えっちな体験談

我が男子校の学園祭は女子校の生徒にセクハラできる一大イベント

投稿日:

■男子校の学園祭で…

男子校で年間で一番女子高生と交流できるイベントといえば、もちろん学園祭です。

その中でも、お化け屋敷を企画するクラスは一番人気となりました。

僕の高校は県内でも有数の進学校でしたが、表向きは真面目な学生ばかりですが、実際の性欲のほうは平均的な高校生と何ら変わるわけでもなく、また、学校の体質からも点数さえとれば何をやってもいいという風潮があり、

お化け屋敷内では様々な仕掛けを作り、女子高生を招き入れセクハラし放題といった感じだったので人気がありました。

3年間のうちで1度はこの企画にかかわりたいと思っていたところ、この年遂に念願がかないました。

 

お化け屋敷を作成し、クラス内でどのようにすれば、ターゲットとなる女性を狙い撃ちできるかが話し合われ念入りに行われました。

文化祭開始直前、近くの女子校の文化祭実行委員が視察に訪れました。

毎年恒例のことでした。

女子校の文化祭実行委員なんて、大体彼氏作り目的で加入している女性がかなり多いと聞いていたのでお化け屋敷のターゲットとしてはまたとない相手でした。

しかも、運のいいことにその年の女子校の文化祭実行委員はまれにみる美女ぞろいでした。

 

■お化け屋敷の視察にやってきて…

女子校の文化祭実行委員のリストを見たところ、中学時代の同級生がいることが分かりました。

僕の片思いの相手でした。

中学時代は高嶺の花だった彼女が目の前に来るとは思いもせず、うれしくて興奮して前の番はあまり寝付けませんでした。

 

いよいよ当日、お化け屋敷以外の催し物は真面目を装って説明していました。

そして、お化け屋敷の視察の時間となりました。

とはいえ、女子校の実行委員の皆さんも、毎年のようにこの高校に来て、お化け屋敷も見ているのだから、入ったらどうなるのかくらいわかってきているのだろうとも思いました。

内部は複雑に入り組んでおり、霧吹きで水をかけたり、床に水をまいたり、音で驚かせながら、徐々に歩いていると、下からスカートの中を除けるスポットを作ったり、お化けのふりをして、女性に近づき、胸を揉んだり、スカートの上から股間を触ったり、バイブを手にして、スカートの中に手を入れ、あそこめがけてバイブを充てたり、やりたい放題していました。

女性たちもそれをわかっていたのか、セクハラなどで訴える学生は皆無でした。

その後、後夜祭でフォークダンスなどをしたのち、学校の近くで食事会が開かれました。

 

■食事会ののち…

食事会では、お気に入りの相手を探す場となっていました。

僕は中学時代の同級生の女性に近づき、うまく誘うことができました。

学校の近くではネットカフェがあり、個室を取ることができました。

ついに2人きりになることができました。

「もう、嫌ねぇ、さっきお化け屋敷で、私スカートの中になんか入れられたみたい・・・」

「そんなに悪い奴がいるなんて…」

実際は僕がやったのですが、うまく相槌を打つことができました。

「おかげで、いっちゃいそうになっちゃったわ・・・」

 

彼女が横を向いた隙にキスをしてみました。

「えっ、ちょっと・・・」

スカートを捲り、あそこを見ると、下着に輪シミが見えました。

「そんなに気持ちよかったの?」

「これはちょっと・・・」

彼女が顔を硬直させた隙に、あそこに指を当て刺激し始めました。

「あぁぁぁぁ、ダメェ、いっちゃうぅぅぅ~」

ぴちゃぴちゃと音を立てながら、抗おうとはするものの、気持ちよさには勝てなかったようでした。

すると、潮を吹きだしました。

「気持ちよかった?」

「もぉ、卑怯よ、こんなの・・・」

 

■さらに念願の…

「どうせ、Hしたかったんでしょ、仕方ないわ…」

すると、立ちバックで挿入することになりました。

彼女は170センチ近くの長身だったので、立ちバックをすると、長い脚がプルプルと震えながら、僕の攻め立てにじっと耐えているのが分かりました。

「○○君のちんぽ、気持ちいい・・・」

最初は呻くように、徐々に絶叫するように喘ぎ続けました。

いくら個室とはいえ外に声が漏れるのではないかと心配になってきました。

「〇〇君、もうダメェ、我慢できない、イクっ~」

すると、彼女はハメ潮を吹きだしました。

 

その後も攻め立てると、最後は僕のモノをつかみ、彼女の口の中に発射してしまいました。

「中学の卒業以来だけど、久々に会ったわりに良かったわよ」

「○○ちゃん、学園祭の度に、こんなことしているの?」

「3回目くらいよ、これでも少ない方なのよ・・・」

清楚に見えた彼女も女子校に進学すると、性欲に目覚めてしまったようでした。

中学時代の同級生がまさか、こんなことになってしまうとは思いもしませんでした。

たった、2,3年会わなかっただけで人はこんなに変わってしまうものかと思ったのですが、それに便乗してHできたので、僕もラッキーとしか言いようがありません。

「今日は気持ちよかったね」

彼女は快感に酔いしれているようでした。

-えっちな体験談
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

セックスレスの人妻に声をかけ週に1回中だしセックス

私は28歳の男性会社員です。 近所にあるよく行くスーパーで、そこで働いていた女性に思い切って声を掛けたことから始まった体験談をご紹介します。   ・出会いと接触 私が仕事帰りに、夕食のお惣菜 …

no image

性感マッサージ後の興奮した彼女と最高のセックス

真面目な彼女だからこその悩み 僕の彼女は普段は誰もが認める真面目な女の子、仕事でも頑張り屋で会社からも評価が高いし後輩からも結構慕われていて、同性からも憧れる存在なんだそうです。 確かに頭がいいのは一 …

no image

パパ活をしている同級生の美女にセックスを見てほしいと言われ…

・同じクラスのAちゃん 「私とパパがエッチしてるところを見てほしいの」 学生時代、同じクラスだったAに突然そんな頼み事をされました。 美人なAはクラスの中心グループで、地味グループの私とはほとんど話し …

no image

社長とのダブル不倫。旦那とは味わったことのない快感を知る

出会い わたしは、人妻です。 子供達もある程度大きくなったので、パートでもしようと、軽い気持ちで事務の仕事を探し、運良く受かり事務の仕事をすることができました。 でもそれはあの人の策略でした。 &nb …

no image

エッチの時に男が引く原因とは。会社の同僚と飲みに行ってエッチ

・よく話をしていた同期の女の子と飲み会。 40歳の会社員です。 玩具を作っているメーカーに勤めています。 私は営業をしているのですが、現場や顧客の意見をマーケティングにフィードバックするのも仕事のうち …

連絡先

何かありましたらTwitterのDM、もしくはメールにてご連絡お願いします。

tokky.adult@gmail.com

@hack_sao