えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

初めてのオナニー

15年間ため込んだ精液を放出。高校生で初めてのオナニー

投稿日:

私は現在27歳の男性で、一人暮らしをしています。

学生の頃は制への関心が少なく、中学生になって周りが異性に興味を持ちはじめても全く気になっていませんでした。

また男友達とエロ本や漫画を見せられても特に性的興奮もなく、ただの画像としてみていました。

しかし生理現象で朝は毎日勃起し、学校でも不意に勃起することもありました。

「早く収まらないかな」と放置していくかそのたびにトイレに行っておしっこをして収まるのを待っていました。

友人に相談すると笑われたり、「お前も男だな」となぜか友情が深まったり更にいろんなものを見せられたりすることが増えました。

 

中学校の友人からは「またおっきくなったら手で握って上下にずっと動かしてみて」と言われ、自慰の方法を教えてくれました。

しかしそれが自慰ということを知らず、なぜそれをしたらいいのかかも知りませんでした。

何度か試したことはありますが、勃起した部分が熱くなり余計に硬くなって収まらなくなったので「これはわざと収まらないようにさせているんだ」と悪い冗談ととらえ、以降は一度もしなくなりました。

その後も性への関心はわかず、一度も精通しないまま高校生を迎えました。

 

高校生にもなると先輩は大人に見えて制への知識も豊富でした。

また中にはすでにセックスを経験している人もおり、「お前は童貞か?週何回しているんだ?」など男ノリで冗談半分に聞かれることもありました。

周りは「まだ経験がない、週に〇回」と具体的に答えていました。

しかし中には私のようにまだ何の経験もないという人もおり、それを知った先輩はその人にありとあらゆる制の知識を植え付けていきました。

 

一週間後にはみるみる変わってしまっており、初めての精通にはまり込んだのでしょう。

そうとは知らずに変わっていく友人を怖く思ってしまい、嘘をついて「週に2~3回くらい」と答えていました。

しかし高校一年の秋にもなると体もどんどん成長していきました。

そして原因不明のムラムラする感じを覚えましたがどうしていいかわからず悶々としていました。

また女子の先輩は女性的な体になっており、同学年と比べて胸も膨らんでいました。

それが性への関心とはわかっていませんでしたが、同時に勃起もしていたため不思議に思っていました。

 

また高校生になってから携帯電話(当時はガラケー)を買ってもらえたことでインターネットも使えました。

試しになぜ勃起するのか・対処法を検索すると次々と友人が言っていたことが表示されました。

それを「自慰行為=オナニー」とされることを知り、初めて私は自分の下半身に性的な関心を持ちました。

しかし人前ですることにはさすがに抵抗があったことと、おしっこが出るところのため何があるかわからないからとお風呂場を選びました。

 

お風呂場に入り腰掛椅子に座って携帯電話で方法を確認しつつ、少しずつ手を上下に動かしていきました。

学生の頃は数分で止めていましたが、インターネットではやり続けることが大事とあったので10分以上はし続けていました。

次第にいつものように熱く大きくなっていきました。

しかしこれまでとは違い、中からこみ上げるような何とも言えない感じがありました。

気持ちいいかはその時わかりませんでしたが、何も考えずに一目散に手を動かし続けていました。

そのうちに行きも荒くなっていき、熱い感じがどんどん増えていきました。

もう手は止まらずに腕の疲れも気にせず、ずっと動かしていると中から急にこみ上げる違和感が増しました。

そして「アッ」と言い目をつぶってしまい、目を開けると床と握っていた手には厚くどろどろとした白濁職の液体が付着していました。

それが私の勃起した部分から出ていることを理解するとこれが自慰行為かと感動しました。

初めて精通したとき、出る瞬間は気持ちいいという感じと少し痛い感じがしました。

15年以上溜めに溜めたものが初めて出されたため、相当な量が手と床に落ちていました。

 

自慰行為が終わってから5分くらいは身動きが取れず、ただぼーっとしていました。

そして足の力が戻るとシャワーで体をしっかりと洗い流し、風呂場を後にしました。

中学生のころやたらと自慰をさせようとした理由・友人が先輩にそそのかされて性に目覚めてから変わってしまった理由がやっとわかりました。

そしてこれが性的に興奮するということもわかり、そこからは毎日のようにするようになりました。

また初めて自慰行為をしたとき、私の性器は皮を被ったままで勃起したときに向くと少し痛みもありました。

そのためしばらくは皮を被せたまましていましたが、次第に皮も剥けていき、今では立派になっています。

もし初めての自慰行為がもっと早ければ・もっと早く性に目覚めていればと思うこともありました。

もしかしたら中学生の頃の友人とももっと話が合い、男同士の話もできていたかもしれません。

高校生になってからの精通は遅いという方も多いですが、私にとっては溜めに溜めたものを一気に放てたので良かったとも思っています。

いまだに初めての精通の時の快感は忘れられず、その時を超える経験はできていません。

初体験と言えば女性にとって大切な思い出と言われやすいですが、男性にとっての初めての自慰行為も同様です。

今でも忘れられない思い出となっており、いつかあの快感を超える経験ができたらと思います。

-初めてのオナニー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オナニーの快感を覚えたのは中学生の時。イク感覚は分からずに

中学生時代 はじめてのオナニーは中学校のときです。 最初は抱き枕をただひたすらに擦り付けていました。 ただそれがいけないことなのか良いことなのか分からずやっているときは気持ちいいという感覚だけでハマっ …

no image

出会い系を使い買ってもらったローターを使ったのが初オナニー

ローターを使った初めての自慰行為 私が初めてローターを使って自慰行為をしてしまったのは、中学3年生の冬です。 私は中学3年生の秋に転勤をして、新しい中学校に転入しました。 私はそれまで通っていた中学校 …

no image

エッチに興味津々だった中学生時代の、初めての自慰行為

・エッチなことに興味があった中学生 昔からエッチなことに興味津々だった私。 小学生のころから年の離れた姉が買ってくる少しエッチな漫画を読むのが好きだったり、エッチな妄想をしたりするのが好きでした。 た …

no image

精通する前の初めての勃起。最高の興奮と快感

自分が始めて自慰行為を知ったのは小学校5年生のころでした。 一人の人間が自慰行為を知る場合というのは情報として知るのが先という方と、体験が先で後から情報で補填される場合と二通りあると思いますが、私は後 …

no image

初めては中学生。射精の瞬間は人生で一番気持ちいい

・どうすればいいのかがわからない 私が人生で初めて自慰行為をしたのは中学1年生の時でした。 それまでは、性的な興奮を覚えても、どう対処していいのかわからずにただ悶々としていただけです。 オチンチンが大 …