えろい体験談まとめブログ。えっちな子集合!

記事は外注によって様々な方に依頼しています。外注のため体験談が実体験か確認はできないのでおそらく創作も含まれています。把握したうえで閲覧お願いします。

高校生初体験

工業高校で女の子とエッチができた貴重な体験談

投稿日:2018年7月20日 更新日:

■工業高校で…

工業高校に入学したものの、予想通り、男女比は9:1くらいで男性がほとんどでした。

高校生といえば、肉体もそこそこ出来上がり、異性にも興味を持つ頃なのに、よりにもよって男性ばかりの環境は欲求不満が溜まっていました。

性欲以外は楽しい高校生活だったのですが、周りにも高校がなかったため、女性と出会うことがほとんどありませんでした。

 

ある時、放課後に掃除当番が回ってきました。

部活をさぼる口実に長めに掃除するのが定番となっていました。

その日の担当は1階の端の方のトイレでした。

普段はあまり使用する学生もいない死角となっている場所で、先生が見回りに来ることもまずありませんでした。

 

トイレをそこそこ掃除したのち、個室の洋式の便器のふたを開けて、男性2人でオナニーを始めました。

「お前、勃起するとちんぽ、大きいなぁ~」

「お前こそ、遊びすぎじゃないか?」

「週何回オナニーしてんだよ?」

「3~4回くらい、お前は?」

「俺は毎日2~3回」

「えっ、まじかよ?」

「好きなAV女優は?」

「〇〇と〇〇かな?」

「○○いいよなぁ~」

そんなどこにでもあるような、男子校のような会話が続きながら、便器に向かってオナニーをし続け発射しました。

「あ~ぁ、女性としてみたいなぁ・・・」

段々むなしくなってきました。

 

■その時、突然…

オナニーをして発射するころ、個室のドアを開けていたので気づかなかったのですが、女性が立っていました。

同じ班にいた女性でした。

そこそこ美人の部類に入る女性でしたが、あまり男性と会話することもなく、下ネタを言っているのも聞いたことがありませんでした。

「また、Hなことしてぇ~、掃除当番終わったら、先生に報告しなきゃいけないんだからぁ~」

「はいはい、分かりました…」

 

本来はそんな感じで掃除当番が終わるはずだったのに、友人男性が悪乗りして、女性の手を引っ張り個室に招き入れカギをかけてしまいました。

「ちょっと、何するの?」

すると、友人男性は女性のスカートを捲り

「○○ちゃん、こんなパンティーはいているんだ、校則違反だろ」

「もう、エッチなんだからぁ~」

すると、女性を洋式トイレの便座に座らせて、あそこを攻め始めました。

友人は僕にもするように指示しました。

女性の上着も捲り、ブラジャーもずらすと、おっぱいが出てきました。

「○○ちゃんって、きれいなおっぱいしているんだね」

「しかも意外と巨乳じゃん」

「おっぱい吸ってあげるよ」

2人で女性の下着の上から指で刺激しながら、片方づつのおっぱいをしゃぶり始めました。

「どう?」

「気持ちいい、もっときつく吸ってぇ~」

意外と女性も受け入れてくれました。

下着を下ろし、あそこがむき出しになりました。

生のあそこを見たのはこの時が初めてでした。

 

■ついにその時が…

あそこに指を入れると、女性は喘ぎ始めました。

「そこ、気持ちいい、ダメェ、おかしくなっちゃうぅぅぅ」

ピチャピチャと音を立てながら、快感に酔いしれているようでした。

「あぁぁぁぁ、我慢できない、いっちゃうぅぅぅ~」

大量の潮を吹きだしました。

「○○ちゃん、週に何回くらいオナニーしているの?」

「う~ん、4,5回くらい・・・」

「えっ、そんなに溜まっているの?」

「○○ちゃんは毎日しているって言ってたわよ」

驚きでした。

高校生ともなると男性ばかりでなく、女性もオナニーしているんだと初めて認識しました。

 

今度は僕が便座に座り、彼女に挿入し、彼女は友人男性にフェラをし始めました。

挿入しましたが、彼女は驚いたことに初めてではないようでした。

「○○ちゃん、初めてじゃないの?」

「うん、そうだけど・・・」

特に恥じらうこともなく答えました。

そういうことなら、別にいいか、と思い、激しく突きまくりました。

彼女も自ら上下に動きまくり、Hを楽しんでいるかのようでした。

 

■さらに行為は続き…

「○○君のちんぽ、大きくて気持ちいいわぁ」

ピチャピチャと音を立てながら、さらに行為は続きました。

「あぁぁぁぁ、もうダメェ、またいっちゃうぅぅぅ~」

「俺もイキそう・・・」

すると、彼女は間一髪僕のモノを外し、ハメ潮を吹きだしました。

僕も彼女のお尻付近に発射してしまいました。

 

今度は友人が便座に座り、挿入し、僕は彼女にフェラをしてもらいました。

「○○くんのちんぽ、甘くておいしい・・・」

彼女がこんなに卑猥な言葉を発するとは思いませんでした。

友人男性もこの時がおそらく初めてのHだったと思います。

そのため、友人男性はあっさりと発射してしまいました。

女性はフェラの手つきも手慣れていました。

「ごめん、もうイキそう・・・」

「いいわ、口の中に出しても…」

あまりにも気持ちよかったので、言われた通り彼女の口の中に発射してしまいました。

 

「もう、トイレの中で襲ったりしないでね、分かった?」

「ごめん、つい溜まっていたもので・・・」

彼女は行為が終わると、精液をきれいにふき取り、何事もなかったかのように、トイレを後にしました。

-高校生初体験
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【高校生】知識のない私と、ちょっと間違った知識を持った彼の初体験

彼との出会い、付き合うきっかけ 30歳主婦のYといいます。 高校2年生の時に初めてTくんという彼氏ができました。年は一つ下でした。 当時私は合唱部に所属していましたが、目指す大会などもなく、顧問もほと …

no image

クリスマスの夜大好きな男性との初体験は、私の夢の宝物。

・運命の人でありますように。 私の家では、近所に大学が都内から引っ越してきた関係で大学生向けのアパートを営むことになりました。 私が、高校一年生のときです。 アパートの入居者第一号の大学生が挨拶にきま …

no image

高校生に向けて、コンドームの種類と使い方

高校生ともなると、好きな彼氏や彼女が出来ますよね。 すると、当然ですが性体験へと進みます。 もちろん、お互い同意の上で気持ちを確かめ合う為には性行為は、とても素敵な事です。 でも、エチケットはしっかり …

no image

【高校生】痴漢の恐怖を乗り越え初めての彼と初体験

私の高校生のときの初エッチの体験談をご紹介したいと思います。 私は初エッチに至る前に痴漢にあったことで、ものすごくそういうことをするのに抵抗というか、恐怖が植え付けられてしまいました。   …

no image

姉がお風呂に入っている時に友人の処女を頂きました

大学生の姉の友達 私が高校生の時に姉が大学生で、春休みや夏休みに友達が泊りに来るようになりました。 毎回同じ友達だったので私も仲良くなり、来るたびに一緒に遊んだりしていて、楽しい時間でした。 そのうち …