えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

当サイトはオリジナル体験談、創作体験談が混在しています。把握したうえで閲覧お願いします。

近親相姦・家族・親戚

トイレを開けたら高校生の妹がオナニーしてた

投稿日:

『妹の一人エッチを目撃したのが始まりです』

両親が旅行でいない夜の事でした。

高校1年生になったばかりの妹と、2人で過ごす初めての夜でした。

普段はそれぞれの部屋にいる事が多く、リビングで一緒にいる時間も少ない2人でした。

その夜も、俺は自分の部屋でテレビを見てゆっくりとしていました。

そして階下のトイレに向かい、ドアを開けると、何と妹がパンティーを足首のところまで下ろして、自分で花弁に手をあてがって一人エッチをしていたのです。

驚いてすぐにドアを閉め、小便を我慢してトイレの前で待っていました。

すると少し頬を赤らめた妹が出て来て、何も言わずにそのまま2階に上がって自分の部屋に入りました。

ようやく小便を済まして、やっぱり妹も一人エッチをするんだ、考えれば当然だけれどと思いつつ、そのまま今度はリビングでビールを飲んでくつろいでいました。

妹とは、少し歳が離れていて、俺はもちろん成人をとっくに過ぎてすでに25歳で、人並みに彼女もいました。

 

『浴室に突然全裸で入って来た妹』

夜も更けて、就寝前に風呂に入りました。

浴槽に浸かっていると、突然浴室のドアが開き、全裸の妹が浴室に入って来たのです。

さすがに、俺も驚き「え~どうした?」と叫びました。

妹は何も言わずに近づいてきて、浴槽の縁を跨いで浴槽に入って来たのです。

その時に、妹の陰毛の下にピンク色の部分がちらっと見えました。

妹は浴槽に入ると、「お兄ちゃんに一人エッチ見られたし、この際お兄ちゃんのもすべて見たい!」と理屈にもならない事をしゃべり、俺のあそこを触って来たのです。

「くすぐったい!」とじゃれ合う様にお互いを触りまくり、キャッキャと騒いでいました。

しかしお互いの局部を触り続けていると、俺もムラムラとした感情が湧きたち、いつしか真剣になってしまっていました。

そして俺は浴槽から立ち上がり「見たいなら、見せたやるよ!」と勃起し始めたものを妹の顔の前に突き出しました。

すると妹は「わ~大きい!男の人のものってこんなに大きくなるのね」と呟き、手でいとおしそうにそそり立つ俺のものを握り、次に口に含みました。

妹が相手でも、生理現象には抵抗できず、俺のものはギンギンに痛いほどにそそり立ちました。

「すご~い」口から俺のものを出すと、感嘆の声を上げました。

そして「どうすれば、男の人ってもっと気持ち良くなるの?」といたずらっぽく聞いて来ました。

俺は思わず、「ここを舌で舐め回すともっと気持ち良くなるかな?」と反り返った亀頭を指さして返事しました。

すると妹は、きっちりとその通りに舌を使い、俺のものを一層そそり立たせました。

これ以上やられると、発射してしまうと、妹を静止しました。

 

『今度は妹がクンニを求めて来ました』

俺がフェラを制止すると、「じゃ~私にして!」と浴槽から出て椅子に腰かけ、股を開きました。

妹の割れ目は、まだ経験した事のない女の子がピンク色に光って見えました。

妹は自分の指で花弁を開き、自分の手で撫で上げ「ね~お兄ちゃん舐めて~」と甘えた声で呟いたのです。

俺はその声に促され、舌で花弁の中を舐め上げ、クリトリスをすぼめた舌で転がしてやりました。

妹は「ああ、んん、ああん~」と喘ぎ始め、次第に声を張り上げました。

俺には理性も少し残っており、絶対に入れてはいけないと言い聞かせ、それを我慢するのが精一杯でした。

しかし妹は「入れて~!」と喘ぎながら頭を振り乱しました。

そんな妹の姿を見て、俺は自分の竿を妹の割れ目にあてがいこすってやりました。

入れるのではなく、竿で妹の局部に愛撫したのです。

 

『納得できない妹がとうとう自分の花芯に俺のものを突き立てました』

それに納得せずに、妹は俺のものを持ち、とうとう自分の花芯にゆっくりと挿入したのです。

どこで覚えたのか、腰を上下に動かして、それほど豊満ではない乳房を自分で慰め続けました。

妹の中で発射して妊娠でもさせては大変だと、俺は我慢出来る限界が近づくと、妹の花芯から抜きました。

「いや~ん、もっとしたい!」と叫んで俺のものを掴んだ時、ついに俺は妹の目の前で白い体液をたっぷりと発射してしまったのです。

妹は珍しいものを見る様に、その体液を眺め、次に指で触り「すごいのね!」と呟きました。

そして続けて「私も出したい~」と言うと、俺の手を自分の花弁にあてがい、激しい手コキを求めました。

妹を昇天させてやろうと、要望に応えて激しく手コキを続けました。

ピチャピチャと淫乱な音が浴室に響き「ああ~、あああ~んん~あああ、あ~ん」と喘ぎ声を次第に高め、そして「行く~行く~出ちゃう~ああ!」と叫ぶと、俺の方に向けて小水を発射したのです。

女性が行為の際に快楽から小水を発射すると聞いた事はありますが、俺の彼女は発射した事もなく、初めて女性が小水を出す所を見ました。

小水だと分かっていても少しも汚らしさを感じる事はありませんでした。

それどころか、そんな姿を俺に見せた妹が、何となくいとおしくも感じました。

この夜の事は2人の秘密とし、それ以降もこうした行為を続ける事もありませんでした。

-近親相姦・家族・親戚
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

小学生5年の夏、中学生の姉のパンツでパンコキ

お姉ちゃんに性欲を向けた 僕の家は両親、僕、祖父の5人家族で静岡で生まれ育ちました。 両親は祖父母から受け継いだ茶栽培をしています。 6歳年の離れた里美お姉ちゃんは両親が仕事で忙しいので僕の面倒をよく …

no image

姉と妹がいる俺の情事(初体験は爆乳の姉と)

今年13歳になった私コウキには、8つ上の姉ナナと2つ下の妹シズクがいる。 妹は、なぜだか最近私に対してかなり冷たくあまり話してくれない。 姉は、今でもべたべたとスキンシップしてくるくらい仲が良く、何で …

no image

姉の一人Hを見てしまった代償は口留めSEXでした

私には43歳男性です。 既婚者で故郷を離れて過ごしています。 この日は出張で近くまで来たので実家に立ち寄ることにしました。   実家に戻ると姉が休みでオナニー中でした 今回は親を驚かせようと …

no image

突然家にやってきた中学生の弟に襲われえっちな関係に

私は過去に姉弟とえっちな事をした体験談を紹介します。   ●いきなり住むことになった姉弟 実は、私は姉弟ったくピンときません。 あれは、わたしたちがまだ10代のころです。 私が17歳、弟が1 …

no image

露出願望のあるJK妹とヤって童貞を捨てた話

『妹の意外な秘密が判明』 大学生の俺は実家暮らし。 家には両親と妹が住んでいる。 妹の名前はなぎさ。 JKで、兄の俺が言うのもあれだけど、制服姿が似合っていて割と可愛い。 小さいときからなぎさは結構真 …