えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

成人向けサイトとなっておりますので18歳未満の閲覧はご遠慮願います。また、当サイトは妄想話、創作話も多く投稿しております。ご理解の上閲覧お願いいたします。

高校生(JK)初体験・初えっち

工業高校で女の子とエッチができた貴重な体験談

投稿日:2018年7月20日 更新日:

■工業高校で…

工業高校に入学したものの、予想通り、男女比は9:1くらいで男性がほとんどでした。

高校生といえば、肉体もそこそこ出来上がり、異性にも興味を持つ頃なのに、よりにもよって男性ばかりの環境は欲求不満が溜まっていました。

性欲以外は楽しい高校生活だったのですが、周りにも高校がなかったため、女性と出会うことがほとんどありませんでした。

 

ある時、放課後に掃除当番が回ってきました。

部活をさぼる口実に長めに掃除するのが定番となっていました。

その日の担当は1階の端の方のトイレでした。

普段はあまり使用する学生もいない死角となっている場所で、先生が見回りに来ることもまずありませんでした。

 

トイレをそこそこ掃除したのち、個室の洋式の便器のふたを開けて、男性2人でオナニーを始めました。

「お前、勃起するとちんぽ、大きいなぁ~」

「お前こそ、遊びすぎじゃないか?」

「週何回オナニーしてんだよ?」

「3~4回くらい、お前は?」

「俺は毎日2~3回」

「えっ、まじかよ?」

「好きなAV女優は?」

「〇〇と〇〇かな?」

「○○いいよなぁ~」

そんなどこにでもあるような、男子校のような会話が続きながら、便器に向かってオナニーをし続け発射しました。

「あ~ぁ、女性としてみたいなぁ・・・」

段々むなしくなってきました。

 

■その時、突然…

オナニーをして発射するころ、個室のドアを開けていたので気づかなかったのですが、女性が立っていました。

同じ班にいた女性でした。

そこそこ美人の部類に入る女性でしたが、あまり男性と会話することもなく、下ネタを言っているのも聞いたことがありませんでした。

「また、Hなことしてぇ~、掃除当番終わったら、先生に報告しなきゃいけないんだからぁ~」

「はいはい、分かりました…」

 

本来はそんな感じで掃除当番が終わるはずだったのに、友人男性が悪乗りして、女性の手を引っ張り個室に招き入れカギをかけてしまいました。

「ちょっと、何するの?」

すると、友人男性は女性のスカートを捲り

「○○ちゃん、こんなパンティーはいているんだ、校則違反だろ」

「もう、エッチなんだからぁ~」

すると、女性を洋式トイレの便座に座らせて、あそこを攻め始めました。

友人は僕にもするように指示しました。

女性の上着も捲り、ブラジャーもずらすと、おっぱいが出てきました。

「○○ちゃんって、きれいなおっぱいしているんだね」

「しかも意外と巨乳じゃん」

「おっぱい吸ってあげるよ」

2人で女性の下着の上から指で刺激しながら、片方づつのおっぱいをしゃぶり始めました。

「どう?」

「気持ちいい、もっときつく吸ってぇ~」

意外と女性も受け入れてくれました。

下着を下ろし、あそこがむき出しになりました。

生のあそこを見たのはこの時が初めてでした。

 

■ついにその時が…

あそこに指を入れると、女性は喘ぎ始めました。

「そこ、気持ちいい、ダメェ、おかしくなっちゃうぅぅぅ」

ピチャピチャと音を立てながら、快感に酔いしれているようでした。

「あぁぁぁぁ、我慢できない、いっちゃうぅぅぅ~」

大量の潮を吹きだしました。

「○○ちゃん、週に何回くらいオナニーしているの?」

「う~ん、4,5回くらい・・・」

「えっ、そんなに溜まっているの?」

「○○ちゃんは毎日しているって言ってたわよ」

驚きでした。

高校生ともなると男性ばかりでなく、女性もオナニーしているんだと初めて認識しました。

 

今度は僕が便座に座り、彼女に挿入し、彼女は友人男性にフェラをし始めました。

挿入しましたが、彼女は驚いたことに初めてではないようでした。

「○○ちゃん、初めてじゃないの?」

「うん、そうだけど・・・」

特に恥じらうこともなく答えました。

そういうことなら、別にいいか、と思い、激しく突きまくりました。

彼女も自ら上下に動きまくり、Hを楽しんでいるかのようでした。

 

■さらに行為は続き…

「○○君のちんぽ、大きくて気持ちいいわぁ」

ピチャピチャと音を立てながら、さらに行為は続きました。

「あぁぁぁぁ、もうダメェ、またいっちゃうぅぅぅ~」

「俺もイキそう・・・」

すると、彼女は間一髪僕のモノを外し、ハメ潮を吹きだしました。

僕も彼女のお尻付近に発射してしまいました。

 

今度は友人が便座に座り、挿入し、僕は彼女にフェラをしてもらいました。

「○○くんのちんぽ、甘くておいしい・・・」

彼女がこんなに卑猥な言葉を発するとは思いませんでした。

友人男性もこの時がおそらく初めてのHだったと思います。

そのため、友人男性はあっさりと発射してしまいました。

女性はフェラの手つきも手慣れていました。

「ごめん、もうイキそう・・・」

「いいわ、口の中に出しても…」

あまりにも気持ちよかったので、言われた通り彼女の口の中に発射してしまいました。

 

「もう、トイレの中で襲ったりしないでね、分かった?」

「ごめん、つい溜まっていたもので・・・」

彼女は行為が終わると、精液をきれいにふき取り、何事もなかったかのように、トイレを後にしました。

-高校生(JK)初体験・初えっち
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

高校生の彼女がいながら大学生と初体験をしてしまった体験談

私は、18歳の男子大学生です。 私がこれまでに経験した一番のえっちな体験談は、高校生の時でした。 私には、当時付き合って1年3か月ほどになる彼女がいました。 しかし、まだお互い高校生ということもあり、 …

姉の友達2人とハーレムでの筆下ろし体験談。高校生で脱童貞

・登場人物 さやか(20歳)AKBに居そうな感じで普通に可愛い。 胸は無いがその分スタイルが良い。   あきほ(20歳)ちょっとギャルが入っている感じ。 セクシー路線の服を着ていて、服の上か …

美術室で初めて男の子のペニスを手淫した日

・美術部の先輩 高校に入って、憧れの美術部に入りました。 そこには、先輩のなかでも人気が高いY先輩がいたのです。 アイドル並のルックスで、優しくて、私はY先輩の事が密かに好きになっていました。 わざと …

高校生の僕は海にいた中学生をナンパしてえっち

『可愛い女の子と知り合う』 僕は、高校2年生の夏休み、「海」へ友人と遊びに行きます。 日本海で有名な海は、観光名所としても人気の場所です。 朝から電車で行き、約2時間かけて到着しました。 海には、多く …

筆おろしをしてくれた女子大生のお姉さんがエロすぎた

●童貞を失くしていく友人の話を聞いて焦っていった自分 高校3年生のクリスマスの頃には、すでに推薦入学が決まっていた僕。 大学進学については他のクラスメートとは異なり、全く焦っていませんでした。 でも、 …




    サイト管理者様で相互リンク、RSSしていただける方お待ちしています。