胸を優しく触り始める。

「…ぁん」まだまだ前戯の序盤なのに、既に、興奮し感じまくる私。

優しく私の胸を触る兄の手が、ブラの下の小さな胸を直で揉んでいく。

そして、部屋着のTシャツをたくしあげると、ブラを上にずらし、私の小ぶりな胸に兄が顔をうずめてきた。

「…んんっっ、、、、っっ」兄の舌先が、私の突起を刺激していく。

刺激された私の突起は、たまらずにピンッとたつ。

片手で胸を揉まれつつ、交互に胸を舐められ、喘がずにはいられない。

「…美里は、おっぱいで感じるよね」「…だって、お兄ちゃんが気持ちよくするから、、、」”感じる”という言葉を兄に言われて、改めて恥ずかしいし、兄弟でHなことをやっているという現状に、さらに興奮してしまう。

「…本当、美里は可愛いな」と言い、兄は私を強く抱きしめた。

そして兄は、私の下着の中に手を入れ、愛液でビッショリ濡れた私の秘部を触る。

「どう触ったら気持ちいい?」「優しく…出し入れ…してほしいな…」「甘えん坊」兄の指が私の秘部にゆっくりと入る。

秘部は、愛液でしっとりと濡れ、兄の指をすんなりと受け入れる。

少しずつ、指が上下に動き出すと、徐々に気持ちよい快感が。

「…はぁ…あぁ…きもちいいよぉ」兄の繊細な指の動きが、私のアソコの中で炸裂。

こんなことされて、気持ちよくないわけがない。

「…お兄ちゃん‥‥キスして…」感じまくりながらも、兄の愛を感じていたい。

兄を独り占めしたい。

兄は、頷くと、唇と唇を重ね、少し舌を絡めて、ディープキスをしていく。

口も舌も兄によって、刺激されていった私は、絶頂を迎え、ほどなくしてイッテしまった。

気持ちよすぎて放心している私に、兄は、抱きしめながら囁く。

「美里…僕にとって、美里の可愛さは、誰にも負けないから」

-近親相姦・家族・親戚
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

露出願望のあるJK妹とヤって童貞を捨てた話

『妹の意外な秘密が判明』 大学生の俺は実家暮らし。 家には両親と妹が住んでいる。 妹の名前はなぎさ。 JKで、兄の俺が言うのもあれだけど、制服姿が似合っていて割と可愛い。 小さいときからなぎさは結構真 …

no image

高校生の私は愛撫され兄妹としての一線を越えた

私と兄は1歳違いで、まるで双子のようだと言われるぐらい仲が良かったのです。 雷の夜には、兄のベッドに潜り込むこともありました。 あれは、私が17歳の時です。 その日も雷がひどくて、私は兄のベッドに潜り …

no image

初恋相手はお兄ちゃん。セックスもしたい

『初恋』 私の初恋の相手は兄です。 兄は、妹の私から言うのもなんですが、とてもハンサムでスタイルもとてもいいんです。 大好きという気持ちが変化したのは、高校生になってからのことでした。 友達に彼氏がで …

no image

いつも頼ってくる可愛い弟と、自宅で起きたHな体験

・幼少期から、甘えん坊の弟 私は、今年30になるアラサー女性で、会社員をしています。 そんな私には、二つ年下の弟がいる。 弟は、二人兄弟の末というだけあって、性格は、甘えん坊なタイプだ。 小さい時から …

no image

完璧でかわいい中学生の姉のオナニーを覗いて

●シスコンなわたし 私には1歳年上の姉がいます。 小学校の高学年にもなると頭が良くて綺麗で、将来はかなりの大物になると皆が噂するほどの才女でした。 なんといっても我が家は父親が医者で、母親が税理士と言 …